契約とプランを同期化する

特定のプランに紐付けられている契約は、このプランと同期されます。つまり、このプランに変更を加えると、紐付けられているすべての契約に対して変更が自動的に適用されます。これは、サービスプランでもアドオンプランでも同様です。

あるプランで、特定のリソースまたはサービスを変更する権限が契約者に付与されている場合、このリソースやサービスは同期されません。たとえば、ある契約で DNS ゾーン管理権限が付与されている場合、紐付けられているサービスプランの DNS ゾーン設定は同期の対象外となります。

契約の状態

特定のプランに紐付けられている契約は、このプランと同期されます。つまり、このプランに変更を加えると、紐付けられているすべての契約に対して変更が自動的に適用されます。これは、すべての種類のプラン(サービスプラン、アドオン、リセラープラン)で共通です。

Plesk では、契約のデフォルトの状態(アクティブでサービスプランと同期中)以外に、以下のような状態が可能です。

  • ロック済み」状態:同期がロックされていることを意味します。この契約は、紐付けられているプランとの同期の対象外となります。

    ある契約のパラメータを、紐付けられているサービスプランのパラメータを変更せずに変更すると、契約はロックされます。ロックによってカスタマイズ内容が保護され、将来的にプランを変更しても上書きされず、すべての契約は同期されます。

  • 非同期」状態:紐付けられているプランで提供されているサービスやリソースの一部が、この契約で実際に提供できないことを意味します。
  • 一時停止済み」状態:この状態は、契約とサービスプランとの同期と関連しませんが、ウェブサイトの挙動には影響を与えます。Plesk は、有効期限が過ぎた契約を自動的に一時停止します。または、契約を手動で一時停止することもできます。

注: あるプランで、特定のリソースまたはサービスを変更する権限が契約者に付与されている場合、このリソースやサービスは同期中に無視されます。たとえば、プランで PHP 設定の管理権限が付与されており、顧客が PHP 設定の一部を変更した場合、契約とプランは同期されたまま維持されます(ただし、PHP 設定の値は契約とプランで異なります)。

非同期の契約

Plesk は、サービスプランで提供されるサービスやリソースが実際にシステム上で使用可能であることを確認しません。たとえば、サーバに Miva がインストールされていなくても、プランの作成時に Miva の提供を選択でき、エラーや警告メッセージは表示されません。

プランに定義されているリソースやサービスを Plesk でプロビジョニングできない場合、契約は自動的に「非同期」に変わります。これは、以下の状況で発生します。

  • 契約の作成時
  • 紐付けられているプランのプロパティが変更された時
  • アドオンプランが契約に追加された時/契約から削除された時

契約のリソースまたはサービスのうち、プランと同期されていないものを確認するには:

  1. [契約]に移動して、同期されていない契約名をクリックします。
  2. [同期]をクリックします。

    Plesk は契約とプランとの同期を再試行し、同期が失敗した場合に、競合しているプロパティを表示します。

    競合レポートを書き留めておいてください。必要な情報は、競合しているプロパティと、プランの値および使用可能な値です。

    このページで[OK]をクリックすると、使用可能な値に基づいて契約の設定が初期化され、[キャンセル]をクリックすると何も変更されません。

問題を特定したら、次に解決します。以下の 2 つの方法があります。

  1. システムの容量に合わせてプランを調整する。
  2. プランで提供したいリソースとサービスを提供できるようにシステムを調整する。

システムに合わせてプランのプロパティを変更するには:

  1. [サービスプラン]> <プラン名> に移動します。
  2. 必要な設定を、使用可能な値に変更します(上記参照)。
  3. [更新して同期]をクリックします。

    契約が自動的に同期されます。

システムを調整するには:

サービスプロバイダまでご相談ください。