拡張セキュリティモード

拡張セキュリティモードは、Plesk データベースに保存される機密情報を保護します。この機能は、Plesk のバージョン 11 以降でデフォルトで有効になっています。これより前の Plesk バージョンからアップグレードする場合、アップグレード後に拡張セキュリティモードを有効にすることをお勧めします。

拡張セキュリティモードを有効にするには、[ツールと設定]>[セキュリティポリシー]に進みます。

Security_Policy

この操作は取り消すことができないのでご注意ください。拡張セキュリティモードを有効にすると、以下のような変更が適用されます。

  • Plesk データベースに保存されたすべてのパスワードが Plesk 秘密キーによって暗号化されます。この結果、たとえ Plesk データベースのダンプが第三者の手に渡ったとしても、顧客のデータが悪用されることはありません。
  • Plesk API 経由で機密情報(ユーザのパスワードなど)を取得できなくなります。
  • パスワード復元メールにパスワードが平文で記載されなくなります。代わりに、パスワードリセットフォームへのリンクが送信されます。

注:課金ソリューションに Odin Business Automation Standard(OBAS)を使用する場合、拡張セキュリティモードは必ず有効化する必要があります。

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.