Plesk WebHost または BYOL を選択する

このセクションでは、Plesk WebHostBYOL の違いを説明し、どちらかを選択するための推奨事項を提供します。

いずれの構成も、ウェブホスティングに必要なすべてのコンポーネントと、人気があり広く使用されている機能を提供します。ただし、どちらのオプションを使用するか選択する前に、いくつかの違いについて考慮すべきです。

Plesk WebHost はそのまま使用できます。WebHost には、Plesk ライセンスがプレインストールされており、共用ホスティング事業者とウェブプロフェッショナルの両方に向けたさまざまなコンポーネントと機能が含まれています。

Plesk WebHost は、以下のようなお客様に最適です。

  • Plesk を試してみたい。
  • Plesk ライセンスがない。
  • 今すぐ Plesk を使い始めたい。
  • Plesk の構成に時間をかけたくない。

WebHost イメージを基に構築したインスタンスには、Plesk WebHost Edition ライセンスがプレインストールされており、他の Plesk ライセンスに置き換えてもそのまま課金されます。Plesk Web Pro Edition または Plesk Web Admin Edition を使用したい場合、インスタンスの基盤を BYOL イメージにする必要があります。

BYOL とは「bring your own license」(自分のライセンスの持ち込み)の略であり、Plesk BYOL のインスタンスを稼働させるためには、別途購入した Plesk ライセンスを提供する必要があります。デフォルトで、Plesk BYOL には Plesk Web Host で提供される多数のコンポーネントが含まれません。必要に応じてこれらのコンポーネントをインストールできます。

Plesk BYOL は、以下のようなお客様に最適です。

  • Plesk を使い慣れている。
  • Plesk ライセンスがある。
  • 必要な Plesk コンポーネントがわかっている。
  • 時間をかけて Plesk を構成するのは構わない。

デフォルトで Plesk BYOL にインストールされていないコンポーネントは、インスタンスがどのクラウドサービスをベースにしているかによって異なります。これらのコンポーネントのリストは、以下のトピックの「提供されている製品構成」セクションを参照してください。