PHP パラメータをカスタマイズする

Plesk インターフェースで、個別のサービスプラン、アドオンプラン、契約、ウェブサイト、サブドメインに対して PHP 設定を調整できます。リストから必要な値を選択するか、カスタム値を指定して、よく使用される PHP パラメータの値を変更できます。panel.ini ファイルを編集して、このシナリオに以下の変更を加えることができます。

  • PHP パラメータが受け付ける事前定義値を決定する。
  • PHP パラメータのデフォルト値を変更する。
  • PHP パラメータへのカスタム値の指定を禁止する。
PHP パラメータが受け付ける事前定義値を決定する

大部分の PHP パラメータでは、事前定義値のリストから値を 1 つ選択できます。panel.ini ファイルに以下のパターンに従って 1 行以上追加することで、ある PHP パラメータが受け付ける事前定義値のカスタムリストを作成できます。

[php]
settings.<parameter_group>.<parameter_name>.values[]=<value>

ここで、

  • <parameter_group> は、選択した PHP パラメータが属しているグループです。PHP パラメータのグループについて詳しくは、後述の「PHP パラメータとパラメータグループ」を参照してください。
  • <parameter_name> は、選択した PHP パラメータの名前です。php.ini と同じ構文を使用してください。
  • <value> は、リストに追加したいパラメータの事前定義値です。php.ini と同じ構文を使用してください。

リストに表示させたい事前定義値 1 つにつき 1 行追加する必要があります。

たとえば、memory_limit パラメータが受け付ける値は、デフォルトで8M16M32M64M128M です。選択肢を 64M128M に限定したい場合、panel.ini ファイルに以下の行を追加します。

[php]
settings.performance.memory_limit.values[]="64M"
settings.performance.memory_limit.values[]="128M"

2

PHP パラメータのデフォルト値を変更する

大部分の PHP パラメータでは、事前定義値のリストに含まれる値の 1 つがデフォルト値として指定されています。このデフォルト値は、ユーザが別の値を手動で選択するまで有効です。PHP パラメータのデフォルト値を変更するには、panel.ini ファイルに以下のパターンに従って 1 行追加します。

[php]
settings.<parameter_group>.<parameter_name>.default=<value>

ここで、

  • <parameter_group> は、選択した PHP パラメータが属しているグループです。PHP パラメータのグループについて詳しくは、後述の「PHP パラメータとパラメータグループ」を参照してください。
  • <parameter_name> は、選択した PHP パラメータの名前です。php.ini と同じ構文を使用してください。
  • <value> は、選択したパラメータに設定したいデフォルト値です。php.ini と同じ構文を使用してください。

たとえば、open_basedir パラメータのデフォルト値は {WEBSPACEROOT}{/}{:}{TMP}{/} です。これを none に変更するには、panel.ini ファイルに以下の行を追加します。

[php]
settings.general.open_basedir.default="none"

4

この例では、noneopen_basedir の事前定義値のリストにデフォルトで含まれています。PHP パラメータに設定したいデフォルト値が事前定義値のデフォルトリストに含まれていないことも考えられます。その場合、まず事前定義値のカスタムリストを作成する必要があります。

たとえば、execution_time パラメータのデフォルト値を 180 に変更するには、panel.ini に以下の行を追加します。

[php]
settings.performance.max_execution_time[]=30
settings.performance.max_execution_time[]=60
settings.performance.max_execution_time[]=90
settings.performance.max_execution_time[]=120
settings.performance.max_execution_time[]=180 ; adds 180 to the list of predefined values
settings.performance.max_execution_time.default=180
PHP パラメータへのカスタム値の指定を禁止する

一部の PHP パラメータでは、事前定義値のリストから値を選択する代わりに、ユーザがカスタム値を指定することができます。PHP パラメータへのカスタム値の指定を禁止するには、panel.ini ファイルに以下のパターンに従って 1 行追加します。

[php]
settings.<parameter_group>.<parameter_name>.custom=false

ここで、

  • <parameter_group> は、選択した PHP パラメータが属しているグループです。PHP パラメータのグループについて詳しくは、後述の「PHP パラメータとパラメータグループ」を参照してください。
  • <parameter_name> は、選択した PHP パラメータの名前です。php.ini と同じ構文を使用してください。

PHP パラメータへのカスタム値の指定を禁止すると、ユーザは事前定義値のリストから値を選択することしかできなくなります。

たとえば、error_reporting パラメータへのカスタム値の指定を禁止するには、panel.ini ファイルに以下の行を追加します。

[php]
settings.general.error_reporting.custom=false
PHP-FPM パラメータをカスタマイズする

fpm グループに属する PHP パラメータをカスタマイズするには、panel.ini ファイルに以下の行を追加します。

[php]
settings.fpm.pm.start_servers.custom=true
settings.fpm.pm.min_spare_servers.custom=true
settings.fpm.pm.max_spare_servers.custom=true

これは PHP-FPM パラメータのあらゆるカスタマイズで行う必要があります(PHP-FPM パラメータが受け付ける事前定義値の決定、デフォルト値の変更、カスタマイズ値の指定の禁止など)。すべての PHP-FPM パラメータは、以下の表の「fpm(Linux のみ)」パラメータグループに記載しています。

たとえば、pm.max_children パラメータのデフォルト値を 20 に変更するには、panel.ini に以下の行を追加します。

[php]
settings.fpm.pm.start_servers.custom=true
settings.fpm.pm.min_spare_servers.custom=true
settings.fpm.pm.max_spare_servers.custom=true
settings.fpm.pm.pm.max_children[]=20
settings.fpm.pm.pm.max_children.default=20
PHP パラメータとパラメータグループ

以下は、PHP パラメータグループとパラメータのリストです。

PHP パラメータグループ

PHP パラメータ名

performance

 

memory_limit

max_execution_time

max_input_time

post_max_size

upload_max_filesize

opcache.enable

wincache.ocenabled

apc.enabled

xcache.cacher

disable_functions

general

safe_mode

safe_mode_include_dir

safe_mode_exec_dir

include_path

session.save_path

mail.force_extra_parameters

register_globals

open_basedir

error_reporting

display_errors

log_errors

allow_url_fopen

file_uploads

short_open_tag

magic_quotes_gpc

fpm(Linux のみ)

pm.max_children

pm.max_requests

pm

pm.start_servers

pm.min_spare_servers

pm.max_spare_servers

fastCgi(Windows のみ)

maxInstances

activityTimeout

requestTimeout

instanceMaxRequests

queueLength

rapidFailsPerMinute