このセクションでは、御社の Linux サーバを保護し、Microsoft Windows ベースのサーバで PCI DSS の準拠を達成したい場合に実行すべき手順について説明します。

警告: サーバの OS で、WMI(Windows Management Instrumentation)サービスへのリモートプロシージャコール(RPC)および通信をすべてブロックするように Windows ファイアウォールを構成することをお勧めします。

リモートデスクトップ接続を保護する

中間者攻撃を防止するには、リモートデスクトップ接続の暗号化をセットアップします。手順については、http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc782610.aspx を参照してください。

リモートデスクトップ接続ポートを変更する

RDP ポートをカスタム値に変更しないと、一部の PCI スキャナーは中間者攻撃を報告します。変更するには、以下の手順に従います。

  1. [スタート] > [ファイル名を指定して実行]をクリックして regedit ユーティリティを実行し、regedit を指定して[OK]をクリックします。

  2. 以下のレジストリキーを変更してポート値を変更します。

    HKEY_LOCAL_MACHINESystemCurrentControlSetControlTerminalServerWinStationsRDP-TcpPortNumber

外部アドレスから MySQL データベースサーバへのアクセスを禁止する

Plesk に搭載されたファイアウォール機能を使用します。

  1. Plesk に管理者としてログインします。

  2. [ツールと設定] > [ファイアウォール]に進みます。

  3. [ファイアウォールルール]タブを開きます。

  4. image 75627 アイコンをクリックして Plesk MySQL server ルールの状態を切り替えます。アイコンが image 75628 に変わります。

    image 75625

FTP 接続を保護する

サーバへの FTP 接続を許可する場合、セキュアな FTPS 接続を除くすべての FTP 接続を禁止する必要があります。

サーバへの FTPS 接続のみを許可するには:

  1. [ツールと設定] > [セキュリティポリシー]の順に選択します。

  2. [FTPS 使用ポリシー]に対して[セキュア FTPS 接続のみを許可する]オプションをオンにします。

    image 75629