Plesk サポートへのリンクを変更して、顧客がサーバ管理パネルで[ツールとユーティリティ] > [サポート]ボタンを押すとメールを作成する画面が表示され、指定されたサポートアドレスがアドレス欄に表示されるようにできます。顧客の連絡先の詳細とサーバ情報が自動的に収集され、メッセージ本文に挿入されます。

Plesk データベースの psa.misc テーブルで support_url パラメータに御社のメールアドレスを指定して、Plesk サポートへのリンクをカスタマイズできます。

サーバ管理パネルの[サポート]ボタンを押すとメール作成ページが開き、サポートメールアドレスが挿入されるようにするには、以下の手順に従います。

  1. Plesk データベース(psa)に接続します。

  2. 以下のクエリを実行します。

    • support_url パラメータが存在しない場合、以下を実行します。

      insert into misc(param, val) values('support_url', 'mailto:yoursupport@example.com')
      

    ここで 'yoursupport@example.com' は顧客のサポートリクエストの送信先にするメールアドレスです。

    • support_url パラメータが存在する場合、以下を実行します。

      update misc set val = 'mailto:yoursupport@example.com' where param = 'support_url'
      

    ここで 'yoursupport@example.com' は顧客のサポートリクエストの送信先にするメールアドレスです。

注釈: On Windows systems, you can use the dbclient.exe utility to add the information to the Plesk's database. For information about using the dbclient.exe utility, consult the Reference for Command Line Utilities.