DNS テンプレート

Plesk には DNS サーバが内蔵されており、顧客とサーバ管理者がさまざまな DNS 設定を管理できます。このトピックでは、サーバ全体の DNS テンプレートの目的と、それがどのように機能するのかを説明します。

サーバ全体の DNS テンプレートとは、複数の DNS レコードのリストです。Plesk でドメインを作成すると、そのドメインの DNS ゾーンには DNS テンプレートに基づいて DNS レコードが入力されます。Plesk のインストール中に作成されたデフォルト DNS テンプレートには、ウェブサイトの機能に必要な DNS レコードがすべて含まれていますが、必要に応じてテンプレートにレコードを追加したり、テンプレートのレコードを変更または削除することができます。DNS テンプレートには、以下のようなメリットがあります。

  • Plesk で作成するすべてのドメインに必須 DNS レコードがすべて設定され、ユーザが入力する必要がない。
  • Plesk 管理者がサーバ上のすべての DNS ゾーンの設定を一括変更できる(Linux のみ)。
サーバ全体の DNS テンプレートを構成する

現在 DNS テンプレートに含まれるレコードを参照するには、[ツールと設定]>[DNS テンプレート]に進みます。また、この画面でレコードの追加、変更、削除も可能です。

DNS_template

レコードを追加するには、[DNS レコードを追加]をクリックします。レコードを変更するには、レコードの名前をクリックします。レコードを追加または変更するときに以下のプレースホルダを使用でき、ドメインの作成時に、実際の値に置き換わります。

  • <domain> は、ドメイン名に置き換えられます。
  • <subdomain> は、サブドメイン名に置き換えられます。
  • <hostname> は、ホスト名に置き換えられます。
  • <ip>、<ip.dns><ip.web><ip.mail><ip.webmail> は同じ値です。すべて、ドメインの属する契約の IPv4 アドレスに置き換えられます。
  • <ipv6>、<ipv6.dns><ipv6.web><ipv6.mail><ipv6.webmail> は同じ値です。すべて、ドメインの属する契約の IPv6 アドレスに置き換えられます。

たとえば、IP アドレス 123.123.123.123 の契約に「example.com」という名前のドメインを作成する場合に、DNS テンプレートに以下のレコードがあるとします。

<domain>.A <ip>

このレコードは、作成されたドメインの DNS ゾーンで以下のようになります。

example.comA 123.123.123.123

必要に応じて、ドメイン名の任意の場所を指定するワイルドカード記号(*)を使用することも、プレースホルダの代わりに実際の値を指定することもできます。たとえば、サーバに複数の IP アドレスがあり、メールサービスの提供に IP アドレス 123.123.123.123 のみを使用する場合は、レコードを以下のように設定すると、123.123.123.123 以外の IP アドレスでホストされているすべてのドメインでメールが機能しなくなります。

mail.<domain>.A <ip>

上記に代わり、以下のレコードを使用します。

mail.<domain>.A 123.123.123.123

レコードを追加・変更する際は、デフォルト DNS テンプレートのレコードを参考にすることをお勧めします。

レコードを削除するには、レコード名の横のチェックボックスをオンにして、[削除]をクリックします。テンプレートから特定のレコードを削除すると、Plesk に作成されるドメインの機能に影響を与えます。たとえば、A レコードを削除すると、ドメイン解決ができなくなります。DNS テンプレートに加えた変更により、顧客のウェブサイトの機能に影響を与えてしまった場合は、[デフォルト]をクリックするとデフォルトの DNS テンプレートが復元できます。

DNS テンプレートには、デフォルト SOA レコードも含まれています。SOA レコードの値を表示・変更するには、[ツールと設定]>[DNS テンプレート]>[SOA レコードテンプレート]に進みます。[IETF と RIPE が推奨するシリアル番号フォーマットを使用]チェックボックスをオンにすると、Plesk が SOA シリアル番号を保存する方式が UNIX タイムスタンプから RIPE が推奨する YYYYMMDDNN フォーマットに切り替わります。欧州を中心に多くのドメインレジストラが YYYYMMDDNN フォーマットの使用を求めています。SOA シリアル番号がレジストラに却下されたと顧客から苦情を受けた場合は、このオプションを有効にすると解決する可能性があります。

注:SOA シリアル番号が IETF と RIPE が推奨するフォーマットで保存されている場合、1 日あたりの SOA レコード変更回数は 98 回までに制限されます。ドメインの SOA レコードを 1 日に 98 回変更すると、SOA シリアル番号はそれ以上変更できなくなり、[デフォルト]ボタンをクリックすると DNS ゾーンからのすべてのレコードが削除され、DNS ゾーンの DNS サービスのオン/オフやスレーブ/マスターモードへの切り替えができなくなります。

DNS テンプレートの変更を適用する(Linux)

Plesk for Linux には、サーバ全体の DNS テンプレートのレコードをサーバ上の全ドメインの DNS ゾーンと同期する機能があります。この同期は、以下の規則に従って行われます。

  • ユーザが変更したレコードは常に維持される(つまり、どのような状況でも変更や削除は行われない)。
  • テンプレートにレコードを追加するとゾーンにも追加される。
  • テンプレートからレコードを削除するとゾーンからも削除される(変更適用前にユーザが変更した場合を除く)。
  • テンプレートでレコードを変更するとゾーンでも変更される(変更適用前にユーザが変更した場合を除く)。

DNS テンプレートと DNS ゾーンの間でレコードを同期するには、[ツールと設定]>[DNS テンプレート]に進み、[DNS テンプレートの変更を適用する]をクリックします。以下のオプションのいずれかを選択するよう求められます。

  • ユーザが変更した DNS ゾーンにのみ変更を適用する
  • すべての DNS ゾーンに変更を適用する

どちらを選択しても、ユーザが追加・変更した DNS レコードに影響はありません。

注:DNS テンプレートの変更が DNS ゾーンに適用されると、Plesk は今後そのゾーンをユーザに変更されていないものとして取り扱います。変更されていないゾーンは、ユーザが変更するまでこのステータスのままになります。復元、移行、アップグレードの後は、すべてのゾーンがユーザに変更されたものとして取り扱われます。アップグレード、復元、移行後に DNS テンプレートの変更を適用する必要がある場合、「すべてのゾーンに変更を適用する」オプションを選択してください。これを選択しないと、DNS テンプレートの変更が適用されません。

また、DNS テンプレートの変更を 1 つのドメインにのみ適用することもできます。これには、該当する契約を管理用に開き、このドメインの[ウェブサイトとドメイン]>[DNS 設定]に進み、[DNS テンプレートを適用]をクリックします。