1. 初期サーバセットアップを実行します。

    サーバの初期化に必要な情報を提供するには、init_conf ユーティリティを --init コマンド付きで使用します。これには、以下の情報が含まれます。

    • Plesk 管理者の個人情報
    • インストール中に生成されたデフォルトパスワードに代わる、Plesk 管理者の新しいパスワード
    • フルホスト名(オプション)

    CLI を使用して初期サーバセットアップを実行する方法の詳細と例は、以下を参照してください。

  2. 製品ライセンスキーをインストールします。

    license ユーティリティを使用して、製品ライセンスキーと追加ライセンスキーをサーバにインストールします。

    CLI を使用してライセンスキーをインストールする方法の詳細と例は、以下を参照してください。

以下のオペレーションは、Plesk インストール後の構成で必ず行う必要はありませんが、本番環境用に Plesk を詳細に構成する場合に便利です。

Plesk ビューを定義する

Plesk インターフェースビューを切り替えるには、poweruser ユーティリティを使用します。

Plesk インターフェースビューを切り替える方法の詳細と例は、以下を参照してください。

サービスプロバイダビューとパワーユーザビューの目的と相違点については、「Plesk GUI」で説明しています。

デフォルトロケールを設定する

admin --update -locale を使用して、特定の言語を Plesk GUI のデフォルト言語に設定します。

管理者のインターフェース設定を構成する方法の詳細と例は、以下を参照してください。

例 1:初期サーバセットアップを実行する

The following command:

  • sets the default IP address to 192.0.2.14 and sets its type to shared;
  • sets the network mask to 255.255.255.0 and the network interface name to eth0 for the default IP address;
  • adds shared IP addresses 192.0.2.46 and 192.0.2.47 to Plesk;
  • sets the Plesk administrator’s name to "John Doe" and the administrator’s password to adminpass;
  • sets the administrator's phone number to 555-5555, fax number to 333-3333, and email address to admin@example.com;
  • sets the administrator's company name to "Megacompany Inc.", street address to "45 Trail street", city to "New York", ZIP code to "10292", and country to "United States".
plesk bin init_conf --init \
    -default-ip 192.0.2.14 \
    -netmask 255.255.255.0 \
    -iface eth0 \
    -ip-type shared \
    -hostname example.com \
    -shared_ips add:192.0.2.46,192.0.2.47 \
    -name "John Doe" \
    -passwd adminpass \
    -phone 555-5555 \
    -fax 333-3333 \
    -email admin@example.com \
    -company "Megacompany Inc." \
    -address "45 Trail street" \
    -city "New York" \
    -zip 10292 \
    -country US \
    -state NY

例 2:ライセンスキーをインストールする

以下のコマンドは、追加ライセンスキーをインストールします。

plesk bin license -i AB1C23-4DEF56-7GHI89-JK1L23-MNP456 -additional-key true