契約を管理する

サービスプランについては、ここまでで既にご説明しました。簡単に言うと、サービスプランはリソースとパーミッションを含むテンプレートですが、契約はサービスプランのコピーであり、顧客アカウントに紐付けられています。顧客が契約を所有しており、必要なリソースとパーミッションがその契約に含まれていれば、顧客は 1 つ以上のサービスを使用してウェブサイトを運用したりメールを使用したりできます。

いずれかの顧客用に契約を作成するには、[顧客]に移動し、契約のオーナーとする顧客名をクリックして、[契約]>[契約を追加]に進みます。

すべての契約のリストを表示するには、[契約]に進みます。ここでは、以下の操作を実行できます。

  • 自分用に新規契約を作成するには、[契約を追加]をクリックします。この契約を使用して、オンラインプレゼンスを確立することなどができます。リセラーの個人用の契約で使用されたリソースは、リセラープランの上限に対してカウントされます(たとえば、リセラープランに 30 ウェブサイトが含まれる場合、自社のウェブサイトを作成すると、顧客に再販できるウェブサイト数が 1 つ減ります)。
  • 1 つ以上の契約のホスティングプランを変更するには、プランを変更したい契約名の横のチェックボックスを選択して、[プランを変更]をクリックします。ホスティングプランの変更に加え、契約に紐付けられるアドオンプランの追加や削除も可能です。
  • 1 つ以上の契約の所有者を変更するには、所有者を変更したい契約名の横のチェックボックスを選択して、[契約者を変更]をクリックします。リセラーは、選択された契約の所有者になることも、これらの契約を他の顧客アカウントに紐付けることもできます。
  • 1 つ以上の契約を一時停止または再アクティブ化するには、ステータスを変更したい契約名の横のチェックボックスを選択して、[ステータスを変更]>[一時停止]または[ステータスを変更]>[アクティブ化]をクリックします。契約が一時停止している場合、その契約に紐付けられたすべてのウェブサイトも一時停止されます。
  • 1 つ以上の契約を削除するには、削除する契約名の横のチェックボックスを選択して、[削除]をクリックします。

注意:契約を削除すると、それに紐付けられたすべてのウェブサイトも削除されます。この契約のレベルで作成されたすべてのバックアップが内部 Plesk ストレージから削除されます。

契約のプロパティを変更するには、[契約]に進み、プロパティを変更したい契約の名前をクリックします。ここでは、以下の操作を実行できます。

  • 選択した契約でホストされているドメインの各種ホスティング設定を変更するには(ウェブサイトの PHP バージョンの変更、SSL/TLS 証明書によるウェブサイトの保護など)、実行したい操作に応じたコントロールを使用します。これらのコントロールについては、「ウェブサイト管理」セクションで詳しく説明します。
  • 契約の IP アドレスを変更するには、その契約に属するウェブサイトで使用するデータベースサーバを選択します。システムユーザのユーザ名またはパスワードを変更するには、[ホスティング設定を変更]をクリックします。
  • 契約に割り当てられたリソース容量またはパーミッションを変更するには、[カスタマイズ]をクリックします。この画面で任意の設定を変更すると、契約が同期に対してロックされます(つまり、契約のベースであるホスティングプランに変更を加えても、ロックされた契約には反映されません)。
同期される契約とロック済みの契約

サービスプランをベースに新規作成された契約は、初期状態では同期されています。

つまり、契約のプロパティには、ベースのホスティングプランが完全にコピーされます。さらに、ホスティングプランに何らかの変更が加えられると、それをベースに作成されたロックされていないすべての契約が自動的に更新されます。

契約に何らかの変更を加えると、この契約はロック済みになります([契約]> 契約の名前をクリック >[カスタマイズ])。

ロック済みの契約は、ホスティングプランに変更を加えても影響を受けません。

契約がロックされず同期対象外になる場合もあります。

同期対象外の契約には、ホスティングプランで提供されているリソースやパーミッションの一部が含まれていません。これを解消するには、契約を同期する必要があります([契約]> 契約の名前をクリック >[同期])。

契約の同期後に、[同期失敗]画面が表示される場合があります。

この場合、この契約に紐付けられた 1 つ以上のドメインで同期が失敗しています。原因として最も考えられるのは、契約のベースとなったホスティングプランに、リセラーが使用できないリソースやパーミッションが含まれています。上の例では、ホスティングプランに含まれる([プランの値]列)[PHP バージョンおよびハンドラの管理]パーミッションが実際には使用可能ではないため([使用可能な値]列)、同期処理が失敗しました。

:使用可能なリソースとパーミッションのリストを参照するには、[ホーム]>[自社のリソースとパーミッションの概要]に進みます。

この状況を解決するには、使用できないリソースとパーミッションをホスティングプランから削除するか([サービスプラン]でプランの名前をクリック)、これらのリソースとパーミッションを使用可能に変更するようにホスティング事業者まで依頼してください。

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.