ビデオチュートリアルを再生

ホスティングパッケージにサブドメイン(追加のサードレベルドメイン名)が含まれている場合、これを使用して以下のようなことが可能です。

  • サイトの構造を論理的に構成する
  • 追加のドメイン名を購入することなく、同じサーバ上で追加のウェブサイトやウェブサイトの一部をホストする

サブドメインの使用例:

「your-product.com」というウェブサイトを、製品の販促や販売に使用しているとします。顧客サービスやオンライン注文追跡に関する情報を公開するために、「orders」というサブドメインを作成すると、ユーザがドメイン名「orders.your-product.com」にアクセスしてこれらの情報を直接参照できるようになります。

サブドメインは追加ドメインと同じステータスであるため、サブドメインでも同じツールとサービスを使用できます。たとえば、SSL/TLS 保護、Presence Builder、ウェブ統計などが利用できます。

サイトの一部または個別のサイトにサブドメインをセットアップするには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]にアクセスします。

  2. [サブドメインを追加]をクリックします。 image-76851.png

  3. 以下を指定します。

    1. [サブドメイン名]ボックスに、メインサイトのドメイン名に追加するアドレス部分を入力します。
    2. [ドキュメントルート]ボックスに、このサイトのすべてのファイルとサブディレクトリを格納するディレクトリのロケーションを入力します。メインサイトのデフォルトディレクトリ「httpdocs」を使用することも、他のディレクトリを指定することもできます。
  4. [OK]をクリックします。

    新しいサブドメイン名が画面の一番下にリストされます。

これで、サブドメイン(サーバ上のディレクトリ)にウェブコンテンツをアップロードできるようになります。手順は、「ウェブサイトコンテンツ」セクションの「FTP 経由でコンテンツをアップロードする」サブセクションを参照してください。

ワイルドカードサブドメイン

サブドメイン名にアスタリスク(*)を入力すると、「ワイルドカードサブドメイン」が作成されます。サイト訪問者が、Plesk に登録されていないサブドメイン名を指定すると、このワイルドカードサブドメインにリダイレクトされます。ワイルドカードサブドメインはすべてのドメイン名レベルで作成できます。たとえば *.mystore.example.com のようなサブドメインを作成可能です。詳しくは、「(Linux)ワイルドカードサブドメインを追加する」セクションを参照してください。