DigitalOcean に Plesk をインストールする

提供されている製品構成

DigitalOcean では以下の Plesk 構成を使用できます。

Plesk コンポーネントセット

Plesk Web Admin Edition SE(Ubuntu 18.04)

推奨セット*(Fail2Ban、ModSecurity、Plesk ファイアウォール、**WordPress Toolkit がデフォルトでインストールされています)。また、DigitalOcean DNS 拡張はデフォルトでインストールされています。

注:* 推奨コンポーネントには、ウェブホスティングに必要なすべてのコンポーネント(ウェブサーバ、メールサーバ、データベースサーバなどを含む)に加え、よく使用される人気機能が含まれています。Plesk Web Admin Edition SE(Ubuntu 18.04)について詳しくは、「Plesk Web Admin SE」トピックを参照してください。

注:** Plesk Web Admin Edition SE(Ubuntu 18.04)の WordPress Toolkit には、基本的な機能しかありません。有料の WordPress 機能を使用するには、Plesk ライセンスを Web Pro または Web Host Edition にアップグレードしてください。

DigitalOcean に Plesk をインストールする
  1. 既存の DigitalOcean アカウントにログインするか、新規アカウントを作成します
  2. 画面の右上隅にある[Create]>[Droplets]をクリックします。

    1 - Copy

  3. [One-click apps]タブで[Plesk on 18.04]を選択します。

    2 - Copy

  4. ドロップレットのサイズを選択します。

    付属するメモリ容量に注意して、標準ドロップレットのいずれかを選択できます。

    ホストするウェブサイト数が多ければ多いほど、ホストされるウェブサイトから生成されるトラフィックが増加するため、多くのメモリ容量が必要になります。セットアップに必要なメモリ容量を概算します

    Plesk on DigitalOcean を試したい場合、テストには十分な最低限ドロップレット(1 GB/1 vCPU)を選択できます。後でリソース不足になった場合は、ドロップレットをアップグレードできます

    DO3

  5. Plesk を機能させるためにブロックストレージを追加する必要はありません。このオプションをスキップして次のステップに進めます。
  6. データセンターのリージョンを選択します。小規模企業のウェブサイトをホスティングする予定がある場合は、地域内の訪問者のページ読み込み時間を短縮するために、企業の所在地に近いゾーンを選択することをお勧めします。
  7. [Private networking][Backups][User data][onitoring]などの追加オプションはほとんどの Plesk ユーザにとって不要です。これらをスキップして次のステップに進めます。
  8. 以下のいずれかを使用してドロップレットにログインできます。
    • root パスワード。メールで届きます。このオプションを選ぶ場合、[Add your SSH keys]ステップはスキップして次のステップに進みます。
    • SSH キー。このオプションを選ぶ場合、[New SSH key]をクリックして新しい SSH キーを追加するか、以前に追加したキーがあれば、そのキーを選択します。

      注:SSH キーを使用すると、より安全にログインできます。root パスワードを使用する場合、ドロップレットのコマンドラインにログインして、メールで受信した root パスワードを変更することを強くおすすめします。コマンドラインが自動でそのようにプロンプトします。

  9. デプロイする Plesk インスタンスの数を選択し、各インスタンスに認識可能な名前を付けます。

    3 - Copy

  10. (オプション)この段階で、Plesk インスタンスがデプロイ可能になります。複数のインスタンスのデプロイを計画している場合や、将来的に追加インスタンスをデプロイする場合には、タグ付けしてインスタンスをグループ化できます。各インスタンスを同じタグで一度に管理できます。
  11. [作成]をクリックします。

Plesk インスタンのデプロイが行われます。デプロイメントが終了したら、Plesk での作業を開始できます。

初めて Plesk にアクセスするには:

  1. SSH キーを使用する場合、以下を使用してコマンドラインにアクセスします。
    • SSH
    • 任意の SSH クライアント(PuTTY、iTerm2 など)

    SSH key を使用しない場合、メールで受け取った root パスワードを使用し、以下を経由してインスタンスにアクセスします。

    • SSH
    • 任意の SSH クライアント(PuTTY、iTerm2 など)
    • DigitalOcean コンソール
    • https://<your-droplet-IP>:8443 リンクにアクセスします。このオプションを選ぶ場合、ステップ 2 と 3 を飛ばしてステップ 4 に進んでください。
  2. コマンドラインにログインしたら、root パスワードを変更します。
  3. 以下のコマンドを実行して、一度限りのログインリンクを生成します。

    sudo plesk login

  4. Plesk がログインリンクを 2 つ生成します。2 番目のログインリンク https://<public-ip-address>:8443/ にアクセスします(たとえば https://192.0.2.1:8443/login?secret=hlHH450sx%2FAlSJHj1VWJC2qKxK6gqVxtsMkYG6bf6wc%3D)。
  5. Plesk 開始画面にリダイレクトされます。担当者名とメールアドレスを入力し、EULA に同意して、管理者パスワードを設定します(以降はこのパスワードで Plesk にログインします)。
  6. 終了したら、[Plesk にログイン]をクリックして Plesk にログインします。

注:デプロイ中の Plesk インスタンスにログインすると、メンテナンス画面が表示されます。デプロイメントが終了すると、メンテナンス画面が消え、Plesk の使用を開始できるようになります。

注:https://<your-droplet-IP>:8443 リンクを使用して初めて Plesk にアクセスした場合、ドロップレットのコマンドラインにログインして root パスワードを変更することを強くお勧めします。コマンドラインが自動でそのようにプロンプトします。

6 - Copy

フローティング IP アドレスを割り当てる

ドロップレットを作成したら、DigitalOcean によって静的パブリック IP アドレスが自動的に割り当てられます。ただし、ドロップレットが破損すると、静的 IP アドレスが失われます。その場合、ウェブサイトのホスティングを再開するには DNS 設定の再構成が必要になります。

これを予防するために、ドロップレットにフローティング IP アドレスを割り当てることをお勧めします。静的 IP アドレスと違い、フローティング IP アドレスはドロップレット間で移動できます。

メール送信での問題

Plesk からメールを送信できない場合、TCP ポート 25 番がブロックされていないか確認してください。ブロックされている場合は DigitalOcean サポートまでお問い合わせください

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.