移行後のチェック

いずれかのサポートされる移行元プラットフォームから移行した後で、移行後のチェックを実行し、移行されたウェブサイト、メールアカウント、データベースなどが移行先サーバで使用できることを確認できます。

移行後のチェックでは、以下の要素が機能することを検証します。

  • ウェブサイト
  • Mail
  • DNS
  • データベース
  • システムユーザ

それぞれのアスペクトで、移行された各オブジェクト(ウェブサイト、メールアカウント、システムユーザなど)に対してサービス固有のテストが行われます。このセクションでは、このテストについて詳しく説明します。

移行後のチェックを実行するには:

  • Plesk インターフェース経由で移行を行う場合、移行開始時に、[移行後にサービスの操作性を確認します]チェックボックスをオンにしてください。移行後のチェックの結果は移行ログに記述され、移行が完了した後で Plesk インターフェースからアクセスできます。
  • コマンドライン経由で Plesk for Linux サーバから移行を行う場合、移行の終了後に以下のコマンドを実行します。
/usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator/plesk-migrator test-all

移行後のチェックによってレポートが生成され、test-all-report.<date> という名前のファイルが /usr/local/psa/var/modules/panel-migrator/sessions/migration-session/ ディレクトリに格納されます。

  • コマンドライン経由で Plesk for Windows サーバから移行を行う場合、移行の終了後に以下のコマンドを実行します。
"%plesk_dir%admin/plib/modules/panel-migrator/backend/plesk-migrator.bat" test-all

移行後のチェックによってレポートが生成され、test-all-report.<date> という名前のファイルが <PLESK_DATA_DIRECTORY>/var/modules/panel-migrator/sessions/migration-session/ ディレクトリに格納されます。サーバ上で <PLESK_DATA_DIRECTORY> の場所を確認するには、コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。

reg query "HKLM\SOFTWARE\Plesk\PSA Config\Config" /v PRODUCT_DATA_D /reg:32

このレポートは、顧客アカウント、契約、サービスの階層を表すツリー構造になっています。移行後のテストが失敗するごとに、ログにエントリが 1 つ作成されます。これには、失敗の詳細および潜在的な問題の検証/解決手順が記述されています。

移行後のテスト

ウェブサイト

移行したドメインごとに、以下の項目がチェックされます。

  • ホームページのアドレス
  • Plesk 経由でインストールされたウェブアプリケーション
  • ホームページ上の相対リンクの「http(s)://DOMAIN/RELATIVE_URL」形式のアドレス

各ウェブサイトにつき、移行元サーバと移行先サーバから index ページが要求されます。index ページの内容が解析され、同じドメインをポイントする <a href="RELATIVE_URL"> 形式のすべての相対リンクがチェックされます。このプロセスを高速化するために、ディレクトリと拡張子ごとにリンクがグループ分けされ、各グループからリンクが 1 つ無作為に選ばれてチェックされます。たとえば、http://DOMAIN/pages/about.phphttp://DOMAIN/pages/contacts.php がいずれも index ページにある場合、どちらかのリンクのみがチェックされます。

選ばれたそれぞれのリンクについて、移行元サーバと移行先サーバの該当するアドレスに要求が送信されます(HTTP コード 301 および 302 でのリダイレクトのフォローをチェックします)。HTTP エラーがないか確認するために、作成されたウェブページが解析されます。以下の条件をすべて満たすと、テストは成功と判断されます。

  • HTTP(S) ステータスコードが同じである
  • 移行先の HTTP(S) ステータスコードがエラーを示す 4xx や 5xx ではない(ただし、パスワード保護されたディレクトリに対して使用されるコード 401 は例外となります)
  • 両ドキュメントの HTML <title> タグが同じであるか、存在しない

これらを満たさなければ、テストは失敗となります。

Mail

移行されたそれぞれのドメインについて、移行元サーバ上のメールアカウントが移行先サーバにもすべて存在していなければなりません。以下のテストが実行されます。

  • 移行されたドメインごとに、移行元サーバ上のメールアカウントのリストが移行先サーバと比較され、メールアカウントに抜けがないことが確認されます。
  • 移行された各ドメインに属するメールアカウントごとに、移行元サーバと移行先サーバの両方で、SMTP、POP3、IMAP 経由でメールボックスへのログインが行われ、アクセス可能であることが確認されます。次に、移行元サーバ上のメールボックスのメッセージ数が移行先サーバのメッセージ数と比較されます。メッセージ数の差が 5 通を超えるとエラーが報告されます。
DNS

移行されたそれぞれのドメインについて、すべてのリソースレコードが移行元サーバから移行先サーバへ移行されており、移行元サーバ上の IP アドレスが IP マッピングルールに従って移行先サーバ上の IP アドレスに置き換えられている必要があります。以下のテストが実行されます。

  • 移行されたドメインごとに、移行元サーバのメイン DNS レコードのリスト(A、AAAA、MX、CNAME など)が移行先サーバと比較され、レコードに抜けがないことが確認されます。
  • 移行されたドメインごとに、移行先サーバからメイン DNS レコードのリストが取得され、これらのレコードが移行先サーバ上の IP アドレスに解決できることが確認されます。
データベース

移行されたそれぞれのドメインについて、移行元サーバ上のデータベースが移行先サーバにもすべて存在している必要があります。以下のテストが実行されます。

  • 移行元サーバ上のデータベースごとに、このデータベースが移行先サーバに存在し、Plesk に登録されていることが確認されます。
  • 移行されたデータベースごとに、移行元サーバ上のデータベースユーザのリストが移行先サーバと比較され、データベースユーザに抜けがないことが確認されます。さらに、移行先サーバ上のデータベースユーザごとに、認証が試行されます。
  • 移行されたデータベースごとに、移行元サーバ上のデータベーステーブルのリストが移行先サーバと比較され、データベーステーブルに抜けがないことが確認されます。
システムユーザ

移行されたそれぞれのドメインについて、移行元サーバ上のシステムユーザ(サーバに FTP または SSH / RDP 経由で接続できるユーザ)が移行先サーバにもすべて存在していなければなりません。以下のテストが実行されます。

  • 移行ドメインごとに、移行元サーバ上のシステムユーザのリストが移行先サーバと比較され、システムユーザに抜けがないことが確認されます。
  • システムユーザごとに、FTP および SSH 経由で移行先サーバへのログインが実行されます(Plesk for Linux のみ)。Windows システムユーザの場合、"Remote Desktop Users" グループのメンバーシップが確認されます。