ユーザがウェブサイトを作成すると、Plesk はウェブサーバに新しい仮想ホストを追加するとともに、サイトのディレクトリ構造を作成し、それらのディレクトリに特定の初期コンテンツを格納します。これらのディレクトリは、対応する仮想ホストディレクトリに配置されます。

  • Linux の場合: /var/www/vhosts/ <ドメイン名>
  • Windows の場合: C:\inetpub\vhosts\ <ドメイン名>

上記の <ドメイン名> は、ウェブサイトのドメイン名を意味します。ディレクトリ構造は、デフォルトの仮想ホストテンプレートによって定義されます(詳しくは、「 仮想ホストの構造(Linux) 」および「 仮想ホストの構造(Windows) 」のセクションを参照してください)。

新しいサイトに含まれるファイルやディレクトリを変更したい場合(スクリプトの追加、エラーページの変更など)、カスタム 仮想ホストテンプレート を定義することができます。また、リセラーが顧客のために仮想ホストテンプレートをカスタマイズすることもできます。

注釈: サブドメインはドメインと同じステータスを持ち、ディレクトリ構造も同じになります。従って、サブドメインは /var/www/vhosts に専用のディレクトリを持ち、そこに php.inivhost.conf など独自の構成ファイルが格納されます。