デフォルトで、Plesk はメールサーバと連携します。そのため、ウェブサイトをホストしているマシンと同じマシンでメールサービスも運用することができます。

メールサーバ設定は、[ツールと設定] > [メール]グループで行います。詳しくは、「サーバ全体に対するメール設定を構成する」を参照してください。

メールサーバソフトウェア

デフォルトで、Plesk for Linux には Postfix メールサーバと Courier IMAP がインストールされ、Plesk for Windows には MailEnable がインストールされます。

その他にサポートされるソフトウェアとしては、Linux の場合 QmailDovecot(Plesk に付属)、Windows の場合 IceWarp または SmarterMail(別々にインストールする必要あり)があります。詳しくは、「他のメールサーバソフトウェアを使用する」を参照してください。

メールサーバなしで Plesk を使用する

Plesk では、メールサーバの使用はオプションです。Plesk for Linux の場合、サーバでホストしているすべてのドメインに対してメールサービスをオフにする(アンインストールする)ことができます。Windows の場合、デフォルトのメールサーバをアンインストールすることはできませんが、サーバの構成を変更してメール送信を禁止することができます。

メールサーバなしで Plesk を使用する方法については、「メールサーバなしで Plesk を使用する」を参照してください。

顧客パネルからメール機能を削除する

メールサーバをアンインストールすることなく、ユーザに対してメールサービスの使用を禁止したい場合があります。この場合、メールに関連する UI 要素の一部を非表示にすることができます。詳しくは、「顧客パネルからメール機能を削除する」を参照してください。

以下では、サーバでホストされているドメインを対象にメールサービスの各種機能を構成する方法を詳しく説明していきます。