Plesk で DNS サーバを使用しない場合

インストールした Plesk から DNS サーバコンポーネントを除外することができます。これには、カスタムタイプのインストールを使用して(詳しくは『デプロイメントガイド』を参照)、該当するコンポーネント(Linux の場合は BIND DNS server support 、Windows の場合は Microsoft DNS server)を選択解除します。

これを行い、外部 DNS サービスに接続しない場合、Plesk は Plesk 上でホストされるウェブサイトに DNS サービスを提供しません。さらに、Plesk の動作が以下のように変わります。

  • サーバ管理パネルの[ツールと設定]ページに[DNS テンプレート]リンクが表示されません。
  • 顧客パネルで、[ウェブサイトとドメイン]> <ドメイン名> で表示される[DNS 設定]リンクが[Whois 情報]リンクに置き換わります。このリンクを選択すると、ドメイン名登録に関するページが開きます。
  • Plesk ユーザは、DNS ゾーン管理パーミッション(または DNS アスペクト)が必要なウェブアプリケーションをインストールすることはできません。
  • Plesk で、コマンドラインユーティリティ dns を使用するか、<dns> ノードが指定された API RPC 要求を使用して DNS サーバまたは DNS ゾーンを管理しようとすると、エラーが返されます。

重要: Plesk サーバ上に既にドメインがある状態で、DNS サーバをインストールする場合や、外部 DNS サービスに接続する場合は、こうしたドメインの DNS ゾーンを手動で構成する必要があります。Plesk で DNS サービスを構成した後に作成したドメインの DNS ゾーンは、サーバ全体の DNS テンプレートに従って自動的に作成されます。