SpamAssassin Spam Filter

The SpamAssassin spam filter identifies spam messages among emails sent to mailboxes hosted on your Plesk server.

Learn how to switch on and configure the spam protection at the Switching on SpamAssassin section.

To achieve the desired level of spam protection, Plesk lets you configure a number of SpamAssassin settings, namely:

  • Spam filter sensitivity.

    To identify spam messages, SpamAssassin performs a number of different tests on contents and subject line of each message. As a result, each message scores a number of points. The higher the number, the more likely a message is spam. For example, a message containing the text string “BUY VIAGRA AT LOW PRICE!!!” in the Subject line and the message body scores 8.3 points. By default, the filter sensitivity is set so that all messages that score 7 or more points are classified as spam. If your users still receive spam messages with the default sensitivity, increase it by setting a lesser value, for example, 6. If SpamAssassin marks valid messages as spam, decrease the sensitivity by setting a higher value.

  • Spam marks

    At the server level, you cannot set the server-wide spam filter to automatically delete spam: you can do it only on a per-mailbox basis. So, for the server-wide policy, you can choose only marking messages as spam: X-Spam-Flag: YES and X-Spam-Status: Yes headers are added to the message source by default. If you want, the spam filter will additionally include a specific text string to the beginning of the messages' subject line (by default, this string is *****SPAM*****).

    Though you cannot configure SpamAssassin to delete all spam messages, you can let each mailbox owner configure their own spam protection settings. This includes, for example, setting their spam filters to automatically delete messages marked by SpamAssassin, or setting up their personal black and white lists. For details on adjusting spam filtering settings for a specific mailbox, refer to the section Protecting from Spam.

  • Maximum size of messages to check

    Analyzing a huge number of emails can heavily increase the load on your server. To avoid this, you can set the maximum size of the message that the spam filter will test.

  • Number of SpamAssassin processes

    Another way to limit the server loading by SpamAssassin is defining the maximum number of SpamAssassin processes (on Linux) or threads (on Windows) running simultaneously on the server. In Plesk for Linux, the maximum number of SpamAssassin processes you can configure via the Plesk GUI is 32. If you require more SpamAssassin processes to run simultaneously, add the following lines to the panel.ini file:

[mail]
spamAssassin.maxChildrenLimit = 80

where the numeric value indicates the maximum number of SpamAssassin processes that can be configured in the Plesk GUI.

  • Trusted languages and locales (only on WIndows)

    You can define the language characteristics of mail that should always pass the filter by specifying trusted languages and locales. Letters written in the specified languages and with the defined character sets will not be marked as spam.

  • Black and white lists

    SpamAssassin lets you include certain senders into its black and white lists:

    • If you want the emails from specific domains or individual senders to be always treated as spam, add the respective entries to the spam filter’s black list. SpamAssassin will add the USER_IN_BLACKLIST mark to the header of each email from the specified addresses to guarantee that this email will be processed as spam. As a result, the email will be marked as spam, deleted, or placed to the Spam folder, depending on the SpamAssassin settings specified for the whole server and for a particular mailbox.
    • If you want to be sure that you and your users will not miss email from specific senders, add email addresses or entire domains to the spam filter’s white list.

    Learn how to configure black and white lists at the Configuring Black and White Lists section.

Note: Plesk provides only basic SpamAssassin functionality. If you want to create complex antispam rules, edit SpamAssassin configuration files. For more information on advanced SpamAssassin configuration, refer to the Advanced Administration Guide, Spam Protection for Linux or Windows and other respective documentation at http://spamassassin.apache.org/doc/Mail_SpamAssassin_Conf.html.

SPAM_filter_setting

このセクションの内容:

SpamAssassin を有効にする

SpamAssassin の最大メールサイズを定義する(Linux)

ブラックリストとホワイトリストを構成する

 

SpamAssassin を有効にする

SpamAssassin を有効にするには:

  1. [ツールと設定]>[スパムフィルタ][メール]グループ内)に進みます。
  2. [サーバ全体に対する SpamAssassin スパムフィルタをオンにする]オプションをオンにします。
  3. ユーザが自分のメールボックスのスパムフィルタ設定を自分で指定できるようにするには、[スパムフィルタにユーザごとの設定を適用する]チェックボックスをオンにします。
  4. [実行可能な最大 spamd ワーカプロセス数(1〜5)]フィールドに SpamAssassin プロセスの最大数を指定します。デフォルト値の使用を推奨します。
  5. スパムフィルタの感度を調整するには、[メッセージをスパムとして判断するスコア値]フィールドに必要な値を入力します。

    デフォルトで、スコアが 7 ポイント以上のメッセージをスパムと分類するようにフィルタ感度が設定されています。デフォルトの感度でもユーザにスパムメッセージが届いてしまう場合は、値を小さく(6 などに)設定して感度を高めます。SpamAssassin によって有効なメッセージもスパムと判断されてしまう場合は、値を大きく設定して感度を下げます。

  6. Windows の場合、SpamAssassin で処理されるメッセージの最大サイズを定義するには、[指定メールサイズを超過する場合はフィルタリングしない]オプションをオンにして、必要な値を設定します。Linux の場合、このパラメータは利用できません。Linux で最大メールサイズを編集する方法については、「SpamAssassin の最大メールサイズを定義する(Linux)」を参照してください。
  7. [スパムとして検出されたメッセージの件名の先頭に、以下のテキストを追加]フィールドに、スパムとして検出されたメッセージにどのようなマークを付けるかを指定します。スパムフィルタによってメッセージの件名を変更したくない場合は、このボックスを空欄にします。件名にメッセージのスコアを含めたい場合は、このボックスに「_SCORE_」と入力します。
  8. Windows では、[信頼できる言語]リストと[信頼できるロケール]リストを使用して信頼できる言語とロケールを指定します。
  9. [OK]をクリックします。
 

SpamAssassin の最大メールサイズを定義する(Linux)

SpamAssassin によるサーバの負荷を低減するために、SpamAssassin で分析するメールの最大サイズを制限することができます。このサイズを超えるメッセージは確認なしで受信者に配信されます。

SpamAssassin で処理されるメッセージの最大サイズを定義するには:

  1. /etc/psa/psa.conf 構成ファイルを開き、編集します。
  2. パラメータ SA_MAX_MAIL_SIZE に必要な値をバイト単位で指定します。

    デフォルトで、最大メールサイズは 256000 バイトです。最大メールサイズは 150〜250 キロバイトに制限することをお勧めします。これは、画像が添付された HTML メールの標準的なサイズです。ファイルが添付されたメールメッセージの標準的なサイズである 500 キロバイトを超えると、メールのサイズがフィルタで処理できる限界で、サーバが過負荷状態になっていると見なされます。

 

ブラックリストとホワイトリストを構成する

ブラックリストまたはホワイトリストにエントリを追加するには:

  1. [ツールと設定>[スパムフィルタ設定]ページの[ブラックリスト]または[ホワイトリスト]タブを開きます。
  2. [アドレスを追加]をクリックします。
  3. リストに追加するエントリのリストを指定します。

    複数のアドレスを指定する場合は、カンマ、コロン、またはスペースで区切ります。アスタリスク(*)は任意の組み合わせ文字を意味し、疑問符(?)は任意の一文字を意味します。たとえば、「address@spammers.net」、「user?@spammers.net」、「*@spammers.net」のように指定します。「*@spammers.net」と指定すると、「spammers.net」ドメインを持つすべてのメールがブロックされます。Windows ベースのサーバを使用している場合、指定アドレスからのメッセージをどのように処理するのかも指定してください。

  4. [OK]をクリックします。

ブラックリストまたはホワイトリストからエントリを削除するには:

対応するタブでエントリを選択し、[削除]をクリックします。

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.