ウェブサイトの一般ホスティング設定を表示するには、 [ウェブサイトとドメイン] でサイト名の横の [ホスティング設定] をクリックします。

image-Hosting-Settings

一般ウェブサイトホスティング設定は、以下のグループに分かれています。

基本設定

  • ドメイン名: ドメインレジストラに登録してこのウェブサイトに使用するドメイン名。

    注釈: ホスティング事業者のポリシーによっては、契約のメインドメインのドメイン名を変更できないことがあります。デフォルトでは、メインドメインの名前は契約名と同じです。

  • ホスティングタイプ: ホスティングタイプ( ウェブサイトホスティング転送ホスティングなし )は、ウェブサイトの動作を定義します。デフォルトで、すべてのウェブサイトは、サーバ上で物理的にホスティングされる [ウェブサイトホスティング] タイプに属しています。

    ホスティングタイプを変更するには、 [変更] リンクを使用します。ホスティングタイプについては、「 ホスティングのタイプ 」を参照してください。

    ウェブサイトを、そのドメイン名でホスティングされているすべてのメールボックスおよびメーリングリストごと一時停止するには、 [一時停止] オプションを使用します。

    注釈: その他の基本設定は、選択したホスティングタイプによって異なります。詳しくは、「 ホスティングのタイプ 」を参照してください。

  • ウェブサイトのステータス: ウェブサイトのステータスは、ブラウザにおけるサイトのアクセシビリティおよび利用可能なホスティングサービスを定義します。通常の機能とは別に、ブラウザで表示されないようにサイトを一時停止したり、サイトのホスティング機能(メールサービス、DNS サービスなど)を無効にしたりすることができます。メンテナンス目的などでサイトを一時的に利用不可にするには、ステータスを変更する必要があります。詳しくは、「 ウェブサイトのステータス 」を参照してください。

  • ドキュメントルート: ホスティングタイプが ウェブサイト の場合に表示されます。詳しくは、「 ウェブサイトホスティング 」を参照してください。

  • 優先ドメイン: ホスティングタイプが ウェブサイト の場合に表示されます。詳しくは、「 ウェブサイトホスティング 」を参照してください。

セキュリティ設定

  • SSL/TLS サポート: サイトへのトランザクションをセキュリティ強化するには、SSL/TLS プロトコルを使用します。すべてのデータが暗号化され、セキュア接続経由で送信されます。
  • SEO に対応する HTTP から HTTPS への恒久的 301 リダイレクト: このオプションを選択すると、ウェブサイトへのすべての訪問者が、HTTP ステータスコード 301(恒久的なリダイレクト)を使用してサイトの HTTP バージョンから HTTPS バージョンへ自動的にリダイレクトされるようになります。検索エンジンはサイトの HTTPS バージョンのみをインデックスするため、このようなリダイレクトは SEO に対応しており、ランキングが低下しません(ステータスコード 302 - 一時的なリダイレクトとは対照的です)。詳しい情報は https://moz.com/learn/seo/redirection を参照してください。このオプションは SSL/TLS サポートが有効な場合にのみ使用できます。このオプションを使用するときは、有効な SSL/TLS 証明書を所有していることを確認してください。この理由は、ブラウザがサイトを 301 リダイレクトで恒久的にキャッシュするため、自己署名証明書を使用すると、サイト訪問者がサイトを訪問するたびに警告メッセージが表示されるためです。
  • 証明書 SSL/TLS を導入するには、ウェブサイトに SSL/TLS 証明書をインストールして(「 SSL/TLS 証明書で接続を保護する 」を参照)、使用可能な証明書のいずれかを選択します。

注釈: 通常、暗号化プロセスで用いられる SSL/TLS 証明書は、単一の IP アドレスの単一のドメイン名に適用されるため、SSL/TLS による保護が必要なサイトは、専用 IP アドレス上でホスティングする必要があります。ただし、サブドメインは例外となり、ワイルドカード証明書で保護することができます。技術的には、ドメイン名の異なる複数のウェブサイトを単一の IP アドレスでホスティングしているウェブサーバに SSL/TLS 証明書をインストールすることは可能ですが、この方法はお勧めできません。暗号化は行われますが、ユーザがセキュアサイトに接続を試みると警告メッセージが表示されます。

ウェブスクリプティングと統計

  • スクリプティング言語: ウェブサイトでサポートする必要があるプログラミング言語およびスクリプティング言語を指定します。PHP の場合は、カスタム PHP バージョンとハンドラタイプも選択できます。さらに、 [PHP] タブで、その他の PHP 設定を実行できます。PHP ハンドラおよび PHP 構成については、「 PHP 設定 」を参照してください。
  • ウェブ統計: ウェブサイト訪問者に関するグラフィカルレポートとチャートを表示するために使用するウェブ統計ソフトウェアを選択します。ウェブ統計ファイルが格納されるディレクトリを FTP ユーザ名とパスワードで保護するには、[ウェブ統計へのアクセスを FTP ユーザ名とパスワードで保護する]オプションをオンにしてください。このオプションをオンにしない限り、すべてのインターネットユーザがウェブ統計を閲覧できるようになります。
  • カスタムエラードキュメント: サイトの訪問者が要求したページをウェブサーバが見つけられない場合、ウェブサーバはエラーメッセージを示す標準の HTML ページを生成して表示します。独自のエラーページを作成してウェブサーバでそのページを使用するには、 [カスタムエラードキュメント] チェックボックスをオンにします。
  • 拡張書込/編集権限 (Windows ホスティングに限り使用可能):このオプションは、サイト上のウェブアプリケーションが httpdocs または httpsdocs ディレクトリの root にあるファイルベースのデータベースを使用している場合に必要です。このオプションを選択すると、ウェブサイトのセキュリティが著しく低下する恐れがあります。