Plesk のデータバックアップ機能と復元機能を使用して、以下の操作を実行できます。

  • サーバ全体のバックアップ
  • 個別ユーザアカウントのバックアップ(ウェブサイトを含む)
  • 個別契約のバックアップ
  • バックアップのスケジューリング
  • バックアップアーカイブからのデータの復元

以下の表は、様々なレベルのバックアップに含まれるオブジェクトの概要を示します。

サーバレベル 構成のみ
  • Plesk ライセンスキー
  • システムサービス、アカウント、サイト、データベース、メールボックス、メーリングリストの設定および構成
  • SSL/TLS 証明書
  • DNS 情報
  構成およびコンテンツ

上のすべてと、以下のオブジェクト:

  • ウェブサイトのコンテンツ
  • メールのコンテンツ
  • メーリングリストのコンテンツ
  • データベースのコンテンツ
  • ログと統計
  • カスタムエラーページ
ユーザアカウントレベル 構成のみ
  • アカウント、サイト、データベース、メールボックス、メーリングリストの設定および構成
  • SSL/TLS 証明書
  • DNS 情報
  構成およびコンテンツ

上のすべてと、以下のオブジェクト:

  • ウェブサイトのコンテンツ
  • メールのコンテンツ
  • メーリングリストのコンテンツ
  • データベースのコンテンツ
  • ログと統計
  • カスタムエラーページ
契約レベル 構成のみ
  • 契約、サイト、データベース、メールボックス、メーリングリストの設定および構成
  • SSL/TLS 証明書
  • DNS 情報
  構成およびコンテンツ

上のすべてと、以下のオブジェクト:

  • ウェブサイトのコンテンツ
  • メールのコンテンツ
  • メーリングリストのコンテンツ
  • データベースのコンテンツ
  • ログと統計
  • カスタムエラーページ

以下の表は、様々なレベルのバックアップに含まれないオブジェクトと設定を示します。

サーバレベル
  • バックアップ設定(FTP 設定、スケジュールされたバックアップ、グローバルバックアップ設定)

  • ファイアウォールルール

  • 追加管理者アカウント

  • 選択されたメール/DNS サーバ

  • DB サーバ

  • インストールされた拡張とその設定

  • Plesk 内部設定:

    (Plesk for Linux) /usr/local/psa/admin/conf/panel.ini

    (Plesk for Windows) %plesk_dir%\admin\conf\panel.ini

  • PHP インタープリタ設定:

    (Plesk for Linux) /usr/local/psa/admin/conf/php.ini

    (Plesk for Windows) %plesk_dir%\admin\conf\panel.ini

  • Plesk での認証用の XML API コールで使用できる秘密キー: /etc/psa/private/secret_key

リセラーレベル
  • バックアップ設定(FTP 設定、スケジュールされたバックアップ)
顧客レベル
  • バックアップ設定(FTP 設定、スケジュールされたバックアップ)
契約レベル
  • バックアップ設定(FTP 設定、スケジュールされたバックアップ)

注釈: 顧客/リセラー/契約を削除すると、この顧客、リセラー、契約のレベルで作成されたすべてのバックアップが、内部 Plesk ストレージから削除されます。

バックアップを保存する

バックアップは、次の 2 つの場所に格納できます。

  • 内部 Plesk ストレージ - Plesk サーバ上にあるバックアップストレージ
  • 外部 FTP ストレージ - ウェブ上またはプロバイダのローカルネットワーク内にある外部サーバ上のバックアップストレージ。この場合、該当するサーバのホスト名と FTP ユーザのクレデンシャルを Plesk に指定する必要があります。

フルバックアップと増分バックアップ

Plesk は以下の 2 種類のバックアップをサポートします。

  • フル: バックアップを作成するたびに、データの最終更新日時を問わずすべてのデータがバックアップに含まれます。
  • 増分: 増分バックアップには、前回バックアップを作成した日時以降に変更されたデータのみが含まれます。

増分バックアップを使用すると、バックアップの処理時間が飛躍的に短縮され、バックアップファイルが占有するディスク容量を抑えることができます。

詳しくは、「 増分バックアップ 」を参照してください。

顧客が作成するバックアップ

バックアップおよび復元機能の使用権限が付与されている顧客は、顧客パネルから独自のアカウント設定およびウェブサイトをバックアップし、復元することができます。顧客、リセラー、リセラーの顧客の顧客パネルに、バックアップリポジトリへのショートカットが追加されます( [ウェブサイトとドメイン]> [バックアップマネージャ] )。

Plesk ユーザは、バックアップタスクのリスト( [ツールと設定]> [バックアップマネージャ] )で、バックアップを作成したユーザの役割(管理者、顧客、またはリセラー)を確認することができます。これにより、顧客は自ら作成したバックアップを契約のテクニカルバックアップから見分けることができます。テクニカルバックアップは、管理者またはリセラーがより大規模なバックアップの一環として顧客の契約をバックアップすると発生します。たとえば、Plesk 管理者がサーバレベルのバックアップを作成すると、顧客の契約もすべてバックアップされ、管理者が作成した契約バックアップとして顧客に表示されます。

image-75036.png

特定のバックアップが失敗すると、バックアップタスクの専用フィールドにエラーの詳細が表示されます。

パスワード保護されたバックアップを作成する

Plesk 11.0 以降では、バックアップ内の機密データをパスワードで保護できるようになりました。これにより、外部バックアップストレージでセキュリティ侵害が発生しても、攻撃者がバックアップデータにアクセスすることはできません。

バックアップのパスワードは、以下の方法で指定できます。

  • 個人リモートストレージ設定( [ウェブサイトとドメイン]> [バックアップマネージャ]> [リモートストレージ設定] )。
  • Plesk 内部のリポジトリから外部の場所にバックアップファイルをダウンロードするとき。

こうしたバックアップを Plesk に再びアップロードし、復元を試みると、保護に使用したパスワードの入力が求められます。