接続文字列でデータベースにアクセスする

データベース接続には、その他に接続文字列を使用する方法があります。接続文字列とは、データソース(通常はデータベースエンジン)に関する情報およびデータソースへの接続に必要な情報が含まれる文字列を指します。接続文字列の構文はデータソースに応じて様々です(たとえば、MySQL データベースサーバへの接続に使用する接続文字列は、PostgreSQL サーバへの接続文字列とは異なります)。ただし、一般には以下のデータを指定する必要があります。

  • データベースサーバのアドレス: データベースサーバのアドレスを確認するには、以下を実行します。
    1. [ウェブサイトとドメイン]に進み、[データベース]をクリックします。
    2. いずれかのデータベースの[Webadmin]リンクをクリックします。
    3. 画面上部で、「サーバ: 10.58.103.102:3306」という形式のエントリを探します。この例では、「10.58.103.102」がデータベースサーバのアドレスです。サーバ名が「localhost」のように指定されている場合、ホスティング事業者までデータベースサーバのアドレスを問い合わせてください。
  • データベース名:データべースの実際の名前を確認するには、[ウェブサイトとドメイン]に進み、[データベース]をクリックして、データベースのリストを参照します。
  • データベースのログイン名とパスワード: データベースユーザのログイン名を確認するには、以下を実行します。
    1. [ウェブサイトとドメイン]に進み、[データベース]をクリックします。
    2. この接続文字列を使用して接続したいデータベースの横の[ユーザ]列の名前を確認します。

    ユーザのパスワードを忘れた場合、リセットすることができます。ユーザのパスワードをリセットするには、以下の手順に従います。

    1. [ウェブサイトとドメイン]に進み、[データベース]をクリックします。
    2. [ユーザ管理]をクリックし、[名前]列で該当する名前をクリックします。
    3. 新しいパスワードを入力し、確認のためもう一度入力します。[OK]をクリックします。

本書では、接続文字列の構文について詳細な説明はしません。詳しい情報が必要な場合は、https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/ms722656%28v=vs.85%29.aspx を一読されることをお勧めします。

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.