他のメールサーバソフトウェアを使用する

他のメールサーバソフトウェアを使用する(Linux)

Plesk for Linux には、Postfix および Qmail メールサーバが付属しています。IMAP/POP3 配信には、Courier IMAP または Dovecot を使用できます。デフォルトの Courier IMAP サーバではなく Dovecot を使用することをお勧めします。これは、Dovecot の方が高速で、安全性が高く、サーバリソースの消費が少なく、サーバ側のメールフィルタリングルールに対応しているためです。

メールサーバを切り替えるには、[ツールと設定]>[アップデートとアップグレード]>[コンポーネントを追加/削除]>[Mail hosting features]を選択するか、[ツールと設定]>[メールサーバ設定]を選択します。

Plesk はサーバ再起動の必要なく新しいメールサーバを使い始めます。後でいつでも別のメールサーバを選択できます。

Dovecot への切り替えに関する注意事項:
  • Dovecot にはサーバサイドのフィルタリングエンジンである Piegeonhole が付属します。Piegeonhole は、ウェブメールインターフェースから、あるいは Thunderbird などのメールユーザエージェント(MUA)のサードパーティ拡張から構成できます。
  • Dovecot は、プロトコル拡張 "IMAP IDLE" および "IMAP NOTIFY"(オプション)によるメールのプッシュに対応します。
  • Dovecot はサーバサイドフィルタリングルールの定義に Sieve 言語を使用します。
  • OS ベンダーのリポジトリには多様な Dovecot バージョンが存在するため、Plesk では独自のパッケージを作成しています。このパッケージからは、Plesk の使用時に必要のない様々な Dovecot 機能が排除されています(提供されているバージョンは、これらの機能に対応していません)。
  • Dovecot は、SMTP の手前での Qmail および POP3 認証において、短いメールアカウント名をサポートしていません。
  • 新着メールメッセージを大量に受信した場合は、Dovecot から Courier IMAP に戻すことはお勧めしません。これにより、メールクライアントによるメールメッセージの再ダウンロードが開始されるためです。
  • Courier IMAP で SSL/TLS 証明書を使用していた場合は、Dovecot でこれらを再利用できます。これには、/usr/share/pop3d.pem または /usr/share/imapd.pem ファイルをコピーして、/etc/dovecot/private/ssl-cert-and-key.pem という名前で保存します。新しいファイルのパーミッションが 0400 root:root になっていることを確認します。その後、Dovecot サービスを再起動します。
他のメールサーバソフトウェアを使用する(Windows)

デフォルトのメールサーバ(MailEnable)以外に、Plesk for Windows は IceWarp(Merak)および SmarterMail をサポートしています。これらは Plesk に付属しておらず、個別にインストールする必要があります。IceWarp または SmarterMail を使用するには、以下の手順に従います。

  1. メールサーバの作成元が提供する手順に従って、メールサーバソフトウェアをダウンロードしてインストールします。
  2. Plesk にログインし、[ツールと設定]>[サーバコンポーネント]>[メールサーバ]リンクの順に選択します。

    インストールしたメールサーバが、使用可能なメールサーバのリストに表示されます。

  3. 必要なメールサーバを選択して[OK]をクリックします。

Plesk はサーバ再起動の必要なく新しいメールサーバを使い始めます。後でいつでも別のメールサーバを選択できます。

注: SmarterMail メールサーバでは、ドメインレベルで Require SMTP Authentication オプションをオンにすることができます。ただし、このオプションをオンにできるのは、Plesk でオープンリレーがサーバレベルでオンになっている場合のみです。その他のリレーモードでは、Plesk がこのオプションをオフにします。このオプションをオンにするには、「サーバ全体に対するメール設定を構成する」の説明に従って Plesk でオープンリレーを許可してから、[SmarterMail]>[Settings]>[Defaults]>[Domain Defaults]を選択します。