この方法は、Plesk をアップグレードする最も迅速で簡単な方法です。以下の手順に従って、最新の Plesk バージョンを速やかに実行できます。

  1. [ツールと設定]> [アップデートとアップグレード] をクリックします。

    image-0

    「製品の概要」の下には、現在インストールされている Plesk バージョンと、利用可能な最新の Plesk バージョンが表示されます。

    image-upgrading-plesk-using-admin-gui-1

  2. (オプション)アップグレード設定またはインストーラのインターフェース言語を変更したい場合、 [アップデートソースおよびインストール設定] をクリックします(以下の「アップグレード設定を変更する」を参照)。

  3. [製品のインストールまたはアップグレード] をクリックします。オプションがグレーアウトされている場合、以下の原因が考えられます。

    1. 既に最新の Plesk バージョンを実行している(確認するには、インストールした Plesk のバージョンをチェックします)。
    2. 選択したリリース階層がまだ利用可能になっていない(以下の「異なるリリース階層を選択する」を参照してください)。
    3. サーバの OS が最新の Plesk リリースに対応していない(たとえば、サーバの OS が 32 ビットの場合は Plesk Onyx にアップグレードできません)。サポートされる全 OS のリストは こちら を参照してください。
    4. 最新の Plesk バージョンが提供されていないカスタムリポジトリからインストールしている。Plesk 公式アップデートサーバをソースとして選択して試行してください(以下の「アップグレード設定を変更する」を参照してください)。
  4. アップグレード先の Plesk バージョンをメニューから選択し、 [続ける] をクリックしてアップグレードを開始します。

    image-upgrading-plesk-using-admin-gui-2

別のリリース階層を選択する

デフォルトで、この方法では、最新の 安定 Plesk リリースへのアップグレードのみが可能です(異なる Plesk リリース階層の説明は、 こちら を参照してください)。 アーリーアダプタ リリースにアップグレードしたい場合、以下の説明に従って、希望するリリース階層を変更する必要があります。この方法は、プレビュー(「 testing 」)リリースへのアップグレードには使用できません。この場合は、「 コマンドライン経由でアップグレードする 」または「 ウェブ GUI 経由でアップグレードする 」をお読みください。

リリース階層を変更するには、 [ツールと設定]> [アップデートとアップグレードの設定] をクリックします。管理者 GUI から アーリーアダプタ リリースにアップグレードするためには、「Plesk リリース階層」までスクロールし、「アーリーアダプタリリース」オプションを選択します。

アップグレード設定を変更する

image-upgrading-plesk-using-admin-gui-3

アップグレードを続ける前に [アップデートソースおよびインストール設定] をクリックすると、以下の設定を変更できます。

  • インストールファイルのダウンロード元: アップグレードファイルをどこから入手するか選択します。以下のいずれかのオプションから選択可能です。
    • 「公式 Plesk アップデートサーバ」(推奨)。アップグレードファイルは Plesk の公式リポジトリからダウンロードされます。このため、常にエラーがない本物のファイルを入手することができます。
    • 「ミラーサーバ」。アップグレードファイルは、ご自身またはサードパーティが管理するサーバからダウンロードされます。このオプションは、 ローカルミラー をセットアップした場合に有用です。このオプションを選ぶ場合、 .inf3 ファイルが含まれるディレクトリの URL を該当フィールドに指定する必要があります。
    • 「ローカルメディア」。Plesk は、サーバのハードディスクなどのローカルソースからアップグレードファイルを読み込みます。インターネット接続が低速であるか安定していない場合、インストールファイルをあらかじめダウンロードしてローカルに保存しておき、このオプションを選択してアップグレードすることができます。このオプションを選ぶ場合、 .inf3 ファイルの絶対パスを該当フィールドに指定する必要があります。
  • インストールファイルを保存するディレクトリ: アップグレードに必要なファイルのダウンロード先となるサーバ上のディレクトリを選択できます。指定したディレクトリの空き容量が 150〜200 MB 以上あることを確認してください。
  • プロキシサーバを使用して接続: Plesk アップデートサーバまたはローカルミラーへの接続に HTTP プロキシサーバを使用することを計画している場合は、これをオンにする必要があります。該当フィールドに、プロキシサーバの IP アドレスまたは HTTP ポートを指定します。このプロキシサーバで認証が必要な場合、[認証が必要]チェックボックスをオンにして、必要なユーザ名とパスワードを入力します。
  • インターフェース言語: インストーラのインターフェース言語を変更できます。

選択したオプションで問題なければ、 [保存] をクリックしてインストーラのホーム画面に戻ります。