インストールおよび前提条件

移行を開始する前に、移行元サーバにネットワーク経由でアクセスできることを確認して、移行先の Plesk サーバに Plesk Migrator コンポーネントをインストールしてください。

Plesk Migrator をインストールする

Plesk のインターフェースから Plesk Migrator をインストールするには

  1. 移行先サーバの Plesk に管理者としてログインします。
  2. [ツールと設定]>[アップデートおよびアップグレード]>[コンポーネントを追加/削除]に進みます。
  3. Plesk Migrator コンポーネントの横の[インストール]を選択します。

コマンドラインから Plesk Migrator をインストールするには

  1. 移行先サーバに SSH 経由で root ユーザとしてログインするか(Linux)、RDP 経由で administrator ユーザとしてログインします(Windows)。
  2. 以下の方法で Plesk インストーラを実行します。
    1. (Linux)plesk installer コマンドを実行します。
    2. (Windows)コマンドプロンプトを開き、"%plesk_bin%\ai.exe" --console コマンドを実行します。
  3. 画面の指示に従ってインストールウィザードを先に進み、コンポーネント選択のステージまで進みます。
  4. インストール対象として "Plesk Migrator" を選び、画面の指示に従って手順を完了します。
移行の前提条件

移行を成功させるためには、移行元サーバと移行先サーバでいくつかの TCP ポートと UDP ポートを開放する必要があります。

Unix サーバの場合は、以下のポートを開放します。

  • TCP ポート 22: 移行元サーバ、SSH 接続用
  • TCP ポート 8443: 移行先サーバと移行元サーバ、Plesk XML API へのアクセス用(移行元が Plesk の場合)
  • TCP ポート 110、143: 移行元サーバと移行先サーバ、POP3 および IMAP 用。移行後のチェックに使用されるポートです。

Windows サーバの場合は、以下のポートを開放します。

  • TCP ポート 135、139、445 および UDP ポート 137、138:これらのポートは移行元サーバと移行先サーバの両方で開放してください。
  • TCP ポート 1433: MS SQL 用(デフォルトインスタンスとして使用する場合)
  • UDP ポート 1434 およびすべての(または手動で選択した)TCP ポート: MS SQL 用(named インスタンスとして使用する場合)
  • TCP ポート 10155: その他の作業を実行するカスタム Plesk Migrator サービス用
  • TCP ポート 10156: rsync サーバ用
  • TCP ポート 8443: 移行先サーバと移行元サーバ、Plesk XML API へのアクセス用(移行元が Plesk の場合)
  • TCP ポート 110、143: 移行元サーバと移行先サーバ、POP3 および IMAP 用。移行後のチェックに使用されるポートです。

また、移行先サーバから https://installer.plesk.com にアクセスできることを確認してください。

移行を開始する前に、必要なサービスと設定をすべて移行先サーバにインストールし、構成することをお勧めします。たとえば、MySQL データベースの移行を計画している場合は、移行先サーバに MySQL サーバがインストールされており、稼働していることを確認します。

移行先サーバの Plesk には個別のライセンスが必要です。もしなければ、移行中のライセンス検証で問題が発生する可能性があります。ライセンスを入手する方法については、『管理者ガイド』で説明しています。

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.