アンチスパムツール

Plesk の以下のツールを使用して、ユーザをスパムから保護することができます。

  • SpamAssassin スパムフィルタ: 強力なスパムフィルタであり、様々なローカルテストやネットワークテストを行ってスパムのシグネチャを識別します。

    このスパムフィルタを構成することで、メールサーバに届いた疑わしいメッセージを削除したり、そのようなメッセージの件名に「X-Spam-Flag:YES」や「X-Spam-Status: Yes」のようなヘッダを追加することができます。このうち件名の変更は、自分のコンピュータにインストールしたメールフィルタプログラムでメールをフィルタしたいユーザに便利です。

    SpamAssassin についての詳細は、http://spamassassin.apache.org を参照してください。

    SpamAssassin フィルタを構成してオンにするには、「SpamAssassin スパムフィルタをセットアップする」セクションに進んでください。

  • DKIM:DKIM は送信者認証に基づくスパム防御システムです。受信側システムは、DKIM が提供する仕組みを利用して、特定のドメインから送信されたメールが本当にそのドメインからのメール送信を許可されている人またはシステムから送信されたものであることを確認できます。送信者の確認が失敗した場合、そのメールメッセージは受信側システムで破棄されます。サーバで DKIM システムを構成するには、「DKIM による防御」セクションを参照してください。
  • DNS ブラックホールリスト: このスパム防御システムは、メールサーバからデータベースへの DNS 照会をベースにしています。このデータベースには、既知のスパムソースや記録されたスパムソースとともに、様々な動的 IP アドレスが含まれています。このデータベースに該当するエントリが見つかった場合、メールサーバは 550 番エラーを返すか、接続要求を拒否します。

    DNSBL データベースと連携するようにメールサーバを構成するには、「DNS ブラックホールリスト」セクションに進んでください。

  • SPF(Sender Policy Framework):(Linux ホスティングのみで有効)。このスパム防御システムも DNS 照会をベースにしており、なりすましメールアドレスからのスパム送信を減らすことを目的としています。SPF によってインターネットドメイン所有者は、そのドメインのユーザのためにメールを送信することが許可されているマシンのアドレスを指定できます。受信側に SPF が導入されていれば、このドメインから送信されたとしながらもドメインで許可される場所から送信されたのではないメールが、疑わしいメールとして処理されます。

    SPF について詳細は http://www.openspf.org/howworks.html を参照してください。

    SPF に基づくフィルタリングを有効化するには、「Sender Policy Framework システム(Linux)」セクションに進んでください。

  • サーバ全体のブラックリストとホワイトリスト:ブラックリストとホワイトリストはメールサーバの標準機能です。ブラックリストとホワイトリストを使用して、特定のサーバからのメールをブロックするか受信することができます。メールサーバは、自身への接続を確立しようとしているサーバのドメイン名と IP アドレスを取得します。このドメイン名と一致するエントリがブラックリストにあれば、メールサーバは接続を拒否します。これにより、スパムの疑いがあるメッセージを受信することはありません。一方、IP アドレスと一致するエントリがホワイトリストにあれば、メールサーバは送信者認証、グレイリスト、DNSBL などのスパム防御システムを使用せず、この送信者からのメッセージを受信します。
    サーバ全体に対してブラックリストとホワイトリストを設定するには、「サーバ全体に対するブラックリストとホワイトリスト」セクションに進んでください。
  • グレイリスト:(Linux ホスティングに限り使用可能)。グレイリストとは、スパム防御システムの一種であり、次のように機能します。サーバがメールメッセージを受け取ると、送信者と受信者のメールアドレスがデータベースに記録されます。初めて受け取ったメッセージの場合、送信者と受信者のアドレスがデータベースにまだ登録されておらず、サーバは一時的にそのメッセージを SMTP エラーコードで拒否します。メールが正当なもので、送信側のサーバが適切に設定されていれば、メールは再送されてメールサーバに受け付けられます。一方、メールの送信者がスパマーの場合、メールは再送されません。スパマーは通常、何千もの受信者宛てにメールを一括送信するだけで、再送することはありません。

    グレイリスト保護システムは、メール送信者のブラックリストとホワイトリストをサーバ全体およびユーザ単位で管理します。ホワイトリストに登録された送信者からのメールは、グレイリストチェックなしで受け付けられますが、ブラックリストに登録された送信者からのメールは常に拒否されます。

    グレイリストをサポートするコンポーネントがサーバにインストールされている場合、グレイリストは常にすべてのドメインに対して自動的に有効になります。グレイリストによる保護は、すべてのドメインを対象に一括でオン/オフしたり([ツールと設定]>[スパムフィルタ])、個別の契約を対象にオン/オフすることができます(顧客パネル>[メール]セクション >[設定の変更])。

このセクションの内容:

SpamAssassin スパムフィルタ

DKIM、SPF、DMARC による防御

DNS ブラックホールリスト

サーバ全体でのブラックリストとホワイトリスト

グレイリスト(Linux)