データベースサーバ

Plesk は、自身のデータベース、コンポーネントが使用するデータベース(ウェブメールサービス用のデータベースなど)、ホスティング顧客のウェブサイトや APS アプリケーションによって作成されるデータベース(WordPress データベースなど)を格納するためにデータベースサーバを必要とします。

Plesk はほとんどのデータベースエンジンに対応しており、必要なデータベース管理ツールが付属しています。Plesk と同じサーバ上またはリモートマシン上のデータベースサーバを Plesk で使用できます。

デフォルトで Linux サーバでは、データベースエンジンが Plesk と同じサーバに OS ベンダー(Linux)のリポジトリまたは独自のカスタムリポジトリからインストールされます。Windows サーバでは、データベースエンジンは Plesk にパッケージされており、Plesk と同じサーバにインストールされます。

Plesk for Linux のデータベースサーバソフトウェア

Plesk Onyx for Linux は、MySQL および PostgreSQL データベースサーバをサポートします。Plesk は、使用している OS のリポジトリにある MySQL パッケージと PostgreSQL パッケージを使用します。ただし MySQL 5.5 は例外であり、Plesk にパッケージされており、限られた数の OS のみでサポートされます。

MySQL は Plesk のインストール時にインストールされます。追加で PostgreSQL もインストールするには、[ツールと設定]>[アップデートとアップグレード]>[コンポーネントを追加または削除]>[PostgreSQL server]に進みます。

また、Plesk に外部の MySQL または PostgreSQL データベースサーバを登録することもできます。詳しくは、「データベースサーバを追加および削除する」を参照してください。サポートされているデータベースサーババージョンの一覧については、リリースノートを参照してください。

CloudLinux にインストールした Plesk では、MySQL 5.5 を使用できます。MySQL 5.5 は Plesk にパッケージされており、[アップデートとアップグレード]>[コンポーネントを追加または削除]からインストールすることができます。

Plesk for Windows のデータベースサーバソフトウェア

Plesk Onyx for Windows は、Microsoft SQL Server Express 2008 および 2012、MySQL 5.1 に対応します。デフォルトで、MySQL および Microsoft SQL Server 2008 は Plesk のインストール中にインストールされます。Microsoft SQL Server 2012 を追加でインストールするには、[ツールと設定]>[アップデートとアップグレード]>[コンポーネントを追加または削除]に進みます。

また、Plesk に外部の Microsoft SQL Server または MySQL データベースサーバを登録することもできます。詳しくは、「データベースサーバを追加および削除する」を参照してください。

他のデータベースエンジンと連携するために、Plesk for Windows では ODBC が採用されています。詳しくは、「外部データベースに接続する(Windows)」を参照してください。

対応データベースサーバのバージョンは、リリースノートを参照してください。

 

注:Plesk でのデータベース管理方法については、「ウェブサイトのデータベース」を参照してください。

  

この章の内容:

データベースサーバを追加および削除する

リモート SQL Server のバックアップ設定を構成する

データベース管理者のクレデンシャルを変更する

データベースユーザ役割とパーミッション

データベースホスティングのプリファレンス

データベース管理ツール

外部データベースに接続する(Windows)

データベースを別の契約に移動する

データベースへのリモートアクセス

Microsoft SQL Server データベースダンプのアップロードを無効にする