Plesk Obsidian で、Plesk 管理者は Obsidian または Onyx という 2 種類の事前構成されたカラースキームから選択できます。

カラースキームを選択するには:

  1. [ツールと設定] > [スキンおよびカラースキーム][Plesk の外観]の下)に移動します。

  2. Plesk インターフェースに適用するカラースキームをクリックします。

    image-skins.png

デフォルトで、Plesk 管理者が選択したカラースキームはすべての Plesk ユーザ(顧客、リセラーなど)に継承されます。

ただし、Plesk 管理者は、特定の顧客やリセラーに Onyx カラースキームを割り当てる一方で、自分を含む他の Plesk ユーザには Obsidian カラースキームを維持することができます。

特定の顧客やリセラーに Onyx カラースキームを割り当てるには:

  1. Plesk サーバに SSH 経由で接続し、以下のコマンドを実行します。

    plesk bin branding_theme -p -name onyx -vendor admin -destination <path/filename.zip>
    

    例:

    plesk bin branding_theme -p -name onyx -vendor admin -destination /usr/local/psa/tmp/theme.zip
    
  2. 受信したアーカイブで、meta.xml ファイルを開き、<name> 要素の値を変更します。たとえば、<name>Onyx</name><name>Onyx-reseller</name> に変更します。

  3. 変更したカラースキームを顧客やリセラーに割り当てるには、以下のコマンドを実行します。

    plesk bin branding_theme --install -vendor <reseller or customer name> -source <path/filename.zip>
    

    例:

    plesk bin branding_theme --install -vendor "reseller1" -source /usr/local/psa/tmp/theme.zip
    

これで、reseller1 以外のユーザと Plesk 管理者に Obsidian カラースキームを適用しながら、reseller1 では Onyx カラースキームを使用できるようになります。