パスワード強度とは、類推測攻撃や ブルートフォース攻撃 に対するパスワードの耐性を示す指標です。パスワードの強度は、パスワードの長さ、複雑さ、予測可能性に依存します。デフォルトのパスワード強度ポリシーを変更することで、ブルートフォース攻撃に対するサーバの耐性を強化することができます。

Plesk でパスワード強度ポリシーを構成するときは、「最弱」から「最強」まで 5 段階のパスワード強度レベルから選択できます。パスワード強度ポリシーをより厳しいものに変更すると、パスワードの最低長が長くなり、パスワードに異なる文字種(大文字/小文字、数字、特殊文字)を使用する必要が生じます。Plesk ユーザは、新しいパスワードを設定したり既存のパスワードを変更するときに、現在有効なパスワード強度ポリシーの要件を満たすようにパスワードを調整するよう求められます。

By default, the password strength policy is set to "Strong". Strong passwords in Plesk must contain at least all of the following:

  • Eight characters.
  • One upper- or lowercase character.
  • Three numbers and one special character (!, @, #, $, %, ^, &, *, ?, _, ~) or one number and two special characters.

Learn how Plesk calculates password strength.

パスワード強度ポリシーは、以下の Plesk パスワードに適用されます。

  • Plesk へのログインに使用するパスワード
  • 契約のシステムユーザのパスワード
  • データベースユーザのパスワード
  • メールボックスのパスワード

Plesk ユーザのパスワード強度ポリシーを変更するには:

  1. [ツールと設定] > [セキュリティポリシー]([セキュリティ]の下)に進み、[パスワード強度]セクションにスクロールします。

  2. [パスワードの最低限の強度]の下で、必要なパスワード強度ポリシーのラジオボタンをオンにします。

  3. [OK]をクリックします。

    image 75011