Microsoft Azure に Plesk をインストールする

提供されている製品構成

Microsoft Azure Marketplace では以下の構成の Plesk が提供されています。

Plesk インストールされるコンポーネント

Plesk Onyx on CentOS 7 (WebHost)

推奨セット*

Plesk Onyx on Ubuntu 16.04 (WebHost)

推奨セット*

Plesk Onyx on Windows 2012 R2(WebHost)

推奨セット*

Plesk Onyx on CentOS 7 (BYOL)

推奨セット*(WordPress Toolkit、Security Advisor、Let’s Encrypt、Git、resctrl ユーティリティ、Docker はデフォルトではインストールされませんが、後でインストールできます)

Plesk Onyx on Ubuntu 16.04 (BYOL)

推奨セット*(WordPress Toolkit、Security Advisor、Let’s Encrypt、Git、resctrl ユーティリティ、Docker はデフォルトではインストールされませんが、後でインストールできます)

Plesk Onyx on Windows 2012 R2 (BYOL)

推奨セット*(WordPress Toolkit、Let’s Encrypt、Git、Docker はデフォルトではインストールされませんが、後でインストールできます)

注:推奨コンポーネントには、ウェブホスティングに必要なすべてのコンポーネント(ウェブサーバ、メールサーバ、データベースサーバなど)に加え、よく使用される人気機能が含まれています。どのイメージを選択すべきかわからない場合(Plesk Web Host または BYOL)、「Plesk WebHost または BYOL を選択する」を参照してください。

仮想マシンを作成する

Plesk では、さまざまな仮想マシンイメージを一般的な構成で提供しています。これらを使用すれば、実際のインストール作業は不要です。適切なイメージから仮想マシンを作成するだけです。仮想マシンに使用できるすべてのイメージは Microsoft Azure Virtual Machines Marketplace から入手できます。

注:仮想マシンを作成するには、Azure サブスクリプションまたはリソースグループへのアクセスが必要であり、リソースを管理するパーミッションが含まれている必要があります(Owner または Contributor ロール)。

Azure Portal にログインし、ダッシュボードで[New]>[Compute]を選択します。ここで、Plesk 仮想マシンイメージを検索し、適切な Plesk 構成を選択できます。

Plesk の公開イメージから仮想マシンを作成する方法について詳しくは、以下を参照してください。

仮想マシンの構成時に、以下の設定を指定するよう要求されます。

  1. 基本設定:仮想マシン名、ディスクタイプ(SSD または HD)、ユーザ名とパスワード、Azure サブスクリプションとリソースグループ。

    注:VM 作成時に root ユーザ名は使用できません。後でコンソールから VM に root ユーザアクセスを付与することができます。

    Linux VM の場合、認証タイプを選択できます。

    • SSH 公開キー。この場合、SSH 公開キーを指定する必要があります。SSH 公開キーと秘密キーの作成については、こちらで確認できます。
    • パスワード。この場合、仮想マシンへの接続に使用されるパスワードを指定して確認する必要があります。
  2. VM サイズ。Azure で提供されている標準サイズからいずれかを選択できます。
  3. ストレージ設定とネットワーク設定(仮想ネットワーク、サブネット、パブリック IP アドレス、ネットワーク・セキュリティグループ(ファイアウォール)。ほとんどのオプションはデフォルト値のままで構いません。

    注:デフォルトで、仮想マシンには動的 IP アドレスが割り当てられます。つまり、仮想マシンを再起動するたびに IP アドレスが変わります。これを避けたい場合は、[Public IP address]をクリックして[Static]オプションを選択してください。仮想マシンが静的 IP アドレスで作成されます。

設定をすべて指定したら、概要を確認できます。新しい VM の設定を確認して[OK]をクリックします。

最後に、オファーの詳細が表示され、[Purchase]ボタンをクリックして仮想マシンを購入できます。デプロイメントプロセスが始まり、ダッシュボードで進行状況を確認できます。

仮想マシンはデプロイ後に自動的に起動し、設定の画面が開きます。また、[Virtual Machines]に進んで自分の仮想マシン名を選択すると、仮想マシンの設定を表示して管理できます。特に、マシンのパブリック IP アドレスなどを確認できます。

VM_overview_W

デプロイされた仮想マシンには Plesk がインストールされており、最新のアップデートがすべて含まれています。

仮想マシンで Plesk にアクセスする

仮想マシンで Plesk にアクセスするには:

  1. 仮想マシンに接続します。
    1. Windows VM の場合、Remote Desktop 経由で接続します。Azure Portal Dashboard で[Virtual Machines]に進み、VM を選択し、[Connect]をクリックします。これにより、Remote Desktop Protocol ファイル(.rdp ファイル)が作成され、ダウンロードされます。このファイルはマシンに接続するためのショートカットのようなものです。このファイルを開いて、自分のログイン名とパスワードで仮想マシンに接続します。
    2. Linux VM の場合、仮想マシンの設定に表示されたパブリック IP アドレスに SSH 接続できます。選択した認証タイプに応じて、ログイン名とパスワードか SSH 公開キーを使用します。Mac または Linux のワークステーションからは、Terminal を使用して直接 SSH 接続できます例:ssh -i ~/.ssh/azure_id_rsa ubuntu@13.91.99.206Windows ワークステーションを使用している場合、PuTTY、MobaXTerm、または Cygwin を使用して Linux に SSH 接続する必要があります。詳しくは、「How to Use SSH keys with Windows on Azure」を参照してください。
  2. 仮想マシンで plesk login を実行して、Plesk へのログイン用のワンタイムログイン名を取得します。仮想マシン名がベースのリンクと IP アドレスがベースのリンクの 2 つが提供されます。
  3. IP アドレスをベースにしたリンクを使用して Plesk にログインします例:https://13.91.99.206:8443/login?secret=57qYv9e9vfPYtlCG74OaVXeTbVLBhZwYvc%2Fgd1I5Dug%3D

注:初回ログイン時には、仮想マシン名ベースのリンクは使用できません。Plesk の初期構成が完了しておらず、まだフルホスト名が作成されていないためです。したがって、IP アドレスのリンクを使用する必要があります。

Plesk にログインしてから、仮想マシンのホスト名、管理者のログイン名とパスワードを設定できます。次回以降は、以下のいずれかのリンクで Plesk にログインできます。

  1. https://<public-ip>:8443/
  2. https://<hostname>:8443/

ここで <public-ip> はパブリック IP であり、<hostname> は仮想マシンのフルホスト名です。

このセクションの内容:

Microsoft Azure に Plesk Solution Servers をインストールする

Microsoft Azure インスタンスでパッシブ FTP モードを構成する