ホスティングパッケージに含まれる IP アドレスを表示するには、[ツールとユーティリティ] > [IP アドレス]に進みます。

image-76976.png

IP アドレスのリストと以下の補足情報が表示されます。

  • IP アドレスがネットワークインターフェースで正しく構成されている場合、**[S]**(ステータス)列に image-75123.png アイコンが表示されます。プロバイダがリセラーの IP アドレスをネットワークインターフェースから削除すると、image-62126.gif アイコンが表示されます。

  • リセラーに専用 IP アドレスが割り振られている場合、**[T]**(タイプ)列に image-62128.gif アイコンが表示されます。サービスプロバイダの他の顧客と IP アドレスを共用している場合は image-75124.png アイコンが表示されます。専用 IP アドレスは、他のユーザに使用される可能性がないため、以下のいずれかのホスティングに使用できます。

    • SSL(Secure Sockets Layer)暗号化によって保護されている単一の e-コマースウェブサイト

    または

    • SSL 暗号化を必要としない複数のウェブサイト

      注釈: 共用 IP アドレスは、e-コマース以外のウェブサイトのホスティングにのみ使用してください。

  • [証明書]の列は、(どのドメイン名の)どの SSL/TLS 証明書が IP アドレスに紐付けられているのかを示します。

  • [FTP over SSL/TLS]列(Windows ベースサーバ上)は、この IP アドレスでホストされているいずれかのドメインで、セキュアな FTP 接続(SSL 経由の FTP)を使用できるかどうかを示します。

  • [ホスティング]列は、IP アドレスでホストされるウェブサイトの数を示します。これらのウェブサイトのドメイン名を表示するには[ホスティング]列で数字をクリックします。

IP アドレスに対して、以下の作業を実行することができます。

  • IP 割り当てタイプを変更する。IP アドレスをウェブサイトのホスティングに使用する前に、共用にするか専用にするか指定することができます。これにより、Plesk が共用 IP アドレスと専用 IP アドレスを識別できるようになり、複数の顧客に専用 IP アドレスを使用することはできなくなります。専用 IP アドレスは単一の顧客の契約でのみ使用でき、共用 IP アドレスは複数の顧客の契約で共用できます。真正の電子証明書による SSL/TLS 保護および匿名 FTP サービスを使用できるのは、専用 IP アドレスを使用する専用ホスティングアカウントのみです。共用ホスティングアカウントでも SSL/TLS 保護を使用できますが、このような保護サイトに訪問すると、閲覧者のブラウザにエラーメッセージが表示されます。
  • IP アドレスに SSL/TLS 証明書を割り当てる。これにより、選択した SSL/TLS 証明書が、この IP アドレスでホストされるすべてのウェブサイトに割り当てられます。
  • デフォルトのウェブサイトを選択する。ユーザは IP アドレスを入力することによってサーバ上のウェブリソースを参照できますが、同じアドレスで複数のウェブサイトがホストされている可能性があり、どのサイトを表示するのかを Plesk が認識できる必要があります。その IP アドレスで最初に作成されたウェブサイトが自動的にデフォルトウェブサイトになりますが、他のウェブサイトをデフォルトにすることもできます。

IP アドレスの割り当てタイプ(共用、専用)を変更する、他の SSL/TLS 証明書を IP アドレスに割り当てる、またはデフォルトウェブサイトを選択するには:

  1. [ツールとユーティリティ] > [IP アドレス]に進み、必要な IP アドレスをクリックします。
  2. 必要な変更を加え、[OK]をクリックします。