リモート SmarterMail のサポート(Windows)

ローカルメールサーバを使用する代わりに、Plesk をリモート SmarterMail サーバと統合できます。これにより、顧客がメールを送受信できますが、以下に挙げるようにさまざまな制約事項があります。単一の SmarterMail サーバを、複数の Plesk によって使用される集中型メールサーバとして使用できます。

注:リモート SmarterMail のサポートは、Plesk の有料機能であり、Power Pack または Hosting Pack を購入する必要があります。

重要な情報と制約事項:
  • SmarterMail 15 以降のバージョンのみがサポートされます。
  • Plesk バックアップにはリモート SmarterMail サーバからのメールデータが含まれません。SmarterTools の推奨する方法などに従って、バックアップ/復元機能を手作業で構築する必要があります。
  • リモート SmarterMail サーバに切り替えると、スパムフィルタリング、アンチウイルス、自動応答、ブラック/ホワイトリストなどのメール関連機能や設定の一部が Plesk による管理の対象外となり、SmarterMail 側で構成する必要があります。機能が失われることはなく、SmarterMail の対応機能に置き換わるだけです。

警告:異なるメールサーバへの切り替えは、Plesk の新規インストールでのみお勧めします。既に顧客アカウントをライブでホストするために使用していたサーバの場合、異なるメールサーバに切り替えることはお勧めしません。メールの設定やデータが失われる可能性があります。実稼働している Plesk 上でメールサーバを変更する必要がある場合、事前に顧客に通知をして、メールを保存するように指示することをお勧めします(メールサーバの切り替え後は、メールを Plesk バックアップから復元できなくなります)。

リモート SmarterMail サーバに切り替えるには:

  1. [ツールと設定][サーバコンポーネント]をクリックします。[メールサーバ]セクションを探し、[Remote SmarterMail Server(未設定)]をクリックします。
  2. リモート SmarterMail サーバについて、必要な情報(ホスト名、ポート、管理者のログイン名とパスワード)を入力します。ホスト名は正しく解決できる必要があり、ポートは Plesk サーバからアクセスできる必要があります(ファイアウォール設定を手動で変更する必要があります)。
  3. (オプション)セキュリティを強化するには、以下のオプションを有効化できます。
    • Use HTTPS protocol:リモート SmarterMail サーバへのセキュアな接続のみを許可します。
    • Check SSL certificate when HTTPS protocol is used:メールサーバの証明書の有効性チェックを強制実行します。

    これらのオプションを使用するには、こちらこちらの指示に従って、リモート SmarterMail サーバで HTTPS を使用するように手動で構成する必要があります。

  4. [OK]をクリックします。リモート SmarterMail サーバへの接続を確立できた場合、使用可能なメールサーバのリストに表示されます。
  5. メールサーバの変更を完了するには、[メールサーバ]をクリックして、リストから[Remote SmarterMail Server]オプションを選択し、[OK]をクリックします。
  6. ホストされているドメインの DNS レコードが確実にリモート SmarterMail サーバをポイントするようにするには、Plesk DNS テンプレートで MX レコードを適宜更新します。こちらの指示に従ってください。
  7. (オプション)顧客が Plesk から SmarterMail ウェブメールにアクセスできるようにするには、[メールサーバ]の[ウェブメール]の下で[Remote SmarterMail Web Client]を選択して、[Login page URL]フィールドに SmarterMail ウェブメールの URL を入力するか貼り付けて、[OK]をクリックします。