インストールおよび前提条件

移行を開始する前に、移行元サーバにネットワーク経由でアクセスできることを確認して、移行先の Plesk サーバに Plesk Migrator コンポーネントをインストールしてください。

Plesk Migrator をインストールする

Plesk のインターフェースから Plesk Migrator をインストールするには

  1. 移行先サーバの Plesk に管理者としてログインします。
  2. [ツールと設定]>[アップデートおよびアップグレード]>[コンポーネントを追加/削除]に進みます。
  3. Plesk Migrator コンポーネントの横の[インストール]を選択します。

コマンドラインから Plesk Migrator をインストールするには

  1. 移行先サーバに SSH 経由で root ユーザとしてログインするか(Linux)、RDP 経由で administrator ユーザとしてログインします(Windows)。
  2. 以下の方法で Plesk インストーラを実行します。
    1. (Linux)plesk installer コマンドを実行します。
    2. (Windows)コマンドプロンプトを開き、"%plesk_bin%\ai.exe" --console コマンドを実行します。
  3. 画面の指示に従ってインストールウィザードを先に進み、コンポーネント選択のステージまで進みます。
  4. インストール対象として "Plesk Migrator" を選び、画面の指示に従って手順を完了します。
移行の前提条件

移行を成功させるためには、移行元サーバと移行先サーバでいくつかの TCP ポートと UDP ポートを開放する必要があります。

Unix サーバの場合は、以下のポートを開放します。

  • TCP ポート 22: 移行元サーバ、SSH 接続用
  • TCP ポート 8443: 移行先サーバと移行元サーバ、Plesk XML API へのアクセス用(移行元が Plesk の場合)
  • TCP ポート 110、143: 移行元サーバと移行先サーバ、POP3 および IMAP 用。移行後のチェックに使用されるポートです。

Windows サーバの場合は、以下のポートを開放します。

  • TCP ポート 135、139、445 および UDP ポート 137、138:これらのポートは移行元サーバと移行先サーバの両方で開放してください。
  • TCP ポート 1433: Microsoft SQL Server 用(デフォルトインスタンスとして使用する場合)
  • UDP ポート 1434 およびすべての(または手動で選択した)TCP ポート: Microsoft SQL Server 用(named インスタンスとして使用する場合)
  • TCP ポート 10155: その他の作業を実行するカスタム Plesk Migrator サービス用
  • TCP ポート 10156: rsync サーバ用
  • TCP ポート 8443: 移行先サーバと移行元サーバ、Plesk XML API へのアクセス用(移行元が Plesk の場合)
  • TCP ポート 110、143: 移行元サーバと移行先サーバ、POP3 および IMAP 用。移行後のチェックに使用されるポートです。

また、移行先サーバから https://autoinstall.plesk.com にアクセスできることを確認してください。

移行を開始する前に、必要なサービスと設定をすべて移行先サーバにインストールし、構成することをお勧めします。たとえば、MySQL データベースの移行を計画している場合は、移行先サーバに MySQL サーバがインストールされており、稼働していることを確認します。

移行先サーバの Plesk には個別のライセンスが必要です。もしなければ、移行中のライセンス検証で問題が発生する可能性があります。ライセンスを入手する方法については、『管理者ガイド』で説明しています。