ウェブサイトのディレクトリ構造

ユーザがウェブサイトを作成すると、Plesk はウェブサーバに新しい仮想ホストを追加するだけではなく、サイトのディレクトリ構造を作成し、それらのディレクトリに特定の初期コンテンツを格納します。これらのディレクトリは、対応する仮想ホストディレクトリに配置されます。

  • Linux の場合:/var/www/vhosts/<ドメイン名>
  • Windows の場合:C:\inetpub\vhosts\<ドメイン名>

上記の <ドメイン名> は、ウェブサイトのドメイン名を意味します。ディレクトリ構造は、デフォルトの仮想ホストテンプレートによって定義されます(詳しくは、「仮想ホストの構造(Linux)」および「仮想ホストの構造(Windows)」のセクションを参照してください)。

新しいサイトに含まれるファイルやディレクトリを変更したい場合(スクリプトの追加、エラーページの変更など)、カスタム仮想ホストテンプレートを定義することができます。また、リセラーが顧客のために仮想ホストテンプレートをカスタマイズすることもできます。

注:サブドメインはドメインと同じステータスを持ち、ディレクトリ構造も同じになります。従って、サブドメインは /var/www/vhosts に専用のディレクトリを持ち、そこに php.inivhost.conf などの独自の構成ファイルが格納されます。

このセクションの内容:

Defining a Custom Document Root

カスタム仮想ホストテンプレートを定義する

仮想ホストの構造(Linux)

仮想ホストの構造(Windows)

 

Defining a Custom Document Root

By default, Plesk sets the httpdocs directory as the Document Root directory for all hosted domains. However, many modern web development frameworks presume that a different directory, for example, <app_root>/public is used as the document root. Plesk administrator can change the default Document Root directory by editing the panel.ini file according to the following pattern:

[domainManagement]
docroot = "new_default_docroot"

where <new_default_docroot> is a directory name or a path to a directory (e.g. "new_docroot" or "domain/public").

The changes will be applied to all newly created domains, but will not be applied retroactively to existing domains. The path is relative to the webspace root, and you can use the domain environment variable that is replaced with the domain's name on hosting creation.

For example, if you set the value of docroot to "domain/public" and then create a new domain named example.com, the domain will have the following Document Root directory:

 

カスタム仮想ホストテンプレートを定義する

カスタム仮想ホストテンプレートを作成したい場合、ローカルファイルシステムにディレクトリを作成して、その内部に以下のディレクトリを 1 つ以上作成します。

  • cgi-bin:テンプレートにカスタムスクリプトを格納
  • httpdocs:ウェブページや画像などのカスタムドキュメントを格納
  • error_docs:カスタムエラーメッセージを格納
  • webspace:契約のホームディレクトリにカスタムファイル(.bashrc、.vimrc など)を格納

ディレクトリを作成した後で、新規作成したドメインの仮想ホスト構造に含めたいファイルを必要なディレクトリに格納してください。必要に応じて、Linux では /var/www/vhosts/.skel/0、Windows では C:\inetpub\vhosts\.skel\0 に格納されているデフォルトファイルを使用できます。

カスタム仮想ホストテンプレート内では変数も使用できます。これらの変数には、ドメイン作成後に該当する値が挿入されます。

  • @domain_name@ - この変数にはドメイン名が挿入されます。Linux と Windows で使用できます。
  • @client_email@ - この変数には顧客のメールアドレスが挿入されます。Windows のみで使用できます。ドメイン名が挿入されます。

必要なファイルをすべて追加したら、ディレクトリを tgz、tar、tar.gz、または zip アーカイブにまとめます。これらのディレクトリはアーカイブファイルのルートに配置します。サブディレクトリに配置しないようにしてください。その他のディレクトリやファイルをアーカイブのルートに含めても、Plesk はこれらをテンプレートに追加しません。

カスタム仮想ホストテンプレートをアップロードするには、[ツールと設定]>[仮想ホストテンプレート]に進み([ツールとリソース]グループ内)、[参照]をクリックして、準備したアーカイブファイルを探し、[ファイル送信]をクリックします。デフォルトの仮想ホストテンプレートに戻すには、[デフォルト]をクリックしてください。

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.