カスタムホスティング用 Linux サーバから移行する

このトピックでは、サポートされる移行元プラットフォームに記載されていないコントロールパネルを使用する Linux サーバから移行する方法を説明します。以下のシナリオがサポートされます。

  • カスタムホスティング用サーバからの移行(管理者アクセス権がある場合)。このシナリオでは、ホスティング記述ファイルを作成して、これにクライアント、契約、アドオンドメイン、メールボックスなどを列挙し、移行元サーバでのウェブおよびメールコンテンツデータの保存場所を指定します。このファイルは人間が解読可能な形式になっており、一般的なホスティングサービスのほとんどに対応し、YAML または JSON で記述できます。
  • カスタムホスティング用サーバからの移行(管理者アクセス権がない場合)。このシナリオは、ウェブコンテンツデータとデータベースダンプを移行元サーバから移行先サーバへ手動で移動することを前提としています。ホスティング記述ファイルも作成する必要がありますが、このケースでは、移行先サーバでのウェブコンテンツデータとデータベースダンプの保存場所を指定する必要があります。

注:カスタムホスティング用サーバからの移行は、コマンドライン経由でのみ可能であり、Plesk インターフェースからは実行できません。

サーバの管理アクセス権がある場合、以下の手順に従ってください。

  1. 移行先の Plesk サーバに SSH 経由でログインします。
  2. Plesk Migrator がインストールされていることを確認します。インストールされていない場合、こちらの指示に従います。
  3. ホスティング記述ファイルの準備をします。選択したフォーマットに応じて hosting-description.[yaml/json] というファイル名にして、/usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator ディレクトリに格納します。このファイルに、移行元サーバから移行するクライアント、契約、アドオンドメイン、メールボックスなどを列挙する必要があります。ホスティング記述ファイルのサンプルはこちらを参照してください。
  4. Migrator ツールの構成ファイルの準備をします。/usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator ディレクトリに config.ini というファイル名で格納します。このファイルに、移行元サーバの構成およびアクセス情報を含める必要があります。こちらのサンプル構成ファイルを参考としてお使いください。
  5. 以下のコマンドを実行して、移行リストを生成します。

    /usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator/plesk-migrator generate-migration-list

    生成されたファイルは migration-list という名前になり、/usr/local/psa/var/modules/panel-migrator/sessions/migration-session/ ディレクトリに保存されます。移行リストとは、移行対象オブジェクト(顧客およびリセラーアカウント、サービスプラン、ドメインなど)のリストです。

  6. 移行リストを編集します。移行したくないドメインの削除や、移行したいドメインのサービスプランへの割り当て、顧客アカウントから顧客アカウントへの再割り当てなどができます。
  7. (オプション)以下のコマンドを実行して、ホスティング記述ファイルを検証します。

    /usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator/plesk-migrator validate

    ホスティング記述ファイルについて詳しくはこちらをお読みください。

  8. 以下のコマンドを実行して移行を開始します。

    /usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator/plesk-migrator transfer-accounts

  9. (オプション)以下のコマンドを実行して、コンテンツ同期を追加で実行します。

    /usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator/plesk-migrator copy-content

    これにより、移行の実行中に移行元サーバで行われたホスティングコンテンツの変更が移行先サーバに反映されます。特定の種類のコンテンツのみを再同期したい場合は、plesk-migrator copy-web-contentplesk-migrator copy-mail-contentplesk-migrator copy-db-content コマンドを使用してください。

  10. (推奨)移行が終了した後で以下のコマンドを実行して、移行先サーバで移行されたオブジェクトが機能することをチェックします。

    /usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator/plesk-migrator test-all

サーバの管理アクセス権がない場合は、以下の手順に従ってください。

  1. 移行先の Plesk サーバに SSH 経由でログインします。
  2. Plesk Migrator がインストールされていることを確認します。インストールされていない場合、こちらの指示に従います。
  3. ウェブおよびメールコンテンツデータを移行元サーバから移行先サーバへ手動でコピーします。ウェブコンテンツの場合は、移行したいドメインのドキュメントルートディレクトリとそこに含まれるサブディレクトリ、ファイルをすべてコピーします。このコンテンツは、移行先サーバ上のどこに保存しても構いません。
  4. 移行したいウェブサイトに属するデータベースのダンプを作成してから、移行先サーバへ手動でコピーします。
  5. ホスティング記述ファイルの準備をします。選択したフォーマットに応じて hosting-description.[yaml/json] というファイル名にして、/usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator ディレクトリに格納します。このファイルに、移行元サーバから移行するクライアント、契約、アドオンドメイン、メールボックスなどを列挙する必要があります。ホスティング記述ファイルのサンプルはこちらを参照してください。
  6. Migrator ツールの構成ファイルの準備をします。/usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator ディレクトリに config.ini というファイル名で格納します。このファイルに、移行元サーバの構成およびアクセス情報を含める必要があります。こちらのサンプル構成ファイルを参考としてお使いください。
  7. 以下のコマンドを実行して、移行リストを生成します。

    /usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator/plesk-migrator generate-migration-list

    migration-list という名前のファイルが生成され、/usr/local/psa/var/modules/panel-migrator/sessions/migration-session/ ディレクトリに格納されます。移行リストに含まれるのは、移行対象のオブジェクト(顧客およびリセラーアカウント、サービスプラン、ドメインなど)の一覧です。

  8. 移行リストを編集します。移行したくないドメインの削除や、移行したいドメインのサービスプランへの割り当て、顧客アカウントから顧客アカウントへの再割り当てなどができます。
  9. (オプション)以下のコマンドを実行して、ホスティング記述ファイルを検証します。

    /usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator/plesk-migrator validate

    ホスティング記述ファイルについて詳しくはこちらをお読みください。

  10. 以下のコマンドを実行して移行を開始します。

    /usr/local/psa/admin/sbin/modules/panel-migrator/plesk-migrator transfer-accounts