DNS

Plesk は DNS サーバと連携するため、ウェブサイトをホスティングしているマシンと同一のマシン上で DNS サービスを実行することができます。DNS サーバは、Linux では BIND、Windows では Microsoft DNS または BIND です。Windows 上でこの 2 つの DNS サーバを切り替える手順については、「Microsoft DNS の代わりに BIND を使用する(Windows)」を参照してください。

Plesk で DNS ゾーンを作成する方法

新しく追加されたドメインの DNS ゾーンは自動的にセットアップされます。顧客パネルにドメイン名を追加すると、それに対してゾーンファイルが自動生成され、ネームサーバのデータベースに登録されます。ネームサーバは、ゾーンのプライマリ(マスター)DNS サーバとして機能するように指示されます。契約者は、契約でパーミッションが提供されていれば、顧客パネルを使用してドメインの DNS ゾーンを管理できます。さらに、Plesk DNS サーバをマスターとして使用するかスレーブ DNS サーバとして使用するかを選択したり、ドメインの DNS サービスをオフにすることができます。契約に含まれるドメインの DNS ゾーンを管理する方法については、「(高度)ドメイン用に DNS を構成する」セクションを参照してください。

Plesk では、サーバ全体の DNS テンプレートに従ってドメインの DNS ゾーンが作成されます。このテンプレートは、Plesk 上の全ドメインに対して DNS ゾーンの構造を定義します。DNS テンプレートを編集して変更内容を既存のゾーンに適用する方法については、「サーバ全体に対する DNS テンプレート」セクションを参照してください。

ホストされているドメインの DNS サービスをオフにする

Plesk では、サーバでホストされているすべてのドメインまたは特定のドメインを対象に DNS サービスをオフにすることができます。方法は、「DNS サービスをオフにする」セクションを参照してください。

外部 DNS サーバ

Plesk サーバで DNS サービスを実行したくない場合は、サーバ上でホストされているドメインに対して外部 DNS を使用することができます。詳しくは、「外部 DNS サーバを使用する」セクションを参照してください。

DNS サーバなしで Plesk を使用する

Plesk のインストールから DNS サーバコンポーネントを除外することができます。これには、カスタムタイプのインストールを使用して(詳しくは『デプロイメントガイド』を参照)、該当するコンポーネント(Linux の場合は BIND DNS server support 、Windows の場合は Microsoft DNS server)の選択を解除します。

この操作を行うと、DNS サーバをインストールするか外部の DNS サービスに接続するまで、ホストしているウェブサイトに DNS サービスが提供されなくなります。Plesk で DNS サービスが構成されていない場合の動作については、「Plesk で DNS サーバを使用しない場合」セクションを参照してください。

この章では、サーバ上でホストされているドメイン向けに DNS サービスの各種属性を構成する方法について詳しく説明していきます。

この章の内容:

DNS テンプレート

サブドメインの DNS ゾーン

再帰的な DNS を構成する

DNS ゾーンの転送を制限する

他ユーザの DNS ゾーンに対するユーザのアクセスに制限を加える

Microsoft DNS の代わりに BIND を使用する(Windows)

DNS サービスをオフにする

外部 DNS サーバを使用する

スレーブ DNS サーバ

重複する DNS サーバを提供する

Plesk で DNS サーバを使用しない場合

DNSSEC を使用する(Linux)