ICP 許可証を管理する

中華人民共和国の国家機関である工業情報化部が設定したポリシーにより、中国を拠点とするすべてのウェブサイトは、中国で運用するために「ICP 許可証」という特別な許可証を取得する必要があります。有効な許可証を取得していないウェブサイトは、猶予期間が過ぎるとブロックされます。各ドメインに個別の許可証が必要となります。中国でホスティング事業を計画している場合は、ホスティングするウェブサイトの ICP 許可証を Plesk で簡単に割り当てて、管理することができます。

ICP 許可証機能を有効にするには、以下の手順に従います。

  • 任意のドメイン、サブドメイン、またはドメインエイリアスに "ICP permit approved"(ICP 許可証が承認済み)ステータスを付与したり、取り消すことができます。"ICP permit approved" ステータスが付与されていないドメインは使用できませんが、Plesk ユーザは引き続きサイトプレビュー機能でサイトを閲覧できます。
  • 任意のドメイン、サブドメイン、またはドメインエイリアスに ICP 許可証 ID を設定します。ICP 許可証ステータスと ICP 許可証 ID の両方が Plesk GUI に明確に表示されます。

:Plesk は許可証の有効性をチェックせず、"ICP permit approved" ステータスに基づいてドメインをブロックまたは許可するだけです。つまり、たとえドメインに "ICP permit approved" ステータスを付与しても、この許可証が有効なものでなければ、中国のインターネット事業者によってブロックされます。

推奨される使用シナリオは以下のようになります。

  1. 顧客が Plesk でドメインを作成します。この時点では、許可書がインストールされていないため、Plesk によりこのドメインがブロックされます。
  2. 顧客は必要な情報をホスティング事業者に提供します。ホスティング事業者は顧客の代理として ICP 許可証を申請します。
  3. 許可証が却下された場合、顧客からの情報が不完全であるか正しくない可能性があります。ホスティング事業者は情報について顧客に確認してから、再申請します。
  4. 許可証が承認されると、ホスティング事業者は顧客に連絡し、許可書 ID を通知します。
  5. 顧客は許可証 ID をウェブサイトのフッタに追加し、ホスティング事業者に連絡します。
  6. ホスティング事業者は Plesk で許可証と顧客のウェブサイトを紐付けて、ウェブサイトのブロックを解除します。