Plesk は、ウェブ、メール、DNS などのサービスの機能を管理します。技術的に言うと、Plesk がサービスそのものを提供するのではなく、各種サードパーティ製コンポーネントを統制するだけです。たとえば、ある顧客が Plesk GUI でウェブサイトを作成すると、この要求がバックグラウンドでウェブサーバ(Apache または IIS)に伝達され、そこで新しい仮想ホストがシステムに追加されます。コンポーネントのリストは、Plesk のインストール中に定義されます(詳しくは『デプロイメントガイド 』を参照してください)。管理者は Plesk で、インストール済みコンポーネントの確認、新規コンポーネントの追加、代替コンポーネントへの切り替え、コンポーネントの削除(Windows のみ)などを実行できます。

Plesk コンポーネントを確認する

インストール済みコンポーネントとそのバージョンを確認するには、[ツールと設定] > [サーバコンポーネント]の順に選択します。さらに Plesk for Windows では、次のようなアイコンでコンポーネントの状態が表示されます(アイコンの外観は Plesk のテーマによって異なります)。

  • image 62123.gif このコンポーネントは Plesk で使用されており、機能している。
  • image 62122.gif このコンポーネントは Plesk で使用されていない(ライセンスキーの失効や不足などが原因)が、機能している。
  • image 62124.gif このコンポーネントは Plesk で使用されておらず、停止している。
  • image 62130.gif このコンポーネントは Plesk で使用されていないが、システムにインストール済みで使用できる状態である。

Plesk コンポーネントをインストールする

Plesk のインストール時に選択しなかったコンポーネントを、後で [ツールと設定] > [アップデート] > [コンポーネントを追加/削除]の順に選択して追加することができます。

代替コンポーネントを切り替える

Some Plesk components are interchangeable. For example, in Plesk for Linux, you can choose between Postfix and Qmail for mail delivery, and so on.

In Plesk for Linux, you can switch between interchangeable components in two ways:

  • サービス設定を使用する。一部の Plesk コンポーネントは、類似の用途を持つ別のコンポーネントとともに 1 つの Plesk サーバに同時にインストールすることができます。たとえば 2 つのアンチウイルスコンポーネントをインストールしておき、[ツールと設定] > [メールサーバ設定]で、メールの処理にいずれかのコンポーネントを指定することができます。
  • Plesk インストーラを使用する。一部の Plesk コンポーネントは、類似の目的を持つ別のコンポーネントと同時にインストールすることができません。たとえば、Plesk のメールサーバとしては、Postfix と Qmail のどちらか 1 つのみ使用することができます。この場合、[ツールと設定] > [アップデート] > [ココンポーネントを追加/削除]で、いずれかのコンポーネントを選択する必要があります。

In Plesk for Windows, you can switch between interchangeable components in Tools & Settings > Server Components. To perform the switch, click on the component name (for example, Mail Server) and select the required component from the list.

Plesk コンポーネントを削除する(Windows)

特定の Plesk コンポーネントが不要になった場合、管理者は Plesk の[ツールと設定] > [アップデート] > [コンポーネントを追加/削除]の順に選択するか、[ホーム]ページの[コンポーネントを追加/削除]リンクをクリックして、コンポーネントを削除することができます。