WordPress Toolkit とは、WordPress を 1 つの場所から簡単にインストール、構成、管理するための管理インターフェースです。WordPress Toolkit 拡張が Plesk にインストールされている場合にのみ使用できます。

注釈: WordPress Toolkit では、WordPress バージョン 3.7 以降をインストール、構成、管理できます。

注釈: WordPress Toolkit 拡張は、Plesk の Web Pro エディションと Web Host エディションでは無料で、Web Admin エディションでも無料で使用できます。

WordPress をインストールする

To install a new WordPress installation, go to WordPress and click Install. The following installation options are available:

  • For an express installation, click Install (Quick). The latest version of WordPress will be installed, and the default settings will be used. The new installation will be available via HTTPS if SSL/TLS support is enabled for the domain.

  • デフォルトのインストール設定を変更する場合は、[インストール(カスタム)]をクリックします。管理者ユーザのセットアップ、必要な WordPress バージョンの選択、データベース名の指定、自動更新設定の選択などができます。

    image-79654.png

注釈: WordPress をインストールするために、WordPress Toolkit は wordpress.org からデータを取得します。デフォルトで、WordPress Toolkit が 15 秒以内に接続を確立できなければ、wordpress.org は使用不可と判断されます。

WordPress Toolkit に登録されたすべてのインストールのリストを確認するには、[ウェブサイトとドメイン][WordPress]に移動します。

image-79655.png

既存の WordPress インスタンスを WordPress Toolkit に追加する

WordPress Toolkit または[アプリケーション]ページから追加されたすべての WordPress インスタンスは、WordPress Toolkit に自動的に表示されますが、手動でインストールした場合は、WordPress Toolkit に追加する必要があります。また、旧バージョンの Plesk で WordPress を使用しており、Plesk をアップグレードした場合、WordPress Toolkit に既存のすべての WordPress インスタンスを登録することをお勧めします。WordPress Toolkit に WordPress インスタンスを追加するには、[ウェブサイトとドメイン][WordPress][スキャン]をクリックします。スキャン後に WordPress の新しいコピーを手動でインストールしても、これらの WordPress インスタンスは WordPress Toolkit に追加されません。

WordPress Toolkit から WordPress インスタンスを登録解除するには、[ウェブサイトとドメイン][WordPress]で WordPress インスタンス名をクリックし、[解除]をクリックします。登録解除された WordPress インスタンスは、新たに WordPress インスタンスのスキャンを実行すると再び WordPress Toolkit に追加されます。

WordPress Toolkit や[アプリケーション]ページからのインストール、または手動インストールなどのインストール方法を問わず、すべてのインストールを完全に登録解除できます。WordPress Toolkit から WordPress インスタンスを登録解除するには、[ウェブサイトとドメイン][WordPress]で WordPress インスタンス名をクリックし、[削除]をクリックします。

WordPress インスタンスをインポートする

御社が所有し、Plesk 以外でホストしている WordPress ウェブサイトは、「ウェブサイトの移行」機能を使用して移行できます。WordPress ウェブサイトを移行すると、Plesk がそのサイトのファイルとデータベースをすべて Plesk のサーバにコピーします。ウェブサイトの移行が完了すると、WordPress Toolkit を使用して管理できるようになります。

既存の WordPress ウェブサイトを移行するには、[ウェブサイトとドメイン] > [WordPress][インポート]をクリックして、こちら の指示に従います。

Managing WordPress Installations

Go to WordPress to see all your WordPress installations.

WordPress Toolkit groups information about each installation in blocks we call cards.

image-79474.png

1 つのカードに、ウェブサイトのスクリーンショットとともに、よく使用するツールに簡単にアクセスできるさまざまなコントロールが表示されます。このスクリーンショットは、ウェブサイトに加えた変更を反映してリアルタイムに変化します。たとえば、メンテナンスモードをオンに切り替えたり、WordPress テーマを変更したりすると、ウェブサイトのスクリーンショットが瞬時に変化します。

注釈: WordPress で直接加えた変更は、24 時間ごとに WordPress Toolkit と同期されます。手動で同期するには、image-79475.png ボタンをクリックしてください。

ウェブサイトのスクリーンショット上にカーソルを動かすと、[サイトを開く]ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、新しいブラウザタブでウェブサイトが開きます。

セキュリティ

WordPress websites are frequently targeted by hackers. WordPress Toolkit analyzes how safe your installation is by checking the following security aspects and showing the result below the screenshot of the website:

これらの横に「警告」または「危険」と表示される場合、[表示]をクリックして修正してください。

一般情報

[一般情報]セクションには、WordPress ウェブサイトのタイトルと WordPress のバージョンが表示されます。以下が可能です。

  • デフォルトである[My CMS]タイトルの横で[変更]をクリックし、ウェブサイトにカスタム名を付けます。
  • [ログイン]をクリックして WordPress に管理者としてログインする。
  • [ログイン]の横の[セットアップ]をクリックし、WordPress の一般設定を変更する。

ツール

[ツール]セクションで、以下の WordPress Toolkit 機能をクリックしてアクセスします。

image-79456.png

  • [同期]により、ウェブサイトのコンテンツを別のサイトのコンテンツと同期できます。
  • [複製]:ウェブサイトの完全なコピーを作成します。
  • [ファイル管理] により、ファイルマネージャでウェブサイトのファイルを管理できます。
  • [バックアップ/復元] により、ウェブサイトのバックアップを作成し、必要に応じて復元できます。

以下のコントロールを使用すると、以下の設定とツールに簡単にアクセスできます。

  • [検索エンジンインデックス化]により、検索エンジンの検索結果に御社のウェブサイトが表示されます。
  • [キャッシング(nginx)]:ウェブサイトのロードが高速化し、サーバ負荷が軽減されます。
  • [デバッグ]により、表示の準備ができていないテスト中または開発中のウェブサイトをデバッグできます。
  • [メンテナンスモード]により、ウェブサイトのコンテンツが訪問者に対して非表示になります。
  • [パスワード保護]により、Plesk から WordPress へのログインに使用するパスワードを指定できます。

On the remaining three tabs you can manage the installation’s plugins, themes, and change the database username and password.

Website Labels

Website labels are preconfigured identifiers that you can give to your websites (for example, “staging”, “production”, “testing”, and so on).

Depending on your project, it might be necessary to host multiple copies of a website for various purposes. Labels will help you distinguish one website from another.

By default, a website has no label. To label it, click “ADD LABEL” (on the website card next to the website name) and select the desired label. Labels are optional and you can change or remove a label at any time.

image-label

カードビューを管理する

You can choose the way WordPress Toolkit shows cards. The default “Cards” view is best suited for a small number of installations. If you have a large number of installations, collapse cards image-79466.png, or switch to the “Tiles” or “List” view.

image-79467.png

You can also Sort and Filter installations to manage them more easily.

Removing and Detaching Installations

You can detach WordPress installations that you do not want to see and manage in WordPress Toolkit. Detaching does not remove the installation, merely hides it from WordPress Toolkit. A detached installation will be attached to WordPress Toolkit again after you scan for WordPress installations. To detach a WordPress installation, go to WordPress, choose the installation you want to detach, click the image-79476.png button, and then click Detach.

Unlike detaching, removing completely deletes a WordPress installation. To remove a WordPress installation, go to WordPress, choose the installation you want to delete, click the image-79477.png button, and then click Remove.

検索エンジンインデックス化とデバッグ

デフォルトで、新規作成された WordPress Toolkit ウェブサイトは検索エンジンの検索結果に表示されます。ウェブサイトを公開する準備ができていない場合、[検索エンジンインデックス化]をオフに切り替えます。

テストまたは開発用に WordPress をインストールする場合、[デバッグ]を有効化することで、ウェブサイトのコードでエラーを見つけて修正できます。これには、[デバッグ]の横で[セットアップ]をクリックし、アクティブにする WordPress デバッグツールを選択してから[OK]をクリックします。

Updating WordPress Installations

ウェブサイトのセキュリティを維持するには、WordPress コアおよびインストール済みのプラグインとテーマを定期的に更新する必要があります。これは、自動または手動で実行できます。

  • 手動更新では、アップデートをインストールするタイミングを管理できます。たとえば、インストールを待機して、特定のアップデートをインストールすると他の WordPress ユーザに問題が生じないかどうかを確認できます。ただし、遅れをとらないようにするには定期的な更新が必要であることを覚えておく必要があります。
  • Automatic updates give you peace of mind by keeping your WordPress installation up-to-date. However, updates can sometimes break your installation, and with automatic updates, you may not learn about it right away.

セキュリティ上の理由から、自動更新を構成することをお勧めします。

To update a WordPress installation manually:

  1. Go to WordPress. If your WordPress installation needs updating, you will see “available” next to “Updates” (below the website screenshot).

    image-79493.png

  2. [アップデート]の横の[表示]をクリックして、WordPress Toolkit に使用可能なアップデートのリストが読み込まれるまで待ち、インストールするアップデートを選択します。

    注釈: WordPress コアのアップデートが使用可能になると、[復元ポイント]チェックボックスが表示されます。問題が発生した場合に更新作業をロールバックするために使用できる復元ポイントを作成するには、このチェックボックスをオンにしておいてください。

    image-79496.png

  3. [アップデート]をクリックします。

選択したアップデートが適用されます。

To configure automatic updates for a WordPress installation:

  1. Go to WordPress and choose the WordPress installation that you want to update automatically.
  2. [アップデート]の横の[表示]をクリックし、[設定]をクリックします。
  3. 必要な自動更新設定を選択します。WordPress コア、プラグイン、テーマに対して別々に自動更新を構成できます(たとえば、プラグインとテーマについては自動更新を有効にするよう選択し、WordPress コアについては選択しないことができます)。以下の推奨事項に従ってください。
    • [WordPress を自動更新]の横で[いいえ]を選択すると、WordPress コアの自動更新がオフになります。これは安全ではありません。
    • ウェブサイトを公開しており(本番モード)、アップデートを自動的に適用すると障害が発生する可能性があることを懸念している場合、[はい、ただしマイナー(セキュリティ)アップデートのみ]を選択してください。
    • WordPress ウェブサイトが本番以外の(ステージング)バージョンである場合、[はい、すべての(マイナーおよびメジャー)アップデート]を選択します。これにより、ステージングウェブサイトが最新状態に保たれ、アップデートにより障害が発生するとしても、本番ウェブサイトではなくステージングウェブサイトになります。
  4. [OK]をクリックします。

If you are concerned that WordPress automatic updates may break your website, use Smart Updates. With Smart Updates, WordPress installations are always updated safely without breaking your website.

Smart Updates

Smart Updates とは、WordPress Toolkit 3.x 以降で使用可能な有料機能です。ウェブサイトを破損するリスクを冒すことなく、本番モードのウェブサイトを最新状態に保つことができます。Smart Updates では、アップデートのインストール後に発生する可能性がある結果を分析し、インストールが安全かどうかをアドバイスします。

ウェブサイトのセキュリティを維持するには、WordPress のテーマ、プラグイン、コアを定期的に更新する必要があります。ただし、これらのアップデートにより、ウェブサイトに障害が発生する可能性があります。手動更新では管理者の注意が必要であり、ウェブサイトが正常に機能を続けることを保証することはできません。

To ensure a WordPress installation is always updated safely without breaking your website, we developed the Smart Updates feature, which does the following:

  1. Clones the installation, and then analyses the clone and takes screenshots of the website’s pages (including dynamic content and carousels).
  2. 複製にアップデートを適用し、再び分析して、ウェブサイトページのスクリーンショットを再び撮ります。
  3. 更新後に複製の外観がどれくらい変化するかを計算し、この結果をあらかじめ指定されたしきい値と比較します。
  4. 手動更新の場合、Smart Updates は更新前と更新後のスクリーンショットを表示し、安全に更新できるかどうかを推定します。ここで、スクリーンショットを比較し、安全に更新できるかどうかを判断してから、本番ウェブサイトを更新するかどうかを決定できます。
  5. 自動更新の場合、Smart Updates は、変化の計算値がしきい値を超えなければ本番ウェブサイトを自動的に更新します。しきい値を超えている場合、更新は実行されません。いずれの場合も、分析結果と更新前/更新後のスクリーンショットがメールで送られてきます。手動更新と同じく、安全に更新できると判断するかどうかの確認が求められます。
  6. この判断に基づいて、Smart Updates は人工知能を使用して各アップデートを分析します。
  7. このため、Smart Update はアップデートの安全性に関する予測精度が優れており、ウェブサイトに障害を発生させる可能性があるアップデートをインストールしてしまう可能性を最小化できます。

Smart Updates を使用する

Smart Updates is a paid feature, which you buy on a per installation basis. You can use Smart Updates with both manual and automatic updates.

Smart Update を有効化するには:

  1. Buy Smart Updates and install the received additional license key. You enable Smart Update separately for each installation.
  2. Go to WordPress and choose the installation for which you want to enable Smart Update. On the installation card, click “View” next to “Updates”.
  3. Smart Updateをオンに切り替えます。
  4. [設定]をクリックし、「厳格」、「推奨」、「寛容」のいずれかのポリシーを選択して[OK]をクリックします。選択したポリシーにより、アップデートのインストール後にどれくらいまでウェブサイトが変化したら、Smart Updates がアップデートを安全だと判断するのかが決まります。

Smart Update が有効になります。これで、手動更新または自動更新で Smart Update を使用できるようになります。

注釈: Smart Update is not an alternative for backups. We recommend that you regularly backup your WordPress installations especially if you use automatic updates.

Smart Update を手動で使用するには:

  1. Make sure you have enough disk space for a full copy of the installation that you want to update.

  2. インストールしたいアップデートを選択し、[アップデート]をクリックします。

  3. Smart Update がウェブサイトを複製して分析します(ウェブサイトのサイズに応じてしばらく時間がかかる可能性があります)。分析はバックグラウンドで実行されるため、ウィンドウを閉じても更新は中断されません。

  4. 分析が終了したら、選択したポリシーに応じて当該アップデートが安全と考えられるかどうかをアドバイスする(以下のような)メッセージが表示されます。

    image-79420.png

  5. [比較]をクリックすると、ウェブサイトの別々のページの「更新前」と「更新後」のスクリーンショットが表示されます。スクリーンショットを比較して、[このページには何も問題がありませんか?]の横の[はい]または[いいえ]をクリックします。これにより、アップデートの安全性に関する Smart Update の予測精度が向上します。

    image-79421.png

  6. If Smart Update indicates that it is safe to update and the screenshots appear to confirm it, click Apply Updates. Smart Update will update the production installation and delete the clone.

    If you do not want to update the production installation, click Discard.

Smart Update を自動で使用するには:

  1. Make sure you have enough disk space for a full copy of the installation that you want to update.
  2. When an update is available, Smart Update will clone the installation, update the clone and analyze the clone after update.
  3. If the result after update meets the chosen policy, Smart Update automatically updates the production installation. Otherwise, update is not applied. In both cases, you receive the email with the link. Follow the link to open a report with the comparison of “before” and “after” screenshots of your website in a new browser window. Compare the screenshots and then click Yes or No next to “Is everything OK on the page”. This will make Smart Updates better at telling apart and installing safe updates.

プラグインを管理する

A WordPress plugin is a type of third-party software that adds new functionality to WordPress. With WordPress Toolkit, you can install and manage plugins on one or more WordPress installations.

プラグインをインストールする

In WordPress Toolkit, you can install plugins on one or all WordPress installations of the subscription. You can:

  • wordpress.org のプラグインリポジトリ でプラグインを検索してインストールする。
  • カスタムプラグインをアップロードする。wordpress.org リポジトリで適切なプラグインが見つからない場合や、独自のプラグインをインストールする必要がある場合は、これが便利です。

To install plugins on a particular installation:

  1. Go to WordPress, go to the “Plugins” tab of an installation card, and then click Install.

    image-79501.png

  2. プラグインを検索し、インストールするプラグインの横で[インストール]をクリックします。インストールしたプラグインは即時にアクティブになります。

To install plugins on all installations of the subscription:

  1. 契約を選択します。

  2. [WordPress] > [プラグイン]タブに進み、[インストール]をクリックします。

    image-79512.png

  3. Search for plugins, select the plugins you want to install, and then click Select websites.

    注釈: 1 つ以上のプラグインを選択し、それらをインストールせずに新たに検索を実行すると、選択はリセットされます。

  4. デフォルトで、新規インストールされたプラグインは即時にアクティブになります。[インストール後にアクティブ化]チェックボックスをオフにすることで、これを回避できます。

    image-79233.png

  5. Select websites on which you want to install plugins and then click Install.

プラグインをアップロードするには:

  1. 契約を選択します。
  2. [WordPress] > [プラグイン]タブに進み、[プラグインをアップロード]をクリックします。
  3. Click Browse... and browse to the location of the ZIP file containing the plugin you want to upload
  4. [OK]をクリックします。

プラグインを削除する

You can remove plugins from a particular installation or from all installations belonging to a subscription at once.

To remove plugins from a particular installation:

  1. Go to WordPress, and then go to the “Plugins” tab of an installation card.
  2. プラグインを 1 つ削除するには、このプラグインの横にある image-79517.png アイコンをクリックします。複数のプラグインを削除するには、削除対象を選択して[削除]をクリックします。
  3. [はい]をクリックします。

To remove plugins from all installations of the subscription:

  1. 契約を選択します。
  2. [WordPress] > [プラグイン]タブに進みます。
  3. 削除したいプラグインを選択し、[アンインストール]をクリックしてから[はい]をクリックします。

プラグインをアクティブ/非アクティブにする

You can activate or deactivate plugins installed on a particular installation or on all installations belonging to a subscription at once.

To activate or deactivate plugins for a particular installation:

  1. Go to WordPress, and then go to the “Plugins” tab of an installation card.
  2. プラグインをオンにするとアクティブになり、オフにすると非アクティブになります。

To activate or deactivate plugins for all installations of the subscription:

  1. 契約を選択します。
  2. [WordPress] > [プラグイン]タブに進みます。
  3. アクティブ/非アクティブにするプラグインを選択します。
  4. [アクティブ化]または[非アクティブ化]をクリックします。

プラグインを更新する

If a plugin needs updating, you will see “Updates” next to the plugin on the “Plugins” tab of an installation card. You can update not only free plugins but also paid ones if they can be updated in the usual way in the WordPress admin dashboard.

注釈: WordPress Toolkit can update paid plugins that require a license if the license is present. WordPress Toolkit cannot update paid plugins that use non-standard update methods.

image-79504.png

以下が可能です。

To update plugins on all installations of the subscription:

  1. 契約を選択します。

  2. [WordPress] > [プラグイン]タブに進みます。

  3. 更新したいプラグインの横の[バージョン ... に更新]アイコンをクリックします。更新について詳しくは、[詳細を表示]をクリックしてください。wordpress.org のプラグインページが開きます。

    image-79518.png

    注釈: プラグインを更新する前に契約をバックアップするように WordPress Toolkit から指示されます。更新によりウェブサイトが破損する恐れがある場合、バックアップを作成するか、 Smart Updates を使用してください。

  4. [はい]をクリックします。

テーマを管理する

WordPress テーマは、色、フォント、レイアウトなど、ウェブサイト全体のデザインを決定します。別のテーマを選択すると、ウェブサイトのルック&フィールが変わりますが、コンテンツは変更されません。WordPress Toolkit により、テーマをインストールしたり管理することができます。

テーマをインストールする

In WordPress Toolkit, you can install themes on one or all WordPress installations of the subscription. You can:

  • wordpress.org のテーマリポジトリ でテーマを検索してインストールする。
  • Plesk 管理者がアップロードしたテーマをインストールする。
  • カスタムテーマをアップロードする。wordpress.org リポジトリで適切なテーマが見つからない場合や、独自のテーマをインストールする必要がある場合は、これが便利です。

To install themes on a particular WordPress installation:

  1. Go to WordPress, go to the “Themes” tab of an installation card, and then click Install.

    image-79526.png

  2. テーマを検索し、インストールしたいテーマの横の[インストール]をクリックします。デフォルトで、新規インストールしたテーマはアクティブになっていません。

To install themes on all WordPress installations of the subscription:

  1. 契約を選択します。

  2. [WordPress] > [テーマ]タブに進み、[インストール]をクリックします。

    image-79527.png

  3. Search for themes, select the themes you want to install, and then click Select websites.

    注釈: 1 つ以上のテーマを選択し、それらをインストールせずに新たに検索を実行すると、選択はリセットされます。

    image-79253.png

  4. Select websites on which you want to install themes and then click Install.

Plesk 管理者がアップロードしたテーマをインストールするには:

  1. [WordPress] > [テーマ]タブに進みます。
  2. image-79513.png アイコンでマークされたテーマの横の[インストール]をクリックします。このアイコンが表示されていない場合、Plesk 管理者はテーマをアップロードしていません。
  3. Select the WordPress installations on which you want to install the theme.
  4. デフォルトで、新規アップロードしたテーマはアクティブになっていません。[インストール後にアクティブ化]チェックボックスをオンにして、アクティブにできます。
  5. [インストール]をクリックします。

テーマをアップロードするには:

  1. 契約を選択します。
  2. [WordPress] > [テーマ]タブに進み、[テーマをアップロード]をクリックします。
  3. Click Browse... and browse to the location of the ZIP file containing the theme you want to upload.
  4. [OK]をクリックします。

アップロードしたテーマをインストールするには:

  1. [WordPress] > [テーマ]タブに進みます。

  2. アップロードしたテーマの横の[インストール]をクリックします。

    image-79529.png

  3. Select the WordPress installations on which you want to install the uploaded theme.

    image-79271.png

  4. デフォルトで、新規アップロードしたテーマはアクティブになっていません。[インストール後にアクティブ化]チェックボックスをオンにして、アクティブにできます。

  5. [インストール]をクリックします。

テーマをアクティブにする

You can activate a theme installed on a particular installation or on all installations hosted on the server. A WordPress installation can have only one active theme at a time.

To activate a theme for a particular installation:

  1. Go to WordPress, and then go to the “Themes” tab of an installation card.
  2. テーマをスイッチオンしてアクティブにします。以前にアクティブだったテーマが自動的に非アクティブになります。

To activate a theme for all installations hosted on the server:

  1. [WordPress] > [テーマ]タブに進みます。

  2. アクティブにするテーマの横で[アクティブ化]をクリックします。

    image-79530.png

テーマを削除する

You can remove themes from a particular installation or from all installations belonging to a subscription. Note that you cannot remove an active theme. Before removing a currently active theme, activate another theme first.

To remove themes from a particular installation:

  1. Go to WordPress, and then go to the “Themes” tab of an installation card.
  2. 削除したいテーマの横の image-79517.png アイコンをクリックします。複数のテーマを削除するには、削除対象を選択して[削除]をクリックします。
  3. [はい]をクリックします。

To remove themes from all installations of the subscription:

  1. [WordPress] > [テーマ]タブに進みます。
  2. 削除したいテーマを選択し、[アンインストール]をクリックしてから[はい]をクリックします。

テーマを更新する

If a theme needs updating, you will see “Updates” next to the theme on the “Themes” tab of an installation card. You can update not only free themes but also paid ones if they can be updated in the usual way in the WordPress admin dashboard.

注釈: WordPress Toolkit can update paid themes that require a license if the license is present. WordPress Toolkit cannot update paid themes that use non-standard update methods.

以下が可能です。

To update themes on multiple installations:

  1. [WordPress] > [テーマ]タブに進みます。

  2. 更新したいテーマの横の[バージョン ... に更新]をクリックします。更新について詳しくは、[詳細を表示]をクリックしてください。wordpress.org のテーマページが開きます。

    注釈: テーマを更新する前に契約をバックアップするように WordPress Toolkit から指示されます。更新によりウェブサイトが破損する恐れがある場合、バックアップを作成するか、 Smart Updates を使用してください。

  3. [はい]をクリックします。

WordPress のセキュリティを強化する

WordPress Toolkit can enhance the security of WordPress installations (for example, by turning off XML-RPC pingbacks, checking the security of the  wp-content folder, and so on). You can see an installation’s security status on its card, below the screenshot of the website. If you see “warning” or “danger” next to “Security status”, we recommend that you secure your installation.

image-79492.png

We call individual improvements you can make to an installation’s security “measures”. We consider certain measures to be critical. For that reason, WordPress Toolkit applies them automatically to all newly created installations.

注釈: Some security measures, once applied, can be rolled back. Some cannot. We recommend that you back up the corresponding subscription before securing a WordPress installation.

You can secure WordPress installations individually or multiple installations at a time.

To secure an individual WordPress installation:

  1. Go to WordPress, choose the installation you want to secure, and then click “View” next to “Security status” on the installation card.
  2. WordPress Toolkit により、適用可能なセキュリティ措置が表示されるまで待ちます。
  3. 適用するセキュリティ措置を選択して[セキュリティ強化]をクリックします。

選択したすべての措置が適用されます。

To secure multiple WordPress installations:

  1. [WordPress]に移動し、[セキュリティ]をクリックします。
  2. You will see the list of your WordPress installations. For every installation, you can see how many critical (indicated by the image-79670.png icon) and recommended (the image-79671.png icon) security measures can be applied to it. To see the list of measures that can be applied, click the corresponding icon. If all security measures are applied, you will see the image-79672.png icon instead.
  3. (Optional) To see more information about all security measures and to manage them for an individual WordPress installation, click image-79673.png next to the desired installation. To return to managing security of multiple installations, click image-79674.png next to “Security Status Of Selected Installations”.
  4. Select installations to which you want to apply security measures and then click Secure.
  5. デフォルトで、重要なセキュリティ措置のみが適用対象として選択されます。以下も選択できます。
    • お好みのセキュリティ措置。
    • [すべて(重要および推奨)]ラジオボタンをオン。オンにすると、すべてのセキュリティ措置を一度に選択できます。
  6. [セキュリティ保護]をクリックします。

選択した措置が適用されます。

セキュリティ措置をロールバックする

In rare cases, applying security measures can break your website. In this case, you can roll back the security measures you have applied. You can do this for an individual WordPress installation or for multiple WordPress installations at a time.

To roll back applied security measures for an individual installation:

  1. Go to WordPress, choose the installation for which you want to revert an applied measure, and then click “View” next to “Security status” on the installation card.
  2. WordPress Toolkit にセキュリティ措置のリストが表示されるまで待ちます。
  3. 元に戻すセキュリティ措置を選択して[Revert(戻す)]をクリックします。

適用されたセキュリティ措置がロールバックされます。

To roll back applied security measures for multiple installations:

  1. [WordPress]に移動し、[セキュリティ]をクリックします。
  2. You will see the list of WordPress installations hosted on the server and whether critical and recommended security measures were applied to them or not.
  3. (Optional) To see more information about all security measures and to manage them for an individual WordPress installation, click image-79673.png next to the desired installation. To return to managing security of multiple installations, click image-79674.png next to “Security Status Of Selected Installations”.
  4. Select installations for which you want to roll back security measures and then click Revert.
  5. ロールバックするセキュリティ措置を選択して[Revert(戻す)]をクリックします。

適用されたセキュリティ措置がロールバックされます。

WordPress サイトを複製する

WordPress サイトを複製すると、ウェブサイトファイル、データベース、設定がすべて含まれる完全なウェブサイトのコピーが作成されます。

次のような状況で WordPress サイトを複製する必要が生じます。

  • 別のドメインまたはサブドメインで WordPress サイトの非公開(ステージング)バージョンを管理している。このバージョンを本番ドメインに発行して一般に公開する。
  • 一般公開している(本番)WordPress サイトがある。この非公開(ステージング)コピーを作成し、本番サイトに影響を与えずに変更を加えたい。
  • 事前構成した設定、プラグイン、テーマで WordPress サイトの「マスター」コピーを作成し、これを複製してクライアント用に新しい開発プロジェクトを開始したい。
  • WordPress サイトのコピーを複数作成し、それぞれに異なる変更を加えたい(たとえば、クライアントに見せて、気に入ったものを選んでもらうため)。

注釈: By default, on cloned WordPress installations, the “Search engine indexing” option is turned off. To turn this option on for cloned WordPress installations, go to WordPress, go to the "Settings" tab, and then clear the “Turn off Search Engine Indexing for cloned installations” checkbox.

WordPress サイトを複製する:

  1. [ウェブサイトとドメイン]に進み、右側のメニューで[WordPress]をクリックします。

    image-78092.png

  2. 複製したい WordPress インスタンスの名前の横にある[複製]ボタンをクリックします。

    image-78078.png

  3. [新しいサブドメイン]をクリックし、WordPress サイトをどこに複製するかを選択します。

    image-78094.png

    選択可能なオプションから 1 つ選択します。

    • [新しいサブドメイン]- WordPress Toolkit は、デフォルトのステージングプレフィックスで新しいサブドメインの作成を提案します。これを使用するか、必要なサブドメインプレフィックスを入力します。

      注釈: デフォルトのサブドメインプレフィックスを変更できます。これには、WordPress**に移動して[設定]タブを開き、[デフォルトの複製用サブドメインプレフィックス]フィールドに必要なプレフィックスを指定して、**[OK]をクリックします。

    • [既存のドメインまたはサブドメイン]-同じ契約または別の契約上で既存のドメインまたはサブドメインを使用する。必要なドメインまたはサブドメインをリストから選択します。

      image-78080.png

      注釈: 複製先として選択するドメインまたはサブドメインが既存のウェブサイトで使用されていないことを確認してください。複製中に、複製先にあるウェブサイトのデータが上書きされ、復元できなくなる可能性があります。

  4. 複製中に、作成中の WordPress インスタンスにデータベースが作成されます。自動生成されたデータベースの名前(たとえば wordpress_9)を変更するには、名前をクリックします。Plesk に複数の MySQL サーバが登録されている場合、このデータベースをホストするサーバを選択することができます。

    image-78159.png

  5. 選択した複製先とデータベース名でよければ、[OK]をクリックします。

    image-78084.png

複製が終了すると、WordPress インスタンスのリストに新しく複製されたインスタンスが表示されるようになります。

WordPress サイトの同期

WordPress サイトのコンテンツ(ファイルとデータベースを含む)を、他の WordPress サイトと同期できます。

たとえば、ステージングバージョンの WordPress サイトを別ドメインまたは別サブドメインで管理しており、本番バージョンを本番ドメインで管理しているとします。次のような状況で WordPress サイトを同期する必要が生じます。

  • ステージングバージョンで加えた変更を本番バージョンにコピーしたい。
  • 本番サイトからステージングサイトへデータをコピーして、本番データで変更(新しいプラグインなど)がどのように機能するかを確認したい。すべて正常に機能することを確認してから、変更を本番サイトにコピーできます。
  • ステージングサイトにいくつかの変更(新しいプラグインのインストールなど)を加え、これらの変更によりデータベースに新しいテーブルが追加されている。これらのテーブルだけを本番サイトにコピーできるため、他のデータに影響はありません。
  • ステージングサイトを新規リリースされた WordPress バージョンにアップグレードし、アップグレード後に発生した問題(もしあれば)を修正した。これらの変更を本番サイトにも適用したい。
  • WordPress ファイル、WordPress データベース、またはファイルとデータベースの両方を同期することを選択できます。データベースを同期する場合、すべてのテーブルを同期するか、同期元サーバにはあるが同期先サーバにはないテーブルを同期するかを選択できます。または、同期するデータベーステーブルを個別に指定することができます。

同期を実行するときは、以下に注意してください。

  • 選択したデータが同期元のサイトから同期先のサイトへコピーされます。移行元と移行先の両方に存在するファイル/データベーステーブルが移行元と移行先で同一ではない場合、これらは移行元から移行先にコピーされます。移行先にしか存在しないファイル/データベーステーブルは影響を受けません。
  • 同期中、移行先サイトは メンテナンス モードになり、一時的に使用できなくなります。
  • 移行先サイトの WordPress バージョンが移行元サイトより古い場合、WordPress Toolkit により、移行元サイトにインストールされたバージョンと同じバージョンに移行先サイトの WordPress がアップグレードされてから、同期が実行されます。
  • 移行元サイトの WordPress バージョンが移行先サイトのバージョンより古い場合、同期は中止されます。データを同期するには、移行元の WordPress を、移行先にインストールされたバージョン以上のバージョンにアップグレードする必要があります。
  • 移行元と移行先でデータベースプレフィックスが異なる場合、同期中に WordPress Toolkit により、移行先サイトのデータベースプレフィックスが移行先に合わせて変更されます。
  • Synchronization of data between a regular WordPress installation and a multisite one is not supported. We recommend using cloning instead.

注釈: 同期中、同期元からコピーされたファイルとデータベーステーブルによって、同期先にあるファイルとデータベーステーブルが上書きされます。同期を開始する前に同期先のファイルとデータベーステーブルに加えた変更はすべて警告なく破棄され、失われます。

注釈: 同期したい WordPress ウェブサイトにキャッシングプラグインをインストールしている場合、同期する前に同期元ウェブサイトでキャッシュをクリア してください。クリアしないと、同期先ウェブサイトが正しく機能しなくなる可能性があります。

WordPress サイトのデータを別のサイトと同期するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]に進み、右側のメニューで[WordPress]をクリックします。

    image-78667.gif

  2. 同期したい WordPress インスタンスの名前の横にある[同期]ボタンをクリックします。

    image-78669.png

  3. [ターゲット WordPress インストール]の下で、データを同期したい同期先 WordPress インスタンスを選択します。この WordPress インスタンスは、同じ契約と紐付けられていても、別の契約の紐付けられていても構いません。

    image-78670.gif

  4. [コピーするコンテンツの選択]の下で、同期先の WordPress サイトと同期したいデータを選択します。以下のオプションが使用できます。

    • ファイルのみ(デフォルトオプション)- ウェブサイトファイル(WordPress のコアファイル、テーマとプラグインに関連するファイルを含む)のみを同期します。

      注釈: wp-config、. htaccessweb.config ファイルは同期されません。これらのファイルを変更すると、WordPress が正しく動作しなくなる可能性があるためです。

    • データベースのみ - データベースのみを同期します。インポート対象は、すべてのデータベーステーブル、新規のデータベーステーブル、または選択したデータベーステーブルから選択できます(詳しくは、下の「データベースの同期」セクションを参照してください)。

    • ファイルとデータベース - ウェブサイトファイルとデータベースの両方を同期します。該当するオプションを選択することで、インポート対象をすべてのデータベーステーブル、新規のデータベーステーブル、または選択したデータベーステーブルから選択できます(詳しくは、下の「データベースの同期」セクションを参照してください)。

  5. 選択した同期先とコンテンツでよければ、[OK]をクリックします。

    image-78671.gif

同期が終了すると、同期元の WordPress インスタンスの設定が表示されます。ここで、前回同期を実行した時間を確認できます。

image-78672.gif

データベースの同期

データベースの同期を選択した場合(つまり、[データベースのみ]または[ファイルとデータベース]オプションを選択した場合)、同期するデータベーステーブルを指定する必要があります。

  • すべてのテーブル(デフォルトオプション)

  • 新規テーブル

  • 選択されたテーブル:このオプションを選択すると、選択可能なデータベーステーブルのリストが表示され、同期対象のテーブルを選択できます。ページ、投稿、ユーザを除くすべての変更を同期したい場合は、対応するリンクをクリックして、サフィックスが _postmeta_posts_username_users のテーブルを除くすべてのデータベーステーブルを選択できます。

    image-78673.gif

Updating a Website URL

If you have moved a website from a different server, the website URL may change. In this case, your migrated WordPress installation will not work until the website URL is updated in WordPress. Previously, you had to do this manually. Now WordPress Toolkit can update the website URL automatically.

To update the website URL:

  1. Go to WordPress, choose the card of the website that you have migrated, click the image-79476.png button, and then click Update Site URL.
  2. WordPress Toolkit compares the actual website URL with the one specified in the WordPress database and in wp-config.php:
    • If the URLs match, then your website URL is up to date. Click Back to return to the website card.
    • If the URLs do not match, replace the URL specified in WordPress with the actual URL by clicking Update.

You have ensured that your website is online.

ウェブサイトをパスワードで保護する

パスワードを設定することで、WordPress ウェブサイトへのアクセスを保護できます。パスワード保護されたウェブサイトへのすべての訪問者は、有効なユーザ名とパスワードを入力しなければウェブサイトコンテンツを閲覧できません。

image-78646.png

パスワード保護が有益なのは以下のような状況です。

  • ウェブサイトを開発中なので、自分以外に表示したくない。
  • ウェブサイトのデモバージョンを特定の訪問者にのみ表示したい。

WordPress ウェブサイトをパスワードで保護するには:

  1. Go to WordPress, choose the installation you want to protect with a password, and then switch on “Password protection”.
  2. Create or generate a password. If desired, you can also change the username (the installation's administrator username is used by default).
  3. [保護]をクリックします。

[パスワード保護]を無効にするには、これをオフにします。

Setting up a Regular Run of wp-cron.php

The wp-cron.php file is a virtual cron job (or scheduled task) WordPress uses to automate certain operations, for example, checking for plugins or themes updates, sending email notifications, and so on. By default, WordPress runs the wp-cron.php task every time someone visits your website. If you want WordPress operations to be performed regularly and on schedule, you need to disable the default wp-cron.php execution. If your website has high traffic, scheduled wp-cron.php execution may also improve the website load time.

To disable wp-cron.php on a particular WordPress installation:

  1. Go to WordPress and choose the WordPress installation for which you want to disable the default wp-cron.php execution.

  2. Turn on “Disable wp-cron.php” on the installation card.

    The default wp-cron.php execution is now disabled. Instead, WordPress Toolkit has automatically created a scheduled task, which will now run wp-cron.php every 30 minutes.

  3. (Optional) You may want to run wp-cron.php on a different schedule. To do so, click “Setup”, change the default 30-minute interval, and then save changes.

    注釈: The “Setup” link is displayed if you have the permission to manage scheduled tasks.

The Plesk administrator can disable wp-cron.php on all new WordPress installations.

Prior wp-cron.php Configurations

You may have already disabled wp-cron.php without WordPress Toolkit by using the following ways:

  • Editing the wp-config.php file. In this case, WordPress Toolkit will detect this change and adjust the “Disable wp-cron.php” toggle.
  • Creating a scheduled task. In this case, WordPress Toolkit will create another one once you disable wp-cron.php in the WordPress Toolkit interface. You can either keep two tasks (it will not much affect the performance) or delete your task and keep the task created by WordPress Toolkit.

メンテナンスモード

WordPress ウェブサイトがメンテナンスモードになると、このウェブサイトのコンテンツは訪問者に表示されなくなり、変更や何らかの影響を与えることはできなくなります。ウェブサイトがメンテナンスモードのときに訪問者がアクセスすると、ウェブサイトのコンテンツではなくメンテナンス画面ウェブページが表示されます。

image-79479.png

メンテナンスモードに切り替える

WordPress ウェブサイトは、次の場合にメンテナンスモードになります。

  • Upgrading your WordPress installation.
  • Synchronizing WordPress installations via WordPress Toolkit.

ウェブサイトに変更を加え、訪問者から一時的に隠したい場合、手動でメンテナンスモードにできます。

WordPress ウェブサイトをメンテナンスモードにするには:

  1. Go to WordPress and choose the WordPress installation you want to put into maintenance mode.
  2. Switch on “Maintenance mode” on the installation card.

ウェブサイトのメンテナンスモードを解除するには、[メンテナンスモード]をオフにします。

メンテナンスページをカスタマイズする

Plesk WordPress Toolkit により、メンテナンスページの特定の属性を変更し、より詳細な情報を提供することができます。たとえば、以下が可能です。

  • メンテナンスページに表示されるテキストを変更する
  • カウントダウンタイマーを追加する
  • ソーシャルネットワークページへのリンクを提供または削除する

メンテナンスページをカスタマイズするには:

  1. Go to WordPress, choose the WordPress installation whose maintenance page you want to customize, and then click “Setup” next to “Maintenance mode” on the installation card.

  2. [画面テキスト]セクションでは、表示されるテキストを変更できます。HTML タグを使用してテキストの表示をフォーマットします。

  3. [タイマー]セクションでは、メンテナンスページに表示されるカウントダウンタイマーをセットアップし、オンにすることができます。

    注釈: このタイマーは、ダウンタイムの推定残り時間を訪問者に示すだけのものです。カウントダウンが終了しても、ウェブサイトはメンテナンスモードから復帰しません。手動で操作する必要があります。

  4. [ソーシャルネットワークリンク]セクションで、ソーシャルネットワークページ(Facebook、Twitter、Instagram)へのリンクを提供または削除します。

  5. [OK]をクリックします。

コーディングスキルがあれば、上記のオプション以外にもメンテナンスページをカスタマイズすることができます。

特定のウェブサイトに対してメンテナンスページをカスタマイズするには:

  1. Go to WordPress, choose the WordPress installation whose maintenance page you want to customize, and then click “Setup” next to “Maintenance mode” on the installation card.
  2. [カスタマイズ]をクリックし、コードエディタでメンテナンスページのテンプレートを編集します。
  3. [OK]をクリックします。

デフォルトのメンテナンスページを復元する

必要に応じて、デフォルトのメンテナンスページを復元することができます。

デフォルトのメンテナンスページを復元するには:

  1. Go to WordPress and choose the WordPress installation whose maintenance page you want to reset to default.
  2. Click “Setup” next to “Maintenance mode” on the installation card and then click Restore Default.