Plesk テクニカルレポート

Plesk またはそのいずれかのサービスで問題が発生して、テクニカルサポートチームに解決を依頼しなければならない場合があります。多くの場合、調査のために、サーバのいずれかのログファイルに記載された情報が必要になります。チケット作成時にこの情報が提供されていない場合には、サポートチームからログの提出をお願いする場合があります。お客様とテクニカルチームの間でのやりとりが増えると、大幅な遅延が生じ、サービスレベルや顧客満足度に影響が生じる可能性があります。

このような遅延を回避するために、サポートチームへご連絡いただく前にテクニカルレポートを生成することができます。テクニカルレポートには、トラブルシューティングに必要なログやその他の情報がすべて記載されており、Plesk のサーバにアップロードされます。これにより、サポートチームが必要な情報を最初からすべて利用できるため、問題解決時間が大幅に短縮されます。

注:テクニカルレポートに機密情報は一切含まれず、技術情報だけが記載されています。

テクニカルレポートを生成するには、[ツールと設定]>[サポート][Plesk]グループ内)に進みます。[テクニカルレポートを生成してからサポートに連絡します。(推奨)]オプションを選択して[次へ]をクリックします。レポートが生成されたら、[レポート送信]をクリックします。[ダウンロード]をクリックすると、送信前にレポートの内容を確認できます。Plesk サーバにレポートがアップロードがされると、テクニカルレポートの一意の ID が通知されます。[サポートに連絡]をクリックしてサポートチケットを送信します。問題について記述する際にレポート ID を必ず記入するようにしてください。

Plesk パネルを使用できない状態でテクニカルレポートを生成する必要がある場合は、コマンドラインからレポートを生成できます。SSH または RDP 経由でサーバにログインして、以下のコマンドを実行します。

# plesk bin report --collect

このコマンドにより、レポートが生成され、 /usr/local/psa/var/reports/collected/ ディレクトリに保存されます。必要に応じて、レポートの内容を確認できます。レポートをサポートに送信するには、以下のコマンドを実行します。

# plesk bin report --send=<生成されたレポートの名前>

送信前にレポートの内容を確認しない場合、以下のコマンドを実行します。

# plesk bin report --send

これにより、レポートが生成され、即時に送信されます。