デフォルトで、Plesk はサーバにバックアップを保存します。ただし、これにはリスクが伴います。サーバのハードディスクが故障した場合、ウェブサイトのデータとバックアップの両方が失われる可能性があります。これを回避するために、リモートストレージにバックアップを保存することをお勧めします。このトピックでは、Plesk でバックアップ用にリモートストレージを構成する方法を説明します。

以下のタイプのリモートストレージを構成できます。

  • FTP ストレージ
  • Amazon S3 バックアップストレージ
  • S3 互換ストレージ:
    • DigitalOcean Spaces
    • 各種 S3 互換ストレージ(Minio、OpenStack など)
  • Google ドライブバックアップストレージ
  • Microsoft OneDrive バックアップストレージ

注釈: リモートクラウドストレージへのスケジュール済みバックアップの保存は有料の機能です。ホスティング事業者にこれを解除するように依頼するか、サーバストレージや FTP ストレージにバックアップを保存するか、手動バックアップを使用してください。

複数のリモートストレージを構成できますが、S3 互換ストレージは一度に 1 つしか構成できません。たとえば、Amazon S3 バックアップと Google ドライブバックアップを両方構成することはできますが、Amazon S3 バックアップと DigitalOcean Spaces を構成することはできません。

バックアップの作成時には一度に 1 つのリモートストレージしか使用できません。複数のリモートストレージにバックアップを保存したい場合は、使用したいリモートストレージごとにバックアップを一度作成します。

FTP ストレージ

FTP ストレージを構成するには:

  1. FTP ストレージとして機能するサーバをセットアップします。Plesk サーバからこのサーバへ FTP 経由で接続できる必要があります。
  2. Go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings > FTP(S).
  3. Keep the "Use FTP(S) Storage" checkbox selected.
  4. Specify the settings for the server you set up during step 1, including the server hostname or IP address, the path to the directory for storing backups, and the FTP username and password.
  5. If the Plesk firewall is configured to ban incoming connections from FTP servers, keep the "Use passive mode" checkbox selected. Make sure that the server you set up during step 1 supports the passive FTP mode.
  6. (推奨)バックアップをリモートストレージに転送するときに暗号化された接続を使用するには、[FTPS を使用]チェックボックスをオンにします。これにより、第三者がデータをインターセプトできなくなります。ステップ 1 でセットアップしたサーバが FTPS 接続をサポートすることを確認します。
  7. [OK]をクリックします。

FTP ストレージの構成が完了します。手動またはスケジュールされたバックアップの作成時にこれを使用できます。

image ftps storage

Amazon S3 バックアップストレージ

Amazon S3 バックアップストレージを構成するには、IAM ユーザアカウントが必要です。このアカウントには、Amazon S3 バックアップ拡張の実行に必要な限られた数の権限が付与されているため、制限付きアカウントと呼びます。

制限付き IAM ユーザアカウントは拡張によって自動作成することも、ユーザが手動で作成することもできます。

Amazon S3 バックアップストレージを自動的に構成するには:

  1. AWS アカウントを作成します
  2. AWS アカウントにログインし、[My Account] > [Security Credentials]に移動し、AWS アカウントのルートユーザのアクセスキー ID とシークレットをコピーします。
  3. Log in to Plesk and go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings > Amazon S3 Backup.
  4. Keep the "I will use the root account credentials (will not be stored)" option.
  5. ステップ 2 でコピーした ID とシークレットを[IAM ユーザのアクセスキー ID]フィールドと[IAM ユーザのアクセスキーのシークレット]にそれぞれペーストします。
  6. Provide a bucket where your backups will be stored. You can use an existing bucket in your AWS account. You can also have the extension automatically generate one for you (if you do, we do not recommend changing the bucket's name).
  7. バケット内の特定のフォルダにバックアップを保存するには、[パス]フィールドにフォルダ名を入力します。バケットのルートにバックアップを保存するには、[パス]フィールドに「/」と入力します。
  8. [OK]をクリックします。

Amazon S3 バックアップストレージを手動で構成するには:

  1. AWS アカウントを作成します
  2. IAM ユーザアカウントを作成します。アカウントに s3:CreateBuckets3:ListBuckets3:GetObjects3:PutObjects3:DeleteObjects3:ListMultipartUploadPartss3:AbortMultipartUploads3:ListAllMyBuckets 権限を付与します。
  3. IAM ユーザのアクセスキーを作成 し、その ID とシークレットを書き留めます(後で必要になります)。
  4. Log in to Plesk and go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings > Amazon S3 Backup.
  5. [制限付きの IAM ユーザアカウントを作成しました]オプションをオンにします。
  6. ステップ 3 でコピーした IAM ユーザのアクセスキー ID と IAM ユーザのアクセスキーシークレットを該当フィールドにペーストします。
  7. Provide a bucket where your backups will be stored. You can use an existing bucket in your AWS account. You can also have the extension automatically generate one for you (if you do, we do not recommend changing the bucket's name).
  8. バケット内の特定のフォルダにバックアップを保存するには、[パス]フィールドにフォルダ名を入力します。バケットのルートにバックアップを保存するには、[パス]フィールドに「/」と入力します。
  9. [OK]をクリックします。

Amazon S3 バックアップストレージが構成されます。手動またはスケジュールされたバックアップの作成時にこれを使用できます。

image 78936

Google ドライブバックアップストレージ

The way you configure Google Drive Backup storage differs depending on the Google drive type you will use:

  • Your personal drive, used to store files and folders you own and manage by yourself. Google calls this drive type "My Drive". To get this drive, you need to have a free Google account for personal use.
  • A shared drive, used to store files and folders for collaborative work teams and organizations own and manage. To get this drive, a team or organization needs to purchase a Google Workspace account and set it up.

See more differences between My Drive and shared drives.

Google ドライブバックアップストレージを構成するには:

  1. Choose which drive type to use:

    注釈: Plesk Backup Manager can use only files and folders it has created. It cannot detect backups uploaded to the personal drive manually.

    • If you want to use a shared drive, contact the Google Workspace administrator of your organization. They will create a user account for you and give you its credentials.

    注釈: To use a shared drive, make sure your Google Workspace administrator has marked the Plesk Backup Corporate application as trusted.

  2. Log in to Plesk and go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings > Google Drive Backup.

  3. Choose your Google drive type (your personal or shared drive) and click OK.

  4. Sign in to the Google account whose drive you will use to store backups.

  5. Click Allow to allow Plesk Backup (for a personal drive) or Plesk Backup Corporate (for a shared drive) to view and manage the files in your Google Drive.

  6. リンクをクリックして、Google ドライブの権限データを Plesk に送信します。

  7. Keep the "Use the storage" and "Validate backups via checksum" checkboxes selected. Validating backups via checksum checks if Plesk has uploaded a backup to the drive completely and without damage.

  8. Depending on your drive type, you can configure the following optional settings:

    • (Personal drive) By default, Plesk creates the "My Plesk" folder in your Google Drive and stores backups there. To store backups in another location, type the desired path in the "Path" textbox.
    • (Shared drive) If your organization has multiple shared drives, select the one to store your backups in the "Drive" dropdown list.
  9. [OK]をクリックします。

Google ドライブバックアップストレージが構成されます。手動またはスケジュールされたバックアップの作成時にこれを使用できます。

image 79022

To store backups in the Google Drive storage associated with a different Google account, go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings > Google Drive Backup and click the "Log out" link.

これにより、現在接続されている Google ドライブバックアップストレージが接続解除されます。続いて、上の手順に従って別のストレージを接続できます。Google ドライブバックアップストレージの接続を解除しても、そこに保存された Plesk バックアップは削除されません。後で再び接続すると、保存されたバックアップがバックアップマネージャに表示され、復元することができます。

DigitalOcean Spaces Storage

DigitalOcean Spaces Storage を構成するには:

  1. DigitalOcean アカウントを作成します
  2. スペースを作成します
  3. スペース内にバックアップ保存用のディレクトリを作成します。このディレクトリへのパスとスペースの URL をメモしておきます。これらは、後で DigitalOcean Spaces ストレージを構成するために使用します。
  4. アクセスキーとシークレットを作成します 。これらをメモしておきます。これらは、後で DigitalOcean Spaces ストレージを構成するために使用します。シークレットは作成時に一度だけ表示されます。後で確認する方法はありません。
  5. Log in to Plesk and go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings > DigitalOcean Spaces Backup.
  6. [サービスプロバイダ]の下で[DigitalOcean Spaces]を選択します。
  7. 該当するフィールドに、スペースの URL、バックアップを保存するディレクトリのパス、アクセスキー、シークレットをペーストして、[OK]をクリックします。

DigitalOcean ストレージの構成が完了します。手動またはスケジュールされたバックアップの作成時にこれを使用できます。

S3 互換ストレージ

リモートストレージを提供している多数のサービスが、Amazon S3 互換の API を使用しています。これらを S3 互換と呼びます。そのうち、Plesk は DigitalOcean、Minio、OpenStack を明示的にサポートしています。

Plesk で他の S3 互換ストレージの構成を試みることはできますが、期待どおりに機能する保証はありません。 AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI)を使用して S3 互換ストレージが Plesk に対応しているか確認できます。AWS CLI 経由でストレージからファイルをアップロードまたはダウンロードできれば、おそらくこのストレージは Plesk とともに使用できます。

S3 互換ストレージを構成するには:

  1. Go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings > Amazon S3 Backup.
  2. Under “Service provider”, select "Custom (Minio, OpenStack, etc)".
  3. すべてのフィールドに記入します。[バケット]および[パス]フィールドには特に注意が必要です。バケットとは、S3 互換ストレージにデータを保存するために作成する場所です。バケット名をメモしておき、[バケット]フィールドにペーストします。[パス]フィールドには、バックアップを保存したいバケット内のディレクトリのパスをペーストします。
  4. [OK]をクリックします。

S3 互換ストレージの構成が完了します。手動またはスケジュールされたバックアップの作成時にこれを使用できます。

Microsoft OneDrive バックアップストレージ

Microsoft OneDrive バックアップストレージを構成するには:

  1. Go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings > Microsoft OneDrive Backup.
  2. Microsoft アカウントにサインインします。Plesk は、このアカウントに関連付けられた OneDrive ストレージにバックアップを保存します。Microsoft アカウントがない場合、アカウントを作成します
  3. リンクをクリックして、Microsoft 権限データを Plesk に送信します。
  4. [ストレージを使用]チェックボックスをオンにします。
  5. (オプション)デフォルトで、Plesk は Microsoft OneDrive ストレージの “Apps/plesk-backup/<subscription name>” フォルダにバックアップを保存します。必要に応じて別のフォルダを指定できます。
  6. [OK]をクリックします。

Microsoft OneDrive バックアップストレージが構成されます。手動またはスケジュールされたバックアップの作成時にこれを使用できます。

image 79087

If you want to store backups in OneDrive storage associated with a different Microsoft account, go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings > Microsoft OneDrive Backup and click the “Log out” link.

image 79086

これにより、現在接続されている OneDrive バックアップストレージが接続解除されます。続いて、上の手順に従って別のストレージを接続できます。OneDrive バックアップストレージの接続を解除しても、そこに保存された Plesk バックアップは削除されません。後で再び接続すると、保存されたバックアップがバックアップマネージャに表示され、復元することができます。

リモートストレージ内のバックアップをパスワードで保護する

リモートストレージ内のバックアップをパスワードで保護することができます。これにより、メールアカウントのパスワードやデータベースユーザのパスワードなど、バックアップに保存されたパスワードが暗号化されます。バックアップが第三者の手に渡っても、内部に保存されたパスワードを入手することはできません。

パスワードで保護されたバックアップを復元するには、パスワードを入力する必要があります。入力できない場合、バックアップに保存されたすべてのパスワードがランダムに生成されます。

リモートストレージ内のバックアップをパスワードで保護するには:

  1. 1 つ以上のリモートストレージを構成します。

  2. Go to Websites & Domains > the subscription > Backup Manager > Remote Storage Settings. The section "Backup security settings" has become available.

    image 78937

  3. [パスワード保護]の下で[無効]の横の[変更]リンクをクリックします。

  4. [パスワード保護を使用する(推奨)]チェックボックスをオンにします。

  5. 該当するフィールドにパスワードを入力します。

  6. [OK]をクリックします。

これでリモートストレージに保存されたすべてのバックアップがパスワードで保護されます。