ウェブアプリケーション

多くの顧客にとって、ウェブホスティングアカウントを購入するのは様々なウェブアプリケーションを実行するためです。ウェブアプリケーションには、ウェブメール、CRM、e コマースシステム、ブログ、画像ギャラリーなどがあります。このようなユーザの多くは、技術不足や経験不足のためにこれらのアプリケーションを自分でインストールできず、サービスプロバイダに作業を依頼することになります。その結果、プロバイダのスタッフが、アプリケーション管理に関する煩雑な作業に追われることになります。ウェブアプリケーションのインストール(およびメンテナンス)作業を簡素化し、スタッフの負担を軽減するために、Plesk は無償または有償のアプリケーションの数々を提供しており、ユーザが顧客パネルから直接入手することができます。

様々な要因によって、顧客に提供されるアプリケーションが決まります。たとえばアプリケーションリストは、サービスプランまたは契約のプロパティ、ローカルリポジトリの設定などの要因によって制御されます。アプリケーションリストがどのように決まるのかは、「顧客に提供されるアプリケーションはどのように決まるのか」セクションを参照してください。

アプリケーションの種類

Plesk では、次の 2 種類のアプリケーションを提供しています。

  • ウェブサイトに直接インストールするアプリケーション(WordPress ブログプラットフォーム、Joomla! コンテンツ管理システムなど)。
  • ウェブサイトにインストールする必要がないアプリケーション。主に、ウェブ上で提供されている外部アプリケーションであり、サービスへのリンクのみが提供されます(ビデオ会議サービスの iMind や、オンラインオフィススイートの OfficeDrive など)。

アプリケーションには、無償のものと有償のものがあります。有償のアプリケーションは、使用開始時にライセンスキーを入力する必要があります。

アプリケーションのインストールとメンテナンス

インストール作業に、特別なスキルは不要です。顧客がアプリケーション設定(管理者クレデンシャルなど)を指定するだけで Plesk がアプリケーションをインストールします。アプリケーションの更新や削除も Plesk で直接行われるため、インストール後のアプリケーション管理が容易です。さらに、顧客がアプリケーションにログインすることなく、その機能の一部を顧客パネルから実行することができます。たとえば、顧客パネルから新しい WordPress テーマをアップロードすることや、SugarCRM ユーザアカウントを追加することが可能です。このようなアプリケーション機能はサービスとして顧客に提供されます。

アプリケーションのバックアップと復元

アプリケーションは Plesk の標準的なバックアップ方法(backup ユーティリティ)によってバックアップされます。バックアップは契約ごとに行われるため、ある契約に含まれるすべてのアプリケーションを一度にバックアップする必要があります。バックアップ内のアプリケーションは、他の契約データとともに復元されます。

アプリケーションヴォルトとアプリケーションカタログ

アプリケーションの使用に制限がない場合、顧客パネルのアプリケーションリストに、以下の 2 つのリポジトリにあるすべてのアプリケーションが表示されます。

  1. アプリケーションカタログ - Plesk が提供するリモートリポジトリ。アプリケーションの主要なソースです。
  2. アプリケーションヴォルト - Plesk 内のローカルリポジトリ。それぞれの Plesk に独自のアプリケーションヴォルトがあり、サーバ管理パネル([サーバ管理]>[ツールと設定]>[アプリケーションヴォルト])からアクセスできます。

アプリケーションヴォルトの主な目的:

  • プロバイダが独自の APS パッケージをアップロードして、提供できるアプリケーションを増やす。
    これは、顧客に提供するアプリケーションがアプリケーションカタログに含まれていない場合が該当します。
  • アプリケーションカタログからインストールしたアプリケーションにアップデートを適用する。
  • アプリケーションカタログからダウンロードしたアプリケーションに対して制御を加える。
    カタログからヴォルトにアプリケーションをダウンロードして、一部のオプションを制御できます。たとえば、顧客への表示/非表示の設定を変更することや、サーバ全体の設定を構成することができます。

アプリケーションヴォルトでのアプリケーションの管理については、「アプリケーションヴォルト」セクションを参照してください。

つまり、アプリケーションヴォルトは、アプリケーションのローカルリポジトリというだけではなく、アプリケーションカタログ内のアプリケーションのバージョン管理、表示管理、およびサーバ全体の設定を行うためのツールです。アプリケーションヴォルトについて理解を深めるには、「顧客に提供されるアプリケーションはどのように決まるのか」セクションの説明を参照してください。

Plesk サーバ間でアプリケーションを共有する

アプリケーションヴォルトに APS パッケージを追加すると、そのプロバイダの顧客に対してのみアプリケーションが提供されます。別の Plesk サーバのユーザにもアプリケーションを共有したい場合は、このアプリケーションをアプリケーションカタログに追加する必要があります。カタログに追加できるのは、アプリケーションの円滑なインストールと管理のために規定された APS(Application Packaging Standard)規格に準拠しているアプリケーションのみです。アプリケーションをパッケージした後で、認定を受ける必要があります。詳しくは、http://apsstandard.org/learn を参照してください。

このセクションの内容:

顧客に提供されるアプリケーションはどのように決まるのか

アプリケーションヴォルト