サービスプランの構築は、ビジネスの立ち上げに必要な手順の 1 つに過ぎません。顧客へのサービス提供を開始する前に、見込み客に対してどのようにサービスを訴求し、新規顧客にどのような契約と支払形態を提供するのかなど、さまざまな側面について検討する必要があります。ビジネスの立ち上げをより容易にするために、請求書の発行や顧客からの集金といった各種業務を実行する自動化ソリューションを利用できます。

特定の業務ルーチンを自動化できるかどうかは、ホスティング事業者のリセラー向けパッケージに含まれる自動化ツールに応じて決まります。ホスティング事業者がビジネス自動化ソリューションを提供している場合は、該当するマニュアルで業務ルーチンの自動化方法を確認してください。提供していない場合は、顧客向けにサービス提供を開始する前に、ビジネスのさまざまな側面を自社で組み立てる必要があります。ただし、業務に適したソフトウェア(たとえば財務ソフトウェア)を利用して、一部の業務を自動化することは可能です。

Plesk でホスティングビジネスを立ち上げるには:

  • Plesk をリブランディングし、ホスティングプランを準備する
  • 自社のウェブサイトをセットアップする

これらの手順が完了すると、自社サービスの販売を開始できるようになります。

Plesk をリブランディングし、ホスティングプランを準備する

顧客へのサービス提供を開始する前に、以下を実行します。

  1. ブランディングおよびインターフェースの設定を変更する 」のセクションに従って、Plesk のブランディングと外観を調整します。
  2. [サービスプラン] ページで、顧客に提供するサービスプランとアドオンを追加します。

自社のウェブページをセットアップする

提供しているサービスを見込み客に訴求し、連絡窓口を用意するために、Plesk で管理しているサーバ上に自社のウェブサイトとメールアドレスをセットアップします。

ウェブサイトをセットアップするには、 [契約]> [契約を作成] をクリックして自社用のホスティング契約を作成します。これにより、顧客パネルにログインして、顧客と同じ手順で自社のウェブホスティングを管理できるようになります。つまり、ウェブページとメールボックスを作成し、ウェブアプリケーションをインストールし、SSL/TLS 証明書によってウェブサイトへのアクセスのセキュリティを強化できます。ホスティングリソースを自社用に使用する方法については、「 ウェブサイトの管理 」の章を参照してください。

サービスの契約を顧客に作成する

Plesk でホスティングプランをセットアップすると、顧客用にサービスの契約を作成できるようになります。新規顧客がサービスを購入したときは、 [顧客]> [顧客を追加] で、この顧客用のアカウントと契約を作成します。以下の情報を入力する必要があります。

  • 顧客の連絡先情報

  • 顧客が顧客パネルへのログインに使用するユーザ名とパスワード

  • 契約の詳細:

    • 顧客が所有しており、Plesk 上のウェブサイトで使用するドメイン名
    • 顧客のウェブサイトで使用する IP アドレス
    • 顧客が FTP などでフォルダにアクセスするときに使用するユーザ名とパスワード
    • 顧客が購入したサービスプラン
    • (オプション)顧客が契約に追加したいアドオン

    顧客が選択したプランが顧客のニーズに完全には対応しておらず、補完できるアドオンを御社が提供していない場合、 [顧客の作成後、契約パラメータのカスタマイズに進む] チェックボックスをオンにして、契約の設定を調整します。

アカウントと契約の作成後、Plesk へのアクセス用クレデンシャルを顧客に通知します。これで、顧客が Plesk にログインしてウェブサイトを作成できるようになります。

ユーザアカウントと契約に対してさまざまな作業を定期的に実行する必要がある場合があります。たとえば、契約期間末での契約更新(延長)、支払期限までに未払の顧客アカウントの一時停止などです。Plesk で既存の顧客アカウントと契約を管理する方法は、「 顧客アカウントを管理する 」セクションと「 契約を管理する 」セクションを参照してください。