Plesk コンポーネントを追加・削除するには、 [ツールと設定]> [アップデートとアップグレード] に進みます。

[コンポーネントを追加/削除] を選択すると、システムユーザのクレデンシャルを入力して続行するように指示されます。

注釈: Plesk へのログインに使用するユーザではなく、システムユーザを指定してください。また、このユーザには、ソフトウェアのインストールを実行するのに必要なパーミッションが付与されている必要があります。サーバへの RDP ログインに使用する管理者ユーザで十分であるはずです。

image-0

次に、 [コンポーネントを追加/削除] をクリックして、使用可能なすべての Plesk コンポーネントの一覧を表示します。このうち一部は個別に表示されますが、一部は機能ごとにグループ分けされています。

image-1

コンポーネントの横に image-2 アイコンが表示される場合、このコンポーネントはインストールされており、 image-3 アイコンが表示される場合、このコンポーネントはインストールされていません。コンポーネントのグループの横に image-4 アイコンが表示される場合、このグループの一部のコンポーネントがインストールされていません。すべてのコンポーネントがインストールされたグループには image-5 アイコンが表示され、コンポーネントがまったくインストールされていないグループには image-6 アイコンが表示されます。

image-7

特定のコンポーネントをインストール対象としてマークするには、そのコンポーネントの名前の横の image-8 アイコンをクリックし、 [インストール] をクリックします。グループ内のすべてのコンポーネントをインストール対象としてマークするには、そのコンポーネントの名前の横の image-9 アイコンをクリックし、 [インストール] をクリックします。

image-10

特定のコンポーネントを削除対象としてマークするには、そのコンポーネントの名前の横の image-11 アイコンをクリックし、 [削除] をクリックします。グループ内のすべてのコンポーネントを削除対象としてマークするには、そのコンポーネントの名前の横の image-12 アイコンをクリックし、 [削除] をクリックします。

インストールまたは削除したいすべてのコンポーネントを選択したら、 [続行] をクリックしてインストールまたは削除を開始します。変更を行わずに Plesk を終了するには、 [変更のキャンセル] をクリックします。