Virtuozzo containers 内の Plesk

Virtuozzo containers は、単一の物理サーバおよび OS インスタンス上に、隔離されたパーティションまたはコンテナを作成する OS 仮想化ソリューションであり、ハードウェア、ソフトウェア、データセンター、管理作業の効率を最大化します。

Virtuozzo containers 内で Plesk を実行している場合は、Plesk で以下の操作を実行できません。

  • サーバのネットワークカードに IP アドレスを追加/削除する
  • ホスト名を変更する
  • システム日時を設定する

Virtuozzo containers ハードウェアノードに IP アドレスを追加した後で、サーバ管理パネルの IP 再読み込み機能([ツールと設定]>[IP アドレス])を使用して Plesk の IP プールを更新する必要があります。

Virtuozzo containers 内に Plesk をインストールするときには、コンテナ用のオフラインサービスパラメータを設定して、コンテナの管理に使用される Plesk ウェブインターフェースと Power Panel の両方がアクセス可能であることを確認する必要があります。

デフォルトで、コンテナはオフライン管理サービスに以下のパラメータが使用可能であるように設定されています。VZPP-plesk(ポート 8443 上の通信のリダイレクト)と VZPP(ポート 4643 上の通信のリダイレクト)。このうち、VZPP-plesk サービスは無効にする必要があります。この作業は、Virtuozzo containers for Linux および Windows で Management Console ユーティリティを使用して行います。

Management Console を使用してコンテナを設定するには:

  1. Management Console を開きます。
  2. Virtuozzo containers ハードウェアノードに接続します。
  3. [Virtuozzo Containers]をクリックします。
  4. コンテナを選択して右クリックし、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  5. [ネットワーク]>[オフライン管理]の順に選択して、VZPP-plesk サービスを無効にします。

Linux ベースのハードウェアノードでコマンドラインツールを使用してコンテナを設定するには:

  1. SSH 経由でハードウェアノードに接続します。
  2. 以下のコマンドを発行します。

    vzctl set CT_ID --offline_management yes --offline_service vzpp --save

Linux ベースのハードウェアノードでコマンドラインツールを使用してコンテナを設定するには:

  1. リモートデスクトップ経由でハードウェアノードに接続します。
  2. 以下のコマンドを実行します。

    vzctl set CT_ID --offline_management yes --save

    vzcfgt set CT_ID offlineservices vzpp

コンテナを構成すると、Plesk のコンテナ管理機能を使用できるようになります([ツール]>[サーバ管理]グループの[コンテナ管理])。