ウェブサイトのデータベース

ウェブサイトにカスタムデータ処理アプリケーションを組み込んだり、ウェブページを動的に生成するには、ほとんどの場合、データの保存や取得のためにデータベースが必要になります。

Plesk では、データベースについて以下の作業を実行できます。

これらの作業は、[ウェブサイトとドメイン]タブ >[データベース]で行います。

Databases

アクティブリストとクラシックリスト

デフォルトで、データベースのリストは「アクティブリスト」ビューモードで表示されます。「クラシックリスト」モードに変更するには、検索ボックスの横のアイコンを使用します。これらモードの主な違いは、アクティブリストモードではデータベースの統計およびこのデータベースに紐付けられたウェブサイトの名前が表示されるという点です。

データベース管理ツール

Plesk に付属するサードパーティ製データベース管理ツールを使用して、データベースのテーブルの編集やデータのエクスポート/インポートを行ったり、SQL クエリを行うことができます。これらのツールは、[ウェブサイトとドメイン]タブ >[データベース]にあるリンクからアクセスします。たとえば、Plesk では phpMyAdmin を使用して MySQL データベースを管理します。

データベースの自動作成

アプリケーションカタログからアプリケーションをインストールすると、必要なデータベースとデータベースユーザアカウントがすべて自動作成されます。あるいは、手動で作成したユーザアカウントを、ウェブアプリケーションで作成したデータベースに割り当てることができます。詳しくは、「ウェブアプリケーション」>「アプリケーションデータベース」セクションを参照してください。

ODBC でデータベースにアクセスする

ODBC(Open Database Connectivity)ドライバ経由でデータベースにアクセスするアプリケーションをデプロイするには、適切な ODBC データソースを OS に作成する必要があります。Plesk for Windows では、サポートされている様々な ODBC ドライバ用に ODBC データソースを追加できます。詳しくは、「ODBC でデータベースにアクセスする(Windows)」を参照してください。

  

このセクションの内容:

データベースを作成する

データベースにアクセスする

接続情報を表示する

データベースをコピーする

データベースをバックアップおよび復元する

データベースダンプをエクスポート/インポートする

データベースユーザアカウントを管理する

カスタムアクセスルールをセットアップする

データベースをチェックおよび修復する

データベースを別の契約に移動する

ODBC でデータベースにアクセスする(Windows)