復元できるのは、Plesk Onyx 17.0 以降で作成したバックアップのみです。

バックアップファイルからデータを復元するには、[ツールと設定] > [バックアップマネージャ]に進み、バックアップのリストから復元したいバックアップを選んでその作成日をクリックします。このリストには、Plesk のサーバストレージおよび指定された FTP ストレージに保存されたバックアップが含まれており、FTP ストレージ内のバックアップには[システムノート]列にアイコンが表示されています。復元ウィザードで以下のパラメータを指定します。

復元するデータ

すべてのオブジェクトを復元するには:

  1. [システム全体(完全な復元)]オプションを選択します。
  2. 入力が求められた場合は、復元するデータのタイプ(ドメイン構成、仮想ホストコンテンツ、データベース、メール設定、メールアカウントなど)を指定します。たとえば、メール設定を選択すると、すべてのドメインのメール設定だけが復元されます。

特定のタイプの特定のオブジェクト(メールボックス、ドメインの DNS ゾーンなど)を復元するには:

  1. [選択したオブジェクト]オプションを選択します。
  2. 復元するオブジェクトのタイプを選択します。たとえば、[データベース]を選択します。
  3. 入力が求められた場合は、[契約]ボックスでオブジェクトが属している契約を選択します([契約]を除くすべてのオブジェクトタイプに適用可能)。このボックス内をクリックすると、すべての契約のリストが表示されます。契約名の最初の数文字を入力すると、それに一致する契約が表示されます(例:example.com)。
  4. 特定のタイプのオブジェクトを 1 つまたは複数選択します(例:wordpress_database_8)。

同じタイプの複数のオブジェクトを一度に復元することができます。タイプが異なるオブジェクト(たとえばメールボックスとデータボックス)を復元するには、メールボックス用とデータボックス用に 2 つの復元セッションが必要になります。

同様に、顧客パネルの[アカウント]セクションでユーザアカウントおよびウェブサイトを復元する場合、[バックアップマネージャ]ウィザードと同じ方法で、復元するオブジェクトを選択することができます。

バックアップから復元できるオブジェクトのタイプは以下のとおりです。

  • リセラー
  • 顧客
  • 契約
  • サイト
  • DNS ゾーン
  • データベース
  • SSL/TLS 証明書
  • メーリングリスト
  • メールアカウント
  • ファイルとディレクトリ

1 つの復元セッションで復元できるのは、選択したタイプのオブジェクトのうち、同じ契約に属しているものだけです。

注釈: 増分バックアップを復元する際に、Plesk は前回行われたフルバックアップのデータと、そのフルバックアップ後、選択した増分バックアップまでの間に作成されたすべての増分バックアップも復元します。詳細は、バックアップのリストの[サイズ]列のリンクをクリックしてください。

image-76994.png

復元オプション

  • 復元作業が完了するまでドメインを一時停止:このオプションをオンにすると、サイトの復元中にユーザがサイトのコンテンツや設定を変更したことによる競合を回避することができます。
  • 復元タスクの完了時に、次の宛先に通知メールを送信:復元タスクが完了したときにコントロールパネルから通知を受け取りたい場合は、メールアドレスを入力します。
  • 競合解決ポリシー:復元中に競合が発生した場合に実行する処理を指定します。
  • バックアップのセキュリティ設定:バックアップがパスワード保護されている場合、[パスワード]フィールドにパスワードを入力します。パスワードを忘れた場合、[パスワードを入力]オプションをオフにしてください。この場合、一部の機密データが正しく復元されない可能性があります。たとえば、ユーザパスワードがランダムに生成されたパスワードに変更されることや、インストール済み APS アプリケーションに関する情報が削除されることがあります。
  • 署名が破損していてもバックアップファイルを復元する:このオプションは、以下の場合に表示されます。
    • 特定のバックアップファイルが作成後に変更された。
    • 特定のバックアップファイルが壊れている。
    • 特定のバックアップファイルが別の Plesk サーバ上に作成された。
    • 選択したバックアップファイルは同じサーバで作成されたものであるが、作成後に Plesk が 11.5 以降のバージョンにアップグレードされている。
    • 上記のいずれかの状態になると警告が発生します。[署名が破損していてもバックアップファイルを復元する]オプションをオンにしなければ、復元を開始することはできません。Plesk をバージョン 11.5 以降にアップグレードする前に同じサーバ上でバックアップを作成した場合を除き、このようなバックアップは復元しないことをお勧めします。旧バージョンの Plesk で作成したバックアップには署名がないため、Plesk が署名を確認できません。そのため、このようなバックアップは潜在的に問題があると判定されます。

復元時のエラーのトラブルシューティング

データの復元中にエラーまたは競合が発生した場合は、適切な解決策を選択するためのウィザードが起動します。画面の指示に従ってウィザードを完了してください。

注釈: データの復元で上書きモードを選択すると、システム内に存在するか否かを問わずすべてのオブジェクトがバックアップファイルから復元されます。上書きモードは以下のように動作します。

  • バックアップファイル内のオブジェクトや設定が Plesk に存在しない場合、これらは Plesk に作成または設定されます。
  • バックアップファイル内のオブジェクトや設定が Plesk に存在する場合は、Plesk 内の対応するオブジェクトや設定がバックアップファイル内のオブジェクトや設定に置き換えられます。
  • オブジェクトや設定が Plesk に存在し、バックアップファイルには存在しない場合、現在 Plesk にあるオブジェクトや設定は変更されません。