概要: さまざまな Plesk サービスの問題をトラブルシューティングする場合、それらのサービスのログファイルからの情報を分析すると作業が容易になります。ログブラウザ拡張を使用すると、多種多様なサービスのログを単一のインターフェースで簡単に確認・検索できるようになります。

なお、この拡張を使用してトラブルシューティングに役立つ情報に簡単にアクセスすることはできますが、問題を自動的に修正することや、問題のトラブルシューティングをさらに円滑化することはできません。現在発生している問題を実際に修正する自信がない場合は、plesk repair ユーティリティ を使用するか、サポートまでお問い合わせください

ログブラウザは無料の拡張で、Plesk 管理者のみが使用できます。この拡張は Plesk for Linux にのみ対応しています。

前提条件

この拡張は「推奨」のプリセットに含まれており、おそらく Plesk に既にインストールされています。インストールされていない場合は、拡張カタログから拡張インストールしてください。

拡張をインストールすると、[拡張] > [自分の拡張]にログブラウザのアイコンが表示されます。

my extensions icon

ログブラウザを使用して問題をトラブルシューティングする

ログブラウザを使用すると、メールやその他多くの Plesk サービスに関連する問題のトラブルシューティングを実行できます(確認するログエントリの情報源を手動で構成することにより)。

メールの問題をトラブルシューティングする

  1. Plesk にログインします

  2. [ツールと設定][ログブラウザ]([サポートとトラブルシューティング] の下)をクリックします。

  3. [メール]タブを開きます。

  4. 次のステップは、トラブルシューティングの対象が過去に発生した問題か、確実に再現できる問題かによって異なります。

    • 過去に発生した問題の場合、[日付選択]フィールドをクリックして、その問題が発生した日時を指定します。これで、その日付以降のログエントリだけが表示されるようになります。日付をより正確に指定することで、取捨選択すべきログエントリが少なくなります。
    • 問題を確実に再現できる場合は、代わりに[リアルタイム更新]ボタンをクリックすして[有効]と表示されるようにしてから、[クリア]をクリックします。問題を再現すると、関連するログエントリがリストに表示されます。
  5. funnel icon アイコンをクリックしてフィルタを構成します。

  6. [優先度]の下で、表示するメッセージの種類を構成します。優先度には 0 (最高レベルの「緊急」)から 7(最低レベルの「デバッグ」)までの範囲があります。 一度に複数の優先度を選択でき、少なくとも 1 つ選択する必要があります。

    注釈: 問題をトラブルシューティングする際、優先度が 4(「警告」)より低いメッセージは役に立たず、むしろ邪魔になる可能性があります。ただし、問題のトラブルシューティングが困難であることが判明した場合は、優先度が 7(「デバッグ」)のメッセージをリストに追加することをお勧めします。

  7. (Optional) Under "Source", select one or more services to only see log entries related to those services. By default, messages related to all mail services are shown.

  8. funnel icon アイコンをクリックしてもう一度フィルタを閉じます。

指定された期間中に作成された、指定されたサービスのすべてのログエントリが表示されるようになります。

異なるサービスでの問題をトラブルシューティングする

  1. Plesk にログインします

  2. [ツールと設定][ログブラウザ]([サポートとトラブルシューティング] の下)をクリックします。

  3. 次のステップは、トラブルシューティングの対象が過去に発生した問題か、確実に再現できる問題かによって異なります。

    • 過去に発生した問題の場合、[日付選択]フィールドをクリックして、その問題が発生した日時を指定します。これで、その日付以降のログエントリだけが表示されるようになります。日付をより正確に指定することで、取捨選択すべきログエントリが少なくなります。
    • 問題を確実に再現できる場合は、代わりに[リアルタイム更新]ボタンをクリックすして[有効]と表示されるようにしてから、[クリア]をクリックします。問題を再現すると、関連するログエントリがリストに表示されます。
  4. funnel icon アイコンをクリックしてフィルタを構成します。

  5. [優先度]の下で、表示するメッセージの種類を構成します。優先度には 0 (最高レベルの「緊急」)から 7(最低レベルの「デバッグ」)までの範囲があります。 一度に複数の優先度を選択でき、少なくとも 1 つ選択する必要があります。

    注釈: 問題をトラブルシューティングする際、優先度が 4(「警告」)より低いメッセージは役に立たず、むしろ邪魔になる可能性があります。ただし、問題のトラブルシューティングが困難であることが判明した場合は、優先度が 7(「デバッグ」)のメッセージをリストに追加することをお勧めします。

  6. (オプション)表示するメッセージのソースを選択します。デフォルトでは、日時と優先度の条件を満たすすべてのメッセージが表示されます。必要なメッセージのソースを指定することで、リストを絞り込むことができます。

    • 1 つ以上の幅広いカテゴリ(たとえば「メールシステム」や「FTP デーモン」)のメッセージを表示するには、[ファシリティ]の下でそれらを選択します。
    • 1 つ以上の特定サービス(たとえば「nginx」や「dovecot」)のメッセージを表示するには、[ソース]の下でそれらを選択します。

    注釈: [ファシリティ]と[ソース]は必ずどちらか一方のみを使用し、両方を使用しないでください。対応しない[ファシリティ]と[ソース]の組み合わせを使用すると(たとえば「メールシステム」と「nginx」)フィルタ結果が空になります。

  7. funnel icon アイコンをクリックしてもう一度フィルタを閉じます。

指定された期間中に作成された、指定されたサービスのすべてのログエントリが表示されるようになります。